いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


VMware FusionにWindows Server 2019の評価版をインストール

Mac miniVMware Fusionをインストールできたので、Windows Server 2019の評価版をインストールしてみることにした。

shigeo-t.hatenablog.com

 

 

 ISOファイルが評価版なので失敗する

Windows Server 2019のISOファイルはダウンロードできた。ドラッグ&ドロップすればインストールできるようなので、ドラッグ&ドロップしやすいようにFinderを並べる。

f:id:shigeo-t:20201123103453p:plain

 ドロップすると、Windows Server 2019のISOファイルだと認識した。

f:id:shigeo-t:20201123103527p:plain

 [続ける]をクリックすると、簡易インストールだった。Server Coreしか選択肢が無いのが引っ掛かるがダメならやり直せばいいのでとりあえずStandardを選択。

f:id:shigeo-t:20201123103701p:plain

 メッセージを読まずに[キーなしで続行]をクリック。

f:id:shigeo-t:20201123104208p:plain

 ここまでまだインストールはしてないけど、「終了」画面。[設定のカスタマイズ]をクリックしてもシステム構成は変更できずに仮想化ファイルの名前とか置き場所だけなので[終了]をクリック。

f:id:shigeo-t:20201123104338p:plain

 設定ウィンドウが表示されカスケードしてたが、邪魔なのでタイル状にする。

f:id:shigeo-t:20201123104538p:plain

 設定ウィンドウはこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20201123104606p:plain

 メモリ倍増。

f:id:shigeo-t:20201123104705p:plain

 NICはブリッジに変更。

f:id:shigeo-t:20201123104822p:plain

f:id:shigeo-t:20201123104942p:plain

▶をクリックするとVMware Workstation Playerでも表示されるメッセージダイアログ。色々調べたけど未だサイド チャネルの緩和を無効にする方法がVMwareのKBでは判明しない。

f:id:shigeo-t:20201123105021p:plain

 Server Coreだけじゃなく選択できる。Standardのデスクトップエクスペリエンスありを選択。

f:id:shigeo-t:20201123105150p:plain

f:id:shigeo-t:20201123105216p:plain

 ところがキーが無いというメッセージが出てインストールが始まらない。

f:id:shigeo-t:20201123105248p:plain

 インストールするOSはどれを選んでも結果は同じ。ググってみて思い出した。

blogs.osdn.jp

 

「カスタム仮想マシンを作成」でインストール開始

マシンの構成

カスタム仮想マシンの作成を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20201123110949p:plain

 Windows Server 2019を選択。

f:id:shigeo-t:20201123111024p:plain

Hyper-Vも選べるんだな。仮想マシンとして作ったHyper-V Serverの上に仮想マシンを作れるんだろうか?

f:id:shigeo-t:20201123111100p:plain

昔、こんなことはやってみてるけど、Hyper-Vにも同様の設定があれば動くだろうな。

shigeo-t.hatenablog.com

 

UEFIで行く。

f:id:shigeo-t:20201123111126p:plain

 新しい仮想ディスクを作成する。

f:id:shigeo-t:20201123111149p:plain

 ここで終了画面。

f:id:shigeo-t:20201123111221p:plain

 [設定のカスタマイズ]をクリックしてみた。変更せず。

f:id:shigeo-t:20201123111249p:plain

 [終了]をクリックするとサイド チャネルの緩和メッセージダイアログ。

f:id:shigeo-t:20201123111311p:plain

 まだISOファイルを指定していないのでOS(のインストール)が開始しないのは仕方ない。

f:id:shigeo-t:20201123111333p:plain

 ISOファイルを指定しても上記の画面になるので、よく見たらCD/DVDドライブの「開始時に接続」の☑が外れてた。なぜデフォルトで接続しないのだ、ESX iやvSphereならともかくmacOS用のFusionだぞ。

f:id:shigeo-t:20201123111559p:plain

 

Windows Serverのインストール

 ようやくインストール開始。

f:id:shigeo-t:20201123112134p:plain

 今度は言語等の選択ウィンドウが出た。

f:id:shigeo-t:20201123112149p:plain

 先に進める。

f:id:shigeo-t:20201123112207p:plain

 Standardのデスクトップエクスペリエンスありを選ぶ。

f:id:shigeo-t:20201123112259p:plain

 同意します。

f:id:shigeo-t:20201123112325p:plain

ここからは省略。

f:id:shigeo-t:20201123112358p:plain

一度再起動が入り、

f:id:shigeo-t:20201123113027p:plain

もう一度再起動が入り、立ち上がってきた。

f:id:shigeo-t:20201123113156p:plain

 時間は掛かったがログイン画面まで来た。

f:id:shigeo-t:20201123113329p:plain

 [Ctrl]+[Alt]+[Del]機能がどこかにあるはずと探してみたら、仮想マシンメニュー内にあった。VMware Workstation Playerのようにボタンを用意してくれればいいのに。

f:id:shigeo-t:20201123113406p:plain

f:id:shigeo-t:20201123114536p:plain

 

 VMware Toolsのインストール

VMware Toolsをインストールする。裏ではWindows Updateもやっている。

f:id:shigeo-t:20201123113814p:plain

f:id:shigeo-t:20201123113955p:plain

f:id:shigeo-t:20201123114510p:plain

 

ということでまずは普通にOSが動くようになった。