いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


CloudReadyを試してみた ― HDDへのインストールとLinuxの起動 ―

前回はUSBメモリブートまで。今回はHDDへのインストールとLinuxを起動し、Linuxで動作するアプリをいくつかインストール。

  

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

 

補足

前回までで実験していなかったことを確認してみた。

  • 有線LAN → 使える

    f:id:shigeo-t:20210121101813j:plain

  • USBメモリ8GBにLinuxを起動できない。最低3GB欲しいっていうメッセージが出る。

 

HDDへのインストール

インストール

右下の時間表示されているあたりをクリックすると、Install OSアイコンがある。

f:id:shigeo-t:20210121102007j:plain

これをクリックするとインストーラが起動する。[INSTALL COLUDREADY]をクリックすると、

f:id:shigeo-t:20210121102127j:plain

この画面に移り、[ERASE HARD DRIVE & INSTALL CLOUDREADY]をクリックすると、

f:id:shigeo-t:20210121102226j:plain

この画面でロックされる。操作は受け付けない。ざっくり時間を測ってみると約10分ぐらいで画面が消灯し、1分くらいでシャットダウンされる。

f:id:shigeo-t:20210121102445j:plain

 

起動

HDDからの起動はUSBメモリより遅い気がする。初期起動時はUSBメモリと同じシーケンスである。

f:id:shigeo-t:20210121102916j:plain

f:id:shigeo-t:20210121102919j:plain

 

ただ、Chromeブラウザは最初から設定されている感じ。ブランクのタブを開くとDuckDuckGoになってる。

f:id:shigeo-t:20210121103534p:plain

 

どこまでUSBメモリから引き継がれるのか分からない。そこで実験してみるためにUSBメモリの16GBの奴を購入した。補足に書いたように8GBメモリではLinuxをONにできない。16GBのUSBメモリは、これを書いている時点ではまだ届いてない。安くなったねえ。

 

ChromeOSならAndroidアプリをインストールできるので、それで確認できるのだが。

 

Linuxの起動

これもまず時刻表示のところをクリックする。

f:id:shigeo-t:20210121104606p:plain

 

開いたら、Linux(ベータ版)をクリックする。

f:id:shigeo-t:20210121105441p:plain

次は[オンにする]をクリック。[PrtSc]を押すのが早過ぎた。

f:id:shigeo-t:20210121105551p:plain

セットアップのウイザードが開く。

f:id:shigeo-t:20210121105653p:plain

Usernemeを修正したり、

f:id:shigeo-t:20210121105728p:plain

ディスクサイズを拡張したりする。[インストール]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20210121105812p:plain

しばらく待つ。

f:id:shigeo-t:20210121105847p:plain

完了するとターミナルが表示される。

f:id:shigeo-t:20210121110041p:plain

 

Linuxアプリのインストール

OSの確認

Debianみたいなので、

f:id:shigeo-t:20210121110549p:plain

debファイルがあるアプリをインストールする。

 

VS Codeのインストール

ChromeVS Codeのサイトを開く。

f:id:shigeo-t:20210121110854p:plain

ダウンロードする。

f:id:shigeo-t:20210121110915p:plain

debファイルをダブルクリックする。インストールのダイアログが開くので[インストール]をクリック。

f:id:shigeo-t:20210121111521p:plain

インストールを開始するとダイアログは[OK]だけになる。右下にインジケーターがあるメッセージポップアップがある。

f:id:shigeo-t:20210121111718p:plain

VS Codeのインストールはかなり時間がかかる。

インストールが終わると、ランチャー内に追加されている。

f:id:shigeo-t:20210121112123p:plain

ランチャーを拡張するとLinuxアプリ内にもアイコンがある。

f:id:shigeo-t:20210121112232p:plain

最初からシェルフにVS Codeのアイコンが追加されていたようだ。もしかすると、この回の前にお試しでVS Codeを入れたので、それを記憶しているのかも。Zoomもあるし。

f:id:shigeo-t:20210121112335p:plain

あとはVS Codeを起動し、いつも通りの設定をするだけ。

f:id:shigeo-t:20210121114616p:plain

 

Slackのインストール

SlackインストールとVivaldiが必要なわけ

手順の詳細は割愛するが、SlackとVivaldiをインストールする。Slackは簡単にインストールできるのだが、アプリからのサインインは一度ブラウザに飛ぶ。ブラウザがCloudReadyのChromiumだとアプリにサインインが引き継がれない。そこで、Linux側に簡単にインストールできるブラウザをインストールする。debファイルダウンロードしてクリックするだけがいい。ということでVivaldi

Linux側にブラウザがあるとSlackの初回ログインの飛び先ブラウザがVivaldiになり、Slackアプリに引き継ぎできる。

f:id:shigeo-t:20210121113039p:plain

f:id:shigeo-t:20210121113419p:plain

f:id:shigeo-t:20210121113438p:plain

Vivaldiのインストール

続いてVivaldi

f:id:shigeo-t:20210121113508p:plain

f:id:shigeo-t:20210121113728p:plain

f:id:shigeo-t:20210121113730p:plain

Slackサインイン

Slackアプリで[Sign In to Slack]をクリックする。f:id:shigeo-t:20210121113438p:plain画面は切り替わってくれないので、Vivaldiを見る。Slackのサインイン画面が表示されている。

f:id:shigeo-t:20210121114805p:plain

Slackで使っているeメールアドレスを入れるとメールが飛んでくるので確認できるようにしておく。Confirmation codeを入力するといつものワークスペースを選択できる。

f:id:shigeo-t:20210121115114p:plain

あとはアプリへの連携ダイアログが出るので[Open xdg-open]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20210121115247p:plain

アプリ側に表示される。

f:id:shigeo-t:20210121115446p:plain

 

今回はこんなところで。

 

おまけ

HDDだと遅いのでSSD買ったった。初キオクシア。価格と容量のバランスを見ると、ここらへんのゾーンがお得っぽい感じだった。他のメーカーも。

 

今回CloudRedyのお試しに使っているThinkPad X220のWindowsTOSHIBA SSDが128GBでカツカツ。そこで玄立でTOSHIBA→KIOXIAでWindowsをコピー。TOSHIBA 128GBをCloudRady用にする作戦。TOSHIBA 128GB SSDは専務用のX240に付いてきたもの。

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

 

これでWindowsでもきちんと使えるし、CloudReadyも速くなる。CloudReadyでお仕事用モバイルになるか、色々試してみたい。