いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


OneDriveはWeb版でも十分に使えるので開設から利用の手順をまとめておく

あんまり眠れなかった(挨拶)。眠いんだわ。

 

よく考えたらOffice Onlineについては書いていたんだけど、OneDriveについては書いて無かった。Windows 8などではクライアントもデフォルトで入っているので、Microsoftアカウントさえあればシームレスに利用可能。

 

しかしOneDriveはWebアクセスでもきちんと使える。そこで今回はMicrosoftアカウントの新規 からOneDriveの利用まで、順を追って書いておく。

Microsoftアカウント作成~Web版OneDriveに接続するまで

Web版OneDriveにアクセスする。旧名のSkyDrive(大人の都合で使えなくなった名前)も残っている。

f:id:shigeo-t:20140528111850p:plain

アクセスするとこんな画面。[サインイン]と[新規登録]の2つを選ぶことができる。[新規登録]はMicrosoftアカウントの新規登録画面に飛ぶ。飛ぶはずなのだが、そのブラウザでMicrosoftアカウントにサインインした状態が残っていると、そのままOneDriveに繋がる。ふざけるな、Microsoft

f:id:shigeo-t:20140528112122p:plain

ええ、サインアウトしました。実はどっちのリンクも「https://onedrive.live.com/?gologin=1」に飛ぶことになっているので、どっちを押してもこのサインイン画面になる。ふざけるなMicrosoft(2回目)。新規登録の場合は、新規登録のリンクがいくつかあるのでそのリンクをクリックする。

f:id:shigeo-t:20140528112248p:plain

アカウントの作成画面に遷移する。姓・名やメールアドレス、パスワードなどを入れて[アカウントの作成]をクリックする。今時セキュリティ的には役に立たないCAPTCHAを使ってる上に、大文字か小文字か判別しにくい。ふざけるなMicrosoft(3回目)。

f:id:shigeo-t:20140528112846p:plain

f:id:shigeo-t:20140528113142p:plain

CAPTCHAをなんとか解読して[アカウントの作成]をエラーなく通り抜けると、この画面になる。

f:id:shigeo-t:20140528113743p:plain

使ったメールアドレスのほうにはこんな感じでメールが来ている。

f:id:shigeo-t:20140528114308p:plain

メールアドレスが書かれている青いバナー部分がリンクになっているので、ここをクリックするとログイン画面が開く。パスワードを入れて[サインイン]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140528114453p:plain

確認完了画面になるので[OK]をクリックすればWeb版のOneDriveに接続される。

f:id:shigeo-t:20140528114553p:plain

消すまでは「OneDriveへようこそ」が表示される。一応右上に×もあるのだが今回は[使ってみる]をクリックしてみる。次からは[次へ]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140528115057p:plain

f:id:shigeo-t:20140528115110p:plain

友だちに紹介するでガイドはおしまい。[閉じる]を押すとガイド部分が非表示になる。

f:id:shigeo-t:20140528115145p:plain

Web版OneDriveの概要

最初は上にあるようにドキュメント・公開・画像の3フォルダ。OneDriveの使いやすい局面はWindows上と同じようにフォルダにファイルを入れて管理する状況。フォルダとファイル名だけなので、簡単に管理できる。一方、複数のタグを打ったりはできないので検索性には劣る。

ドキュメントフォルダを開いてみると、最初なので何も無い。右クリックするとこのようにメニューが表示される。今回は単純な操作ということで「作成」を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20140528115739p:plain

「作成」の中にはこういうメニューがある。今回は「Word文書」を選んでみる。

f:id:shigeo-t:20140528115829p:plain

Word Onlineが立ち上がる。Word Online、というかOffice Onlineは自動保存なので何か書き込んでブラウザ(今回はタブ)を閉じると保存されている。

f:id:shigeo-t:20140528120020p:plain

OneDriveに戻るとWord文書ドキュメントができている。アイコン上で右クリックするとこういうメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20140528120309p:plain

今度はファイル単位のアップロードをやってみる。何も無いところで右クリックしてメニューを表示させ、アップロードを選択する。

f:id:shigeo-t:20140528115739p:plain

Windowsの開くダイアログが表示される。一応どんな形式のファイルでもアップロードできるので、今回は何か適当に選択する。

f:id:shigeo-t:20140528120602p:plain

アップロード中はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20140528120639p:plain

アップロードが完了するとファイルがアイコン表示される。

f:id:shigeo-t:20140528120900p:plain

ブログなどにフォルダを埋め込んで操作することも可能。

f:id:shigeo-t:20140528121208p:plain

f:id:shigeo-t:20140528121703p:plain

f:id:shigeo-t:20140528121714p:plain

f:id:shigeo-t:20140528121854p:plain

というわけで、気軽に使えるのでアカウント開設しておいたほうがいい。あと、自分のマシンにMicrosoft Officeを入れていない場合、メールなどでもらったOfficeドキュメントはOneDriveに入れておけば、ワンクリックでOffice Onlineで開いてくれる。Officeドキュメントはあまり作らずたまに参照するのみという人は、Word ViewerやExcel ViewerなどをインストールするよりもOneDriveを使えるようにしておくと簡単。

 

では。

関連エントリ