いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Windows Admin CenterでHyper-V Server 2019を操作

前回、Windows Server Core 2019にHyper-Vの役割や機能をインストール。インストールは問題無かった。Hyper-Vの仮想スイッチを作り仮想マシンを作成したが、起動できなかった。

 

 

そのあと実マシンにもServer Coreを入れ、色々試してみた。それは別途書くが、仮想マシンの起動には成功した。「には」というところで色々あったわけだが。

 

今回は、そもそもHyper-V用サーバとして使用するならHyper-V Serverだろうということで寄り道。

f:id:shigeo-t:20201226104702p:plain

Hyper-V Server 2019側ではうまくActive Directoryに参加できなかったが、Windows Admin Centerではなんとか追加に成功。

f:id:shigeo-t:20201226104825p:plain

接続もできた。

f:id:shigeo-t:20201226104929p:plain

 

最初から仮想スイッチと仮想マシンが存在する。

f:id:shigeo-t:20201226105009p:plain

 

役割と機能を見る。役割少なっw

f:id:shigeo-t:20201226105151p:plain

 

機能も少ない感じ。リモートサーバー管理ツールを見てみる。インストールはされてないのでHyper-V Management Toolsをインストールする。

f:id:shigeo-t:20201226105341p:plain

 

次に仮想スイッチを作る。内部とプライベートはあっさり成功。

f:id:shigeo-t:20201226105837p:plain

f:id:shigeo-t:20201226105859p:plain

外部も作成。

f:id:shigeo-t:20201226105926p:plain

時間がかかる。

f:id:shigeo-t:20201226110026p:plain

そして、エラーメッセージ。

f:id:shigeo-t:20201226110100p:plain

一覧を見るとできてるように見えるんだけど。

f:id:shigeo-t:20201226110154p:plain

 

NAS経由でISOファイルを取り込む。

f:id:shigeo-t:20201226110355p:plain

 

仮想マシンを作ってみる。

f:id:shigeo-t:20201226110925p:plain

ここまでは問題ない。

f:id:shigeo-t:20201226110946p:plain

電源ON。

f:id:shigeo-t:20201226111023p:plain

でも接続は、リモートデスクトップしかないんだよな。

f:id:shigeo-t:20201226111050p:plain

なのでインストール中にリモートデスクトップが立ち上がっているわけもなく、インストール画面は見ることができない。Windows 管理センターは起動しない。

f:id:shigeo-t:20201226111153p:plain

動いてはいるんだけどね。

f:id:shigeo-t:20201226111239p:plain

 

そしてHyper-V マネージャーも接続できない。

f:id:shigeo-t:20201226111721p:plain

 

ということでWindows Admin CenterでHyper-V Serverを操作できることは確認できたが、Hyper-V マネージャーが接続できないとインストールはできない。今回はここまで。Server Coreでも同じだった。

 

多分、次は動く仮想マシンをエクスポート・インポートしてみる。GUIのあるWindows 10などで作った仮想マシンをインポートするだけならRDPも動くし、なんとかなるはず。