いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


おろし納豆三昧

今週のお題「納豆」

 

このところ、週4~6くらいで朝飯はおろし納豆である。おろし納豆だけである。米飯とかみそ汁とか無し。

 

まず、大根おろしはスーパーで買ってきた大根下半分(根の方)。1本丸ごと大根を買ったのは何年前だろう。大根おろしにするなら辛いほうがいいので、上半分は不要。それを半分にして一食分。大根1/4あるので結構な量である。それをすなおに大根おろしにするのは非常に体力・握力を使うので、フードプロセッサー攻撃で一気におろす。おろさないのでフードプロセッサー用に3~4cmでカットし桂むきして8分割くらいにする。

 

shigeo-t.hatenablog.com

 

ウチのフードプロセッサーはクイジナート LITTLE PRO PLUS LPP-2JWなのだが、残念ながらAmazonには在庫が無い。

 まあこんな感じのやつで、もっと小さいけど十分パワフルで、初期に少し壁面にくっついたカットされた大根を下に落として回し直せば大根おろし状になる。

 

 そして納豆。必ずひきわり納豆40gである。3個88円から128円くらいで購入している。最近気づいたのだが、いつも納豆を買うスーパーより近くのミニスーパーのほうがひきわり納豆が安いことに気づいた。大根はミニスーパーはすごく高いのでそれぞれ安い方で買ったほうがいいことになる。f:id:shigeo-t:20200711100042j:plain

 

news.livedoor.com

「ひきわり納豆」は皮を取り除いている上に、細かく砕かれてあるので納豆菌の付着する表面積が増えるなどの理由で成分に違いが出てきます。ひきわり納豆は粒納豆に比べてビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、ビタミンKの含有量が約1.5倍ほど多いとされています。またひきわり納豆は食物繊維の量は皮が取り除かれている分少し少なくなっていますが、その代わり消化しやすくなっているので、高齢者や乳幼児には優しい納豆になっているのです。

食物繊維は大根おろしで補足できてる。

 

納豆はフードプロセッサーがニセ大根おろしを作っている間に一所懸命混ぜる。多分30回は回している。そこに大量の大根おろし。ちょうどどんぶり1杯分である。納豆に付いてきたたれだけでは大根おろし分が足りないため、めんつゆを適量プラス。これ以外に食べないのはこの量のせいである。十分おなかいっぱい。

 

3個パックの納豆×2+大根1/2×3=6食分の朝食=(128円x2)+(108円×3)=580円[税別]

1食当たり (580円×1.08)/6=104.4円[税込]

 

納豆を最も高い購入費用で見ても100円ちょいくらい。納豆を安く買えれば100円を切る。大根1/2はよほど大根が高騰しない限り中央値はこれくらい。1本まるまる買ったほうが安いのは間違いないのだが。