読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


(続)やっぱりうまくいかないThinkPad P70のデュアルブート

Tech ThinkPad Windows 10 Linux Tool

犯人がUEFIってところまでは突き止めた。時間切れなので、Windowsが使える状態を保持したままお渡しする。機械学習の環境作成はオレじゃないので。

まだAnniversary Updateを掛けていないが、それは大学に持って行ってから実行する。そうすればBash on Ubuntu on Windowsは使えるので、WindowsからでもUbuntu上のCUDA動作環境ができるかも。Node.jsとかは動作確認済だし。

 

やったこと

色々実行したが、時系列で書くととてもわかりにくい。ぐっと圧縮すると下記の通り。

  1. UEFIブート用USBメモリ作成
  2. UEFI設定変更
  3. unetbootinデュアルブート環境作成

 

参考にしたサイト

 まずはUEFIでブートするUSBメモリを作成しようと、下記のサイトを参考にした。

手順通りに作成すると、UEFIでブートするはずのUSBメモリはできる。でもブートは完了できず、前回と同じように画面真っ黒でおしまい。

 

この手順に出てくるUNetbootinはこちらから。

今までこのツールは知らなかった。

UNetbootinは、CDなしでUSBドライブまたはパーティションLinux/BSDをインストール/ロードするためのユーティリティです。現存するディスクイメージ、カーネル、initrdファイル、もしくはダウンロードサポートdistro、システムユーティリティ(Ubuntu, Fedora, openSUSE, FreeBSD, PartedMagicのような)を使うことができます。

 

うまくいかないので、色々調べたときに参考にしたサイトは下記。

UEFI その2 - UbuntuとUEFI・UEFIに対応しているUbuntuのバージョン・ライブメディアのファイルシステムについて・WindowsやUEFIの起動時間短縮機能について - kledgeb

 

リカバリーディスクは添付されていないので、Windows 10を壊した時に戻せるようにリカバリーディスクを作成した。手順はWindows 10標準の「回復ドライブの作成」だった。Windows 7は、Lenovo製のアプリでリカバリーディスク作成する。

  ThinkPad P70 ユーザー・ガイド(PDF)

 

UEFI設定

電源を入れてLenovoロゴが出ている間にF1ボタンを押すと設定画面に移る。

f:id:shigeo-t:20160909032847j:plain

セキュアブートがUbuntuのブートを阻んでいるという掲示板の書き込みを見たので、OFFった。デフォルトはEnableである。

f:id:shigeo-t:20160909033531j:plain

 

UNetbootinデュアルブート環境作成

色々試してみたが、USBメモリからもDVD-Rからもブートできないことには変わりがない。最終手段として、UNetbootinWindowsブートディスクにUbuntuのブート環境を作ってみることにした。

ThinkPad P70のWindows 10を壊すとやっかいなので、回復ディスクを作成したのは上述通り。それでもいきなり実行するのは怖かったので、VMで持っているWindows 8.1でやってみた。

問題は無さそう。Windowsのブートマネージャーで選択できるようになる。

f:id:shigeo-t:20160909034854p:plain

これでUNetbootinを選択すると再起動が入り、今度はUbuntuでブートする。そのUbuntuをシャットダウンして次に起動すると、また上の選択画面にいく。Windowsを選択するときちんとWindowsが起動される。

VM上のWindows 8.1でうまくいったので、今度はThinkPad P70である。UNetbootinの一番下でタイプを「ハードディスク」、ドライブを「C:\」にする。

f:id:shigeo-t:20160909035448j:plain

f:id:shigeo-t:20160909035442j:plain

f:id:shigeo-t:20160909035814j:plain

f:id:shigeo-t:20160909035917j:plain

[終了]をクリックして、Windowsの再起動を行う。OSの選択画面まで来た。

f:id:shigeo-t:20160909040659j:plain

UNetbootinを選択してUbuntuでブートが掛かる。エラーである。

f:id:shigeo-t:20160909041232j:plain

調べてみるとやはりUEFI環境で発生するエラーのようだ。

  ubnldr.mbr 0xc000007b - Google 検索

 

USBメモリ側と比べたりしたがここで時間切れ。

 

そんなことより、ThinkPad P70はWシリーズと比べるとかなり大きい。W530の幅が約37cmに対し、P70は42cm弱。W530やW520を大学に運ぶときに使ったバッグには入りそうもない。普段、重いから使っていないTUMIなら入るかなあ。