いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Office Onlineは使い物になる その7(機能比較表)

 ここのところ朝は雨に降られていたのに、今朝はいい天気(挨拶)。

 

Microsoft Office 2003もWindows XPと共に日本時間2014年4月9日にサポート終了。Windows XPばかり気にして、忘れている人もいるみたいだけど。そしてWindows XPよりも厄介なのは、Office 2003はWindows VistaWindows 7Windows 8にもインストールされている可能性があること。

今時点でOffice 2003がインストールされているPCを持っている人は、早くアンインストールして別のものに切り替える必要があるわけだが、後継候補としては以下のものが代表的。

  1. Microsoft Office 2013(有償)
  2. Microsoft Office 365(有償)
  3. Microsoft Office Online(無償)
  4. KINGSOFT Office(有償)
  5. LibreOffice(無償、ただし寄付受付)

このブログでは特にOffice OnlineとLibreOfficeを紹介してきた。とりあえず金を払いたくない個人ということならOffice Online一択。毎回の繰り返しだが、サポート終了対策費用をセーブしたい人はこのOffice Onlineを選択、Office Onlineで機能不足の時に他の選択肢を考えればよい。

あと、Office for iPadの日本投入は未定なので、今のところ無理矢理入れて比較する予定はなく、iPadでもOffice Onlineを推しておく。

関連エントリ

Excel機能比較表

ExcelExcel 2013、Excel 2013 RTとExcel Onlineの比較を行った。【Windows XPサポート終了対策】Office Onlineは使い物になる その2(Excel機能比較編)

   Excel 2013  Excel 2013 RT  Excel Online
 ホームリボン      スタイルが無い
 挿入リボン    "レポート"が無い  "図"、"アプリ"、"スパークライン"、"フィルター"、"テキスト"、"記号と特殊文字"、”レポート"が無い
 ページレイアウトリボン      無し
 数式リボン      無し
 データリボン  "計算"が無い "計算"が無い  ”外部データの取り込み”、”データツール”、"アウトライン"が無い
”並べ替えとフィルター”ではなく"並べ替え"
 校閲リボン      無し
 表示リボン  "ドキュメントの表示"が無い  "マクロ","ドキュメントの表示"が無い  ”ブックの表示”、”表示”、”ズーム”、"ウィンドウ"が無い。
 ファイルリボン 開く      ”コンピューター”、”場所の追加”が無い。xlsとxlsxしか開かない。
 ファイルリボン 情報      ”ブックの保護”、”ブックの検査”、”バージョン”、”ブラウザーの表示オプション”や右側のファイル情報が無い
 ファイルリボン 新規      オンラインテンプレートの検索窓が無い
 ファイルリボン 名前を付けて保存      "コンピューター"、”場所の追加”が無い
 ファイルリボン 印刷      "プリンター"や"設定"が無い
 ファイルリボン 共有  "埋め込み"が無い  "埋め込み"が無い  電子メールボタンが無い
 ファイルリボン エクスポート      無し
 ファイルリボン アカウント      アカウントの代わりにバージョン情報
 ファイルリボン オプション      無し

Word機能比較表

WordはWord 2013、Word2013 RTとWord Onlineの比較を行った。【Windows XPサポート終了対策】Office Onlineは使い物になる その4(Word機能比較編)

   Word 2013  Word 2013 RT  Word Online
 ホームリボン  "元に戻す"が無い  "元に戻す"が無い  
 挿入リボン  "画像"が無い  "画像"が無い  "図"、"アプリ"、"メディア"、"テキスト"、"記号と特殊文字"が無い

