いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Windows 10 にようこそ!

今週のお題「卒業」

 

弊社の法人Web-FB(有り体に言えば法人インターネットバンキング)の環境はWindows 7 32bitだった。これは2014年12月の設立時に、信金に口座を開設してインターネットバンキングも利用開始しようとしたところ、オレのメインマシンのWindows 8.1はサポート前。というかWindows 8もサポート前。Windows 7Internet Explorerが必須だった。

 

メインマシンをWindows 7にダウングレードはしたくなかった。 


そこでVMThinkPad W520購入時に付いてきて未使用だったWindows 7 Pro 32bitをインストール。なんとかインターネットバンキング環境を構築できたのだった。

 

そしてこのインターネットバンキング、最初はid/passwordだったのでWindows 8.1サポートされたらメインマシンで操作するようにしようと思っていたのだが、途中でクライアント証明書方式に切り替わってしまった。クライアント証明書は1枚しか発行されないので、ここまでずるずるとVMWindows 7を使い続けることに。まあ、インターネットバンキングを使うのは月数回なので、毎回Windows Updateを掛ける以外は苦ではなかったけど。

あと、VMにしたことで複数のPCにコピーしておくことができ、メインマシンを操作できない出先でもインターネットバンキングを使えるという利便性は生まれた。

 

こないだ1台実PCでWindows 7Windows 10にした。


もう一つの契機はInternet Explorerの不調。証明書のパスワードを変えろというのが来てパスワードを変更した後、ログイン失敗が増えた。Cookieを消したり面倒な操作が増えた。


何の気なしにインターネットバンキングへの接続をVivaldiで実行したところ、問題なくアクセスできる。このVMにはChromeじゃなくたまたまVivaldiしかインストールしてなかったからVivaldiなだけで、特にVivaldiをこのためにインストールしたわけではない。

Vivaldi Edition

Vivaldi Edition

 

 

こうなると証明書の問題だけなので、Windows 7をWindows 10に更新しようということになった。弊社のインターネットバンキングの証明書更新期限が4月3日なので、Windows 10にしてから更新したい。VMなので簡単にバックアップ取得。

 

で、開始したわけですけれども。

 

いつまで経っても終わらない。

https://pbs.twimg.com/media/D2hWG53UgAACNkV.jpg

 

こんなのを見つけた。

Windows 10 アップグレード アシスタントの進行状況が 99% から進まない』

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4027554/windows-windows-10-upgrade-assistant-is-stuck-at-99

 そのものずばりである。

 

 

 ディスプレイアダプターがMicrosoft 基本ディスプレイ アダプターのままなので、手動ではサイズ変更できるが、自動でリサイズしてくれない。VMwareのドライバに切り替えればいいのだが、自動では検索してくれない。ちょっと時間があるときにやるとして、とりあえずWindows 10にはなった。