いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Office Onlineは使い物になる その8(Chromeアプリの確認)

二日連続で20分寝坊。出勤が無いので困らないけど、意志の力で規則正しい生活をしているのに、イクナイ(挨拶)。

 

Microsoft、GoogleのChromeアプリ版Office Onlineをリリース - ITmedia ニュース ということでChromeアプリ版もOffice Onlineが出た。今月国内発売されるはずの(Chromebook、4月にも日本上陸 東芝が発売へ - ITmedia ニュース )のChromebookにもつながる話なので試してみた。

 

やはりOfficeアプリでドキュメント作成するにはキーボードが必要。お安くキーボード付きのノートPCっぽいものが買えて、Microsoft純正のOfficeが容易に使えるというのは大きい。見るだけ、ちょっといじるだけならキーボード無しのタブレットでもいいんだけど。

 

そういうわけで、まずはThinkPad W520のWindows 8.1Chrome(デスクトップモード)で、そのあとMac mini上のParallelsに入れたChromiumOSで試してみた。

WindowsChrome

Chromeウェブストアからインストール

Chrome ウェブストアでインストールをするにはChrome ウェブストアを開き、各々のOffice Onlineのアプリをインストールする。

f:id:shigeo-t:20140417100054p:plain

今回発表範囲はWord,PowerPoint,Excel,OneNoteとOneDrive。

f:id:shigeo-t:20140417100323p:plain

Chromeアプリランチャー

Chromeアプリランチャーからも起動できるという事なので起動してみる。Chromeアプリランチャーはこんな感じ。クリックすると各Office Online,OneDriveがChrome内のタブで開かれる。

f:id:shigeo-t:20140417100520p:plain

ブラウザ内

ブラウザ内でインストールアプリを見るとこんな感じ。ユーザの設定によって見た目は違うと思う。当然ここでクリックしても各Office Online,OneDriveが当該タブで開かれる。

f:id:shigeo-t:20140417100927p:plain

Excel Online

通常のExcel Online。

f:id:shigeo-t:20140417101028p:plain

やはり"図"機能が存在しないので、図形入りのファイルは開けない。

f:id:shigeo-t:20140417101117p:plain

Word Online

これも通常のWord Online。

f:id:shigeo-t:20140417101220p:plain

PowerPoint Online

これも普通のPowerPoint Online。

f:id:shigeo-t:20140417102144p:plain

OneNote Online

これまた普通のOneNote Online。

f:id:shigeo-t:20140417102255p:plain

OneDrive

これまた普通のOneDrive(Web版)。

f:id:shigeo-t:20140417102544p:plain

ChromiumOSでもやってみる

OSログイン

f:id:shigeo-t:20140417102851p:plain

f:id:shigeo-t:20140417104239p:plain

何も無い殺風景な画面になる。■9個のアイコンを押すとアプリ一覧。インストール前なので何もない。

f:id:shigeo-t:20140417104313p:plain

インストール

ストアを起動し、インストールしていく。

f:id:shigeo-t:20140417104441p:plain

f:id:shigeo-t:20140417104552p:plain

f:id:shigeo-t:20140417104607p:plain

f:id:shigeo-t:20140417104614p:plain

順次インストールしていくが、繰り返しになるので省略。

OneDrive接続

f:id:shigeo-t:20140417104802p:plain

PowerPointの確認

Windowsで操作してみて、今回の発表ではOffice Onlineそのものに機能追加が無さそう。同じことを繰り返しても仕方ない。

このChromiumOS側ではOneDriveにドキュメントを置いていないので、ブログエントリにリンクしてあるPowerPointを開いてみる。

f:id:shigeo-t:20140417105211p:plain

ダウンロードしてみる。

f:id:shigeo-t:20140417105226p:plain

ダウンロードしたpptxファイルを開いてみるが、Chrome上のPowerPoint Onlineで開いてくれず、このようなエラーメッセージが。ちょっと残念。操作的に気を付ける点。

f:id:shigeo-t:20140417105616p:plain

ダウンロードしたファイルには関連付けされていないが、問題なくPowerPoint Onlineでは開くことができる。

f:id:shigeo-t:20140417105723p:plain

ChromiumOS上でpptxとPowerPoint Onlineに関連付けされていないので、もしChromiumOSにOfficeファイルをダウンロードした場合はそのまま操作できないので、OneDriveにアップしてから開くという操作が必要。

これがChromebookのChromeOSでも同じ操作になるのか、互換OSのChromiumOSだけの問題なのかはChromebookが出てからの確認事項。

あと、本筋ではないがParallels上のChromiumOSでは日本語入力できなかった。OS Xのほうは入力言語切り替えのダイアログ出るんだけど、ChromiumOSに渡らないっぽい。Parallels上にインストールした他のOSではそんなことは無かったと思うんだが。ChromiumOSって日本語入力未サポート?まあ、どうでもいい。そのうち解決する。

まとめ

Chromeアプリとして使えるという事で動作確認したが、今まで見てきた通常のOffice Online,OneDriveだったので、機能的には下記の関連エントリに示すようにインストール版との機能差異は今まで通り。Chromeローカルで動く部分はOffice Online,OneDriveの起動までのように見える。そういう意味ではほとんどブックマークと変わらないw。

機能的には下記の関連エントリに示す機能差異通りであるが、今後の機能拡充によっては、Officeドキュメントの利用においてChromebookでもほとんど困らないということもありうる。Microsoft的にはWindows Phone,Windows RTのライバルであるChromebookに塩を送ることになる反面、ますますMicrosoft Officeのロックイン戦略は成功することになる。無償のOffice Onlineでフルスペック提供ということもあり得ない(作り込むのも大変だが戦略としてサブセット提供)ので、Office Onlineで機能不足という人にはWindows PC及びMicrosoft OfficeやOffice365が売れるというフリーミアムモデルが成立する。

関連エントリ