いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


CentOS 8にEdgeをインストール

CentOS 7にMicrosoft Edgeをインストールするのはちょっと面倒な作業だった。

 

shigeo-t.hatenablog.com

 

先にCentOS 7で苦労したのでUbuntuにインストールした時は簡単で拍子抜けした。

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

 

ということでCentOS 8を準備。ISOファイルが10GB超えとかデカ過ぎだろ。

f:id:shigeo-t:20211229023919p:plain

 

OSのインストールが終わったのでそのままFirefoxを開いてMicrosoft Edgeのダウンロードページを開く。

www.microsoft.com

やはりアイコンはいきなりLinuxの段ロードになってる。

f:id:shigeo-t:20211229032413p:plain

クリックするとプルダウン。CentOSなのでrpmを選ぶ。

f:id:shigeo-t:20211229032534p:plain

EULAが英語である。まあCentOS 8のインストールはVMware Workstation Player任せで自動インストールしたし、言語設定してないから仕方ない。でもそれならどうしてダウンロードページは日本語なんだ?

f:id:shigeo-t:20211229032608p:plain

f:id:shigeo-t:20211229032643p:plain

ダウンロードのダイアログが出た。

f:id:shigeo-t:20211229032703p:plain

CentOS 7の例があるのでSave Fileにした。

f:id:shigeo-t:20211229032720p:plain

ダウンロードできた。

f:id:shigeo-t:20211229032756p:plain

ダブルクリックするとソフトウェアのインストール画面に。[Install]をクリック。

f:id:shigeo-t:20211229032836p:plain

あっさり進む。

f:id:shigeo-t:20211229032939p:plain

あっさりインストール終わった。

f:id:shigeo-t:20211229035302p:plain

[Launch]をクリックすると起動した。

f:id:shigeo-t:20211229033017p:plain

問題ない。

f:id:shigeo-t:20211229033049p:plain

 

CentOS 8を日本語化しようとしたら、色々引っ掛かったので別途まとめる。