いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Windows 10 Enterpriseの新しいTechnical Preview、どこが変わったかを見てみる インストール編

Technical Preview、何度か新しい版が出ているようなので最新をダウンロードして動かしてみる。今回はさっと環境を作るため、実PCではなくVMware Playerで動かす。無印とEnterpriseの選択となるわけだが、Windows 10 Technical Preview for Enterpriseとした。以降Windows 10 Enterpriseと表記する。

ダウンロード

ダウンロードの詳細は下記を参照頂きたい。

今回ダウンロードしたISOファイルのファイル名は、 9879.0.141103-1722.FBL_RELEASE_CLIENTENTERPRISE_VOL_X64FRE_en-us.ISO だった。

インストール

VMware Playerの設定

VMware Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成(N)」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119051943p:plain

新しい仮想マシン ウィザードが表示されるので、設定していく。「後で OS をインストール(S)」が一番ミスなく進むのでこれを選択し、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119052212p:plain

ゲストOSをMicrosoft Windows(W)、バージョン(V)をWindows 8 x64に設定して[ 次へ(N) > ]をクリックする。バージョン(V)にはまだWindows 10が無いので最も近いWindows 8 x64にしておく。

f:id:shigeo-t:20150119052347p:plain

仮想マシン名を何か設定し、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119052419p:plain

ディスク容量はこのスクリーンショット通りのまま[ 次へ(N) > ]をクリックする。VMware PlayerはThinプロビジョニングなので、実際に60GB確保されるわけではなく必要分だけが確保される。

f:id:shigeo-t:20150119052617p:plain

[完了]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119052637p:plain

VMware Playerのメインメニューに戻る。ここまで作成した仮想マシンを選択し、「仮想マシン設定の編集(D)」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119052906p:plain

ISOファイルの設定等を行う。今回はISOファイルの設定だけでなく、メモリ、プロセッサを増加し、ネットワークアダプタをNATからブリッジに変更した。[ OK ]で上の画面に戻る。

f:id:shigeo-t:20150119053033p:plain

仮想マシンの再生(L)をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119053137p:plain

Windows 10 Enterpriseのインストール・設定

Windows 8と変わらないインストール画面が表示される。

f:id:shigeo-t:20150119053250p:plain

言語の設定を行う。今回のTechnical Previewでも日本語は無いので、Time and Currency formatだけ「Japanese (Japan)」に設定する。そうするとIMEと106/109に切り替わるのでそのまま[ Next ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119053310p:plain

[Install now]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119053547p:plain

こんな画面になり、

f:id:shigeo-t:20150119053614p:plain

ライセンス条項に同意を求める画面になるので、I accept the license termsにチェックを入れて[ Next ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119053746p:plain

Customをクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119053811p:plain

[ Next ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119053824p:plain

インストールが進む。

f:id:shigeo-t:20150119053853p:plain

リブート待ちになる。

f:id:shigeo-t:20150119053914p:plain

3回ほどリブートが入る。

f:id:shigeo-t:20150119053935p:plain

設定画面が表示される。[Use express settiongs]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119054034p:plain

f:id:shigeo-t:20150119054041p:plain

Microsoftアカウントのサインインをしろということなので、Microsoftアカウントでサインインしていく。

f:id:shigeo-t:20150119054156p:plain

確認のためもう一度Microsoftアカウントのメールアドレスