いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Hyper-Vで作成したAmazon Linux 2をVMware Workstation Playerに移行するもIPv4のIPアドレスが無くなる

ここまでのあらすじ

Amazon Linux 2をオンプレミスで動かし、Dockerコンテナを起動したかった。しかしVMwareでもWSL2でも挫折。ここでWSL2のためにHyper-Vを設定していることを思い出し、Hyper-Vで起動したところDockerの起動に成功。ただ、Hyper-Vは使いにくいのでWindows上のVS Codeを接続した。コンテナ内はWindowsVS Codeからは直接接続できないのでxrdpの起動を画策。xrdpを使えるようにしたことでリモートデスクトップで利用できるようになったAmazon Linux 2。

 

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

 

目次

 

Hyper-VからVMware用にコンバート

色々調べたところStarWind Converterに行きついた。元々VMware Converter Standaloneはインストール済なのだが、色々めんどくさすぎる。

www.gigafree.net

 

StarWind Converterのインストール

ダウンロードはこのサイトから。

www.starwindsoftware.com

f:id:shigeo-t:20201116143014p:plain

インストールは特に難しくないので詳細は割愛。

 

StarWind Converterで変換

管理者として実行する。

f:id:shigeo-t:20201116143140p:plain

ローカルファイルを選択。

f:id:shigeo-t:20201116143230p:plain

ソースを選択。

f:id:shigeo-t:20201116143311p:plain

f:id:shigeo-t:20201116143332p:plain

変換後イメージを選択。今回は可変でいいのでそのまま。

f:id:shigeo-t:20201116143411p:plain

IDE/SCSIの選択。そのまま

f:id:shigeo-t:20201116143517p:plain

変換後のファイル名の設定。とりあえずそのまま。

f:id:shigeo-t:20201116143814p:plain

変換中。SSDでやった方がいいと思うよ。

f:id:shigeo-t:20201116143840p:plain

 できあがり。

f:id:shigeo-t:20201116144305p:plain

[Finish]で終わる。

 

VMDKファイルしかない

VMware Workstation Playerの「仮想マシンを開くO)」には.vmxファイルを読む機能しかない。

f:id:shigeo-t:20201116144216p:plain

そこでこれでいいという保証はできないが、CentOS7でOSインストール無しで仮想マシンを作り、その仮想マシンのvmdkファイルにStarWind Converterで作成したvmdkファイルを上書きコピー。

 

無事に起動した。

 

ブリッジは動かずNATで設定

ブリッジで設定すると弊社内LANのIPアドレスが振られているように見えるが、VM内からもPCからも双方通信できない。NATにしたら通信できた。

 

RDP接続は成功するもNICが死んだ

サービスはEnableにしているはずだが起動してこないので手動で起動した。mstsc.exeで接続に行くと証明書がオレオレなのでアラートが出る。

f:id:shigeo-t:20201116145536p:plain

[はい(Y)]でログイン画面に。

f:id:shigeo-t:20201116145609p:plain

ログインすると普通に使える。

f:id:shigeo-t:20201116145804p:plain


でも放っておいたらRDPが切断され、NICからはなぜかIPv4が無くなってる。2度確認した。他のLinux OSではそんな事象を見たことが無い。

 

やはりHyper-V環境を使い続けるしかなさそうだ。