いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


VMでUbuntu 22.04 LTS 日本語 Remixを動かす

そろそろ出てるかなあと思って見てみたら5月6日に出てたUbuntu 22.04 LTS 日本語Remix。

 

VMにインストールしてみる。まずはダウンロード。

www.ubuntulinux.jp

 

3.2GBである。ダウンロードする。

 

ダウンロードが終わったらVMware Workstation Playerで新規仮想マシン作成を選ぶ。そしてダウンロードしたISOファイルをマウント。

SSDにインストールする。

始まった。

 

見慣れたUbuntu 18.04とは違う。

画面が暗くなりなんかチャイムが鳴った。4音だった。

 

そしてしばらく放置したがインストールが進んでいる感じがしない。

 

ということで一度止める。

 

起動すると先程とはちょっと違う。

 

今度はなんか出た。

 

インストーラが表示された。

でも先に進むボタンが表示されないし、押せないwwショートカットさえ分かれば。

 

調べてみた。

report.hot-cafe.net

ショートカットが無く[続ける]である。Tabキーも効かないし。

 

意外と手間取る。一度シャットダウンしてモニタのサイズを「モニタでホストの設定を使用」から1920x1080に変更してみる。

 

今度はフルHD

やっぱりダメっぽい。

やっぱりダメだった。

 

参照した先のようにVirtualBoxなら見切れないのにVMware Workstation Playerだと見切れてしまって先に進めない。

 

一度消して後でOSをインストールを選ぶ。

構成を変更。

GRUBの画面が出た。

[続ける]が見えるぞ。

[続ける]をクリック。クリックしたかった~。

[インストール(I)]をクリック。

最初からtokyoなので[続ける]をクリック。

ユーザ名パスワードなどを設定。

[今すぐ再起動する]をクリック。

 

再起動中。

ログイン画面に来た。

パスワードを入れる。

起動した。

最大化したらそのまま最大化された。

VMware Toolsのディスクを開く。

/tmpにコピー。

VMware Toolsもインストールし終わった。

 

ということで、自動インストールを選ぶと[続ける]をクリックできずに先に進まないので、後からインストールを選ぶといいという結論。VMwareも毎回勝手にVGA縛りにするのをやめたほうがいい。

あと、WSLのほうが圧倒的に簡単に動くのでWSL2環境を持っているならWSLでUbuntu 22.04を動かした方がいい。