 デザインリボン      無し
 ページレイアウトリボン      "原稿用紙","配置"が無い
 参考資料リボン      無し
 差し込み文書リボン      無し
 校閲リボン  "インクの開始"が無い  "インクの開始"が無い  ”言語履歴”、”変更履歴”、”変更箇所”、"比較"、"保護"が無い。
 ”文書構成"の代わりに”スペルチェック”
 表示リボン    "マクロ"が無い  ”表示”、”ズーム”、"ウィンドウ"が無い。
 ”文書の表示"の代わりに"ドキュメントの表示"
 ファイルリボン 開く    "その他のWebサービス"が無い。  ”OneDrive”、”コンピューター”、"場所の追加"、"その他のWebサービス"が無い。
 ファイルリボン 情報      ”文書の保護”、”ドキュメント検査”、”バージョン”や右側のファイル情報が無い
 ファイルリボン 新規      オンラインテンプレートの検索窓が無い
 ファイルリボン 上書き保存      無し
 ファイルリボン 名前を付けて保存    "その他のWebサービス"が無い。  ”OneDrive”、”コンピューター”、"場所の追加"、"その他のWebサービス"が無い。
 ファイルリボン 印刷      ”プリンター”が無い
 ファイルリボン 共有  "埋め込み"が無い  "埋め込み"が無い  "ユーザを招待"、"電子メール"、"オンラインプレゼンテーション"、”ブログ”が無い
 ファイルリボン エクスポート      無し
 ファイルリボン 閉じる      無し
 ファイルリボン アカウント      アカウントの代わりにバージョン情報
 ファイルリボン オプション      無し

PowerPoint機能比較

PowerPointPowerPoint 2013、PowerPoint 2013 RTとPowerPoint Onlineの比較を行った。 【Windows XPサポート終了対策】Office Onlineは使い物になる その5(PowerPoint機能比較編)

  PowerPoint 2013 PowerPoint 2013 RT  PowerPoint Online
 ホームリボン  "元に戻す"と”削除”が無い  "元に戻す"と”削除”が無い  "編集"が無い
 挿入リボン      "表"、"アプリ"、"メディア"、"記号と特殊文字"、"メディア"が無い
 ”図”の代わりに”イラスト”
  ”コメント”と”テキスト”の順が逆

 デザインリボン      ”ユーザー設定”が無い
 画面切り替えリボン      "プレビュー","タイミング"が無い
 アニメーションリボン      "プレビュー","アニメーションの詳細設定"が無い
 スライドショーリボン      無し
 校閲リボン  "インク"が無い  OneNoteが無い  無し
 表示リボン    "マクロ"が無い  ”マスター表示”、”ズーム”、"カラー/グレースケール"、”ウィンドウ”、”マクロ”が無い。
 ファイルリボン 開く      ”OneDrive”、”コンピューター”、"場所の追加"が無い。
 ファイルリボン 情報      ”文書の保護”、”ドキュメント検査”、”バージョン”や右側のファイル情報が無い
 ファイルリボン 名前を付けて保存    "その他のWebサービス"が無い。  ”OneDrive”と”コンピューター”と”場所と追加”が無い。
 ファイルリボン 印刷      ”プリンター”、”設定”が無い
 ファイルリボン 共有  "埋め込み"が無い  "埋め込み"が無い  ”電子メール”と”オンラインプレゼンテーション”が無い
 ”ユーザを招待”は”共有”に、”スライドの発行”は”埋め込む”に置き換えられている
 ファイルリボン エクスポート      無し
 ファイルリボン アカウント      アカウントの代わりにバージョン情報
 ファイルリボン オプション      無し

OneNote機能比較 

OneNoteOneNote 2013、OneNote 2013 RTとOneNote Onlineで機能比較をした。OneNote 2013は無償になった単独の製品とOffice Professionalなどに含まれるものと両方あるが、比較したところ機能差異は無かったため比較表ではまとめている。【Windows XPサポート終了対策】Office Onlineは使い物になる その6(OneNote機能比較編)

上記3製品の他にiOS版、Android版、Windowsストアアプリ版などがあるが、メニュー構成が大きく異なるため、この機能比較表には含めていない。

OneNoteって何? 色々なOSで使ってみた

  OneNote 2013 OneNote 2013 RT OneNote Online
 ホームリボン  "元に戻す"と”削除”が無い  "元に戻す"と”削除”が無い  "電子メール"が無い
 挿入リボン  ”ノートブック”、”表”が無い ”ノートブック”、”表”が無い  "挿入"、"テーブル"、"ファイル"、”タイムスタンプ”、”ページ”、"記号と特殊文字"、"メディア"が無い
 描画リボン      無し
 履歴リボン      無し
 校閲リボン      無し
 表示リボン  ”ノートブックの表示”、”作成者”、”バージョン”が無い  ”ノートブックの表示”、”作成者”、”バージョン”が無い  ”表示”、”ページの設定”、"ズーム"、”ウィンドウ”が無い。
 ファイルリボン 情報      ”ノートブック情報”が無く、”情報”で”OneNoteで開く”になっている
 ファイルリボン 新規      無し
 ファイルリボン 開く      無し
 ファイルリボン 印刷      無し
 ファイルリボン 共有  "ユーザと共有"が無い  "ユーザと共有"が無い  ”ユーザを招待”、”共有リンクの設定”、”会議で共有”、”ノートブックの移動”が無い
 ファイルリボン エクスポート      無し
 ファイルリボン 送信      無し
 ファイルリボン アカウント      アカウントの代わりにバージョン情報
 ファイルリボン オプション      無し

まとめ 

どのアプリケーションも基本的な編集機能はOffice Onlineで問題ない。また、Office Onlineの場合はドキュメントは自動保存で保存先はOneDrive。作成中のドキュメントがPC等のトラブルで大幅に遺失することはない。

まずはOffice Onlineの利点を挙げる。

  1. Office 2003からの互換性はほぼ問題ない。
  2. 自動保存である。
  3. 接続元PC/タブレットを途中で変えてもシームレスに利用可能。
  4. インストール不要。

一方、Office Onlineを選べない、もしくは選ぶべきではない条件は下記の通り。

  1. マクロを使用したい。
  2. インターネットに接続できない状況、ネットワーク速度が出ない状況でも使用したい。
  3. その他明確に使用したい機能がOffice Onlineに欠ける。

Office Online以外を選択するのであれば、何を重視するのかで選択肢が大きく変わってくる。 

【Office 2003っぽい見た目=リボンUI以外を選びたい】

KINGSOFT OfficeLibreOfficeを選択。いずれも見た目はOffice 2003っぽいが、同等機能のアイコンの置き場所や、ショートカットキー等は異なるので覚え直しが必要。

【マクロを使いたい、オフラインで使いたい等】

Office 2013かOffice 365。

Office 2013はHome and BusinessやProfessionalのようなOfficeスイートと、Word 2013やPowerPoint 2013のような単体製品がある。いずれもOffice 2013の場合は2PCまでのインストール権がある。

Office 365の場合はデスクトップ版を選べるエディションのみが選択肢。費用の払い方の違いなので、自分に合ったほうを選べばいい。いくつかのパターンがある。

  • どうしても「Excelだけは」とか「Wordだけは」デスクトップ版を使いたい ということなら、Word 2013やExcel 2013のパッケージを選択。
  • 上記で、使いたい期間が限られるならOffice 365で使いたい期間のみを契約する金額とパッケージの購入費用を比較して、お得なほうを選択。
  • PCの使用期間が(リースなどで)限られ複数台で使う場合、Office 2013とOffice 365で安くなるほうを選択。
  • オフラインで使いたい場合は、Surface 2などのOffice RTプレインストールモデルも選択肢になる。
  • PC買い換えのタイミングならOfficeプレインストールモデルも選択肢となる。

 

いずれにせよ、Office 2003と同じ見た目、同じ操作性のOfficeアプリケーションは存在しないわけで、サポート終了の4月9日以降セキュリティリスクが高まるOffice 2003を使い続けることは他人に迷惑を掛ける行為。急いで乗換先を決めて移行すべき。

■関連情報

ニュース - XPとOffice 2003の「最後のパッチ」が公開へ:ITpro

Office 2007-2013 オールドスタイルメニュー

PC1台あたり8000円で使えるOffice 365購入体験記

f:id:shigeo-t:20140407114625j:plain