いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Linux

Ubuntu 19.10をVMとしてインストール 日本語Remixを使えばほとんどそのままで使える

前回から少し時間が経った。 調べてみると18.04などで愛用している日本語Remixが11月1日に出てた。早い話、少し待てばよかったということである。 ISOイメージをダウンロードしてVMを作成する。 無事検出。 どんどん進めて行く。 一応、ハードウェアはカスタ…

クローンスクリプトを探すなら

次のサービス開発を検討していて、まっさらからサイトを作るのも面倒だし、なんかYouTubeっぽい使い勝手のオープンソースがあればいいんだけどな~と思って探していたら、目的のオープンソースではないがまとめサイトを見つけた。 Homeのトップはこんな感じ…

JuliusでYouTubeからダウンロードしたmp4の音声データを文字起こし練習 その3

前回はその1で使用した文法認識キット用のサンプルWAVを使用してディクテーションキット、話し言葉モデルキット、講演音声モデルキットでそれぞれ動作確認。 その1はこちら。 その2の結果としては音声データからの文字起こしは、1位話し言葉モデルキット、2…

JuliusでYouTubeからダウンロードしたmp4の音声データを文字起こし練習 その2

前回はJuliusの音声認識パッケージの準備を行い、YouTubeからダウンロードした動画データから音声をモノラルで抽出し、WAVファイル化し、音声が編集できるところまで実施した。 サウンドドライバの設定 前々回でサウンドドライバを設定している。 毎回コマン…

JuliusでYouTubeからダウンロードしたmp4の音声データを文字起こし練習 その1

こないだ作ったVM上のJulius環境(Ubuntu 18.04)。 前回は、VMでもホストOS側のUSB接続マイクから音声入力できるとことまで確認。マイク入力できないと辞書(Julius音声認識パッケージ)の確認時に困るのでちょっと頑張ったが、ウチでやりたいのは音声データか…

JuliusをVM上のUbuntu 18.04で動かす

Ubuntu 18.04のVMをVMware Workstation Player上で作成。 VMware Workstation Playerは15になってから、 Toolsを勝手にインストールしてくれるので楽になった。 赤とんぼ アーティスト: 由紀さおり& 安田祥子 出版社/メーカー: Universal Music LLC 発売日: …

Chrome Remote DesktopでUbuntuに接続

Ubuntu相手に接続してみたところ、色々厄介な感じになったのでメモ。 Ubuntuマシンに初接続すると、このようなダイアログが出る。 デフォルトを選ぶとこのようにXが動いているだけの画面が表示される。 [アクティビティ]をクリックするとメニューなどが表示…

Chrome Remote Desktop Web版の整理と他のアクセス方法との比較

Chrome Remote DesktopがWeb版に変わってから、まだブログにアップしていないことに気づいた。以前のChrome拡張は使えなくなっているので、もしインストールしていたらアンインストールしておくといい。 機能差は細かい操作性を除くとこんな感じ。まずはクラ…

Ubuntu 19.10をVMとしてインストールして日本語化してみる

Ubuntu 19.10がリリースされた。 10月17日(現地時間⁠)⁠,Ubuntu 19.10 がリリースされました。コードネーム“⁠Eoan Ermine⁠”(黎明のオコジョ⁠)⁠,「⁠eoan」と通称されるこのバージョンは,20.04 LTSの準備バージョンとしての性質を持つ,サポート期間9ヶ…

弊社技術ドキュメントのMarkdown化(その2)

かなり間が開いてしまった。今回はWindows PC上でWSLにJekyllを作る。 インストール 冒頭に書いた通り、WSLのUbuntu 18.04上にJekyllを構築する。専務に「何見ればいい?」て聞いたら「GithubのJekyllのページ」と言われたので素直にそこを見る。 上のDOCSリ…

PowerShell Coreのインストール Linux編

PowerShellを起動するとこんなメッセージが出るようになってた。 開いてみると確かにクロスプラットフォームである。 PowerShell Core 現在、PowerShell Core は GitHub 上のオープン ソース プロジェクトです。 サポートされているプラットフォームや実験用…

VS CodeのRemote Developmentを設定してみた ─SSH編

引き続いてVS CodeでVPSにあるCentOS 7に接続してみることにした。 前回はこちら。 SSH接続の手順はこちら。 何も設定せずに接続してみる ダメもとで上記設定記事を見ずに接続してみる。左下の><をクリックをして、 メニュー表示されるRemote-SSH:Connect …

VS CodeのRemote Developmentを設定してみた ─WSL編

遅ればせながらVS CodeのRemote Developmentを使ってみた。本来であればVMとかVPS/CloudとかDockerのコンテナとかを触るのだが、WSL(Windows Subsystem for Linux)も触れるということで、手始めにWSLからやってみた。 Remote Developmentのインストール Exte…

OsclassをLet's Encryptでhttps化

VM上でお試し環境を作っていたOsclass。 公開サイトを作るため、Conoha上にVPSを借りてインストール。インストール手順はこのサイトを参照。 しかし、このサイトのhttps化の手順は有償のサーバ証明書を購入するというもの。まだ受注もしていないので出費はVP…

Osclassの「有益な情報」を編集する

今、ちまちまとOsclassを触っている。 各広告の下に出る『有益な情報』が現実に即していないので書き換えたい。PayPalを使う気は無いし、Western Unionとか見たことも無い。 というわけで、情報を探してみたのだがカタカナで書かれている部分のせいで意味が…

【小ネタ】Osclassインストール時にパーミッションで引っ掛かったら

クラシファイド形式のマッチングサイトOsclassを構築しようとして、いくつか導入事例を見ていたのだが、インストールで失敗する。 最初はUbuntu 18.04でやっていたのでが、MySQLがつながらない。そこで事例に合わせてCentOS 7.6にしてみた。いずれもとりあえ…

弊社技術ドキュメントのMarkdown化(その1)

弊社専務が技術文書は全部Markdownにしようと言い出した。Githubを使うんでGithubに置くドキュメントはどっちみちMarkdownのものも作るわけで、特に外部から様式が指定されていないものは、全部Markdownを最終目標で作成することになる。 ちまちま環境を作っ…

復活   できていない(´・ω・`)

徐々に死んでいくメインPC 始めはWindows Updateだった。トラックパッドを交換し、順調に使えていたThinkPad W540。 仕事してちょっとPCから離れるのでスリープさせようとしたら、「更新してシャットダウン」「更新して再起動」が出ている。いつものように「…

意外とOSごとに差異があるChrome://コマンド その2

前回比較したところで終わっているchrome://コマンド。 macOSも追加して一覧表にした。そして、内容についても記載した。調べても出てこないコマンドはブランク、1件実行してみたらエラーになったchrome://network-errorはその旨を記載。表内ブランクになっ…

意外とOSごとに差異があるChrome://コマンド

ある機能、っていうかchrome://webrtc-internalsを使おうとしてOSによって違うことが分かったので調べてみた。今回は、Windows版・Linux版(Ubuntuで調査)、Android版、iOS版で比較。手元のmacOSは起動できなかったので、気が向いたらMac miniで調べて追加す…

Windows 10のWSLが見にくいので色を変える

WSL(Windows Subsystem for Linux)はとても便利なのだが、青とか赤の文字が見にくい。 通常Ubuntuをインストールするとこんな色合い。 探してみると、MicrosoftがGithubにWindowsコンソールカラーツールを提供していることが分かった。 Introducing the Wind…

Web IDE(クラウド IDE)代わりにVS Codeを使う(サーバ環境設定編)

弊社の専務からWeb IDEを使いたいという話があり、あれやこれや試してみた。弊社の場合、ネット上に公開しているVPSもあれば、クローズドな環境で動作させるシステムも請け負っている。そういう環境なのでクラウド上で動作するWeb IDEだと都合の悪い部分もあ…

ThinkPad W520死んだ

退職を機に仕事用PCとして購入したThinkPad W520。 こないだUbuntuを入れ、VMware Workstation Playerで4本VMを立ち上げる開発マシンに転用。 しかし、AnyDeskでまともにリモート操作できなくなっていたので、ミーティングに先駆け研究室で実機を触ったらや…

REGZAのDVDレコーダーで外付けHDDを認識しなくなったので その3

負けたような気はするけど、Ubuntu 11.04のVMを作成。元の手順はPCをUbuntuでブートなので、一応違いはある。 インストールしている時から、マウスクリックが効かない。ThinkPadのトラックポイントなんですけど。というわけで、キーボードで[TAB]キーと[Ente…

REGZAのDVDレコーダーで外付けHDDを認識しなくなったので その2

しばらくやる時間が無かったので、約1か月ぶりのその2。 順番としてはVcXsrvの動作確認が済んだところで、Chromeでも入れてダウンロードしてインストールするという作戦。 VcXsrvはWindowsのウィンドウとX Windowのウィンドウを共存させるMultiple Windowsで…

VMwareでVMのNICが10Mbpsになってしまったら

ホストのOSはGbEなのに、なぜか10Mbpsで接続するVMwareのゲストOS Ubuntu 18.04。 設定はブリッジで、実NICのみの指定にしている。ちなみにVirtualBoxのNICにチェックが入っているときちんと通信できないので、必ず外すこと。 在庫を見てみるとUbuntu 16.04…

ThinkPad W520 Ubuntu 18.04で復活させた

Windows 10の調子が悪くなり、SSDを抜いて弊社専務のマシンに提供し、しばらく放置していたThinkPad W520。受注したシステムの開発環境をどうしようかという話になったときに、専務の眼鏡がキラリと光って、「あれ、動きます?」となり、ディスクが無いだけ…

REGZAのDVDレコーダーで外付けHDDを認識しなくなったので その1

REGZA DBR-Z610を使っている。外付けHDDを2台繋げている。1台目(USB-HDD1)を認識しなくなったところで電源OFF(しばらくコンセント抜き)からの再起動や、接続のし直しなどをやっていたが復活しない。前はそれで再認識してくれたのだが。USB-HDD1にはブラタモ…

Windows subsystem for linux(WSL) ホストマシンの性能差が顕著にわかる

弊社のWindows 10 PCはどれもWindows subsystem for linux(WSL) がonになっているので、すぐにWindows ストアで提供されているLinuxを利用できる。 こないだThinkPad T430sで環境作成していたら、いつも使っているThinkPad W530よりもかなり時間が掛かった。…

リモート操作・ミラーリング機能をまとめてみた

このブログで近頃アクセス数が多いのはリモート操作、ミラーリング系機能に書いたエントリである。そこで、2018/7現在の状況をまとめておく。 まとめ まとめの一覧表はこちら。これ以外にもChrome Remote Desktopやxrdpなどもあるが、アクセスが少ないので表…