いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


車売ったった(´・ω・`)

キャッシュフローが厳しいので車を売ることにした。2019年12月で満10年乗ったBMW M3クーペである。

京商 1/18 BMW M3 クーペ ホワイト KS08734W 完成品

京商 1/18 BMW M3 クーペ ホワイト KS08734W 完成品

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
1/76 BMW M3 クーペ E92 ヘレスブラック

1/76 BMW M3 クーペ E92 ヘレスブラック

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

スペックはこちら。


車の写真はあまり撮ってなかったので手放す前に慌てて撮影。

実はこのエントリのWindows XPの壁紙にも登場はしている。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shigeo-t/20140327/20140327103840.png

 

もう売ったったのでナンバーは隠さなくてもいいだろう。次の人がこのナンバーのまま乗るのかも知らないし。 

f:id:shigeo-t:20200109163207j:imagef:id:shigeo-t:20200109163224j:imagef:id:shigeo-t:20200109163256j:imagef:id:shigeo-t:20200109163317j:imagef:id:shigeo-t:20200109163342j:image

 

雨粒の付いている写真は中古車買取店の屋根付きの場所。1/8(水)のすごい雨の時に横浜の某所の買取店で査定して貰っている最中に撮影。スーパーの駐車場でボンネット開けるのは憚られたので。

店名は書かない。まあ、その気になれば写り込んでいる物から、あそこかと分かる人もいるだろうけど。

f:id:shigeo-t:20200109163557j:image

 

サンルーフ付き。サンルーフが無いとどんなボディカラーでも屋根はカーボンで黒いのだが、サンルーフ付きはボディと同色。

f:id:shigeo-t:20200109163612j:image

 

330km/hまでメーターがある。出したことないけど。

f:id:shigeo-t:20200109163640j:image

 

WikipediaにもあるようにV8。

f:id:shigeo-t:20200109163429j:image

8本もシリンダーがあると大変だったりもするが、故障したのはこの一連くらい。イグニッションコイルが壊れて、最終的には8本全部換えた記憶。


ボンネットの裏。右のラベルはボディカラー。シルバーストーンⅡメタリックである。他の写真でもわかるように少し青みがかったシルバーである。M3特別色。

f:id:shigeo-t:20200109163445j:image

 

タイヤはぶっとい。

f:id:shigeo-t:20200109163519j:image

後ろはさらにぶっとい。

f:id:shigeo-t:20200109163544j:image

 

結果的には3社見積依頼を掛けて、最初に連絡があって持ち込んだところに売ってしまった。本当は3社めが高く取ってくれそうだったのだが、連絡が遅かった。実際の貰った電話の数字もやはり売った値段より高かったがなぜあと1h早くくれない(>_<)

 

車は置いて帰れということになり、車に積んでいる荷物を降ろしてカバンに詰めるだけ詰めた。ドライブレコーダーとかウォークマンFMトランスミッターとか三脚とか、ひざ掛けとか折りたたみ傘とか。小物は入ったけどほかはそのまま持って帰ることに。駅までは送ってもらえた。

 

 ところが、電車に乗ってから鍵は車のキーだけじゃなく一式つけたまま置いて来てしまったし、ETCカードを抜き忘れたことに気づいた。でも、いつも車に乗るときは鍵を2式持って乗る主義なので、手元にも渡さなきゃいけない車のキーが1つと家の鍵はある。家につく少し前にこの件で大雨の中電話が掛かってきて大変だった。結局家についてから持ってきてもらうことに。もともと印鑑証明書は取りにきてもらうことになっていたのでその際に持ってきてもらえることに。

 

 

今回はコレをやってみた。区役所とか横浜駅行政サービスコーナーに行く必要が無いので簡単。

f:id:shigeo-t:20200110142843p:plain

 

ということで、しばらく車は買えそうもない。どうしても車じゃないと行けないところもあるので、カーシェアでの研究でもしてみる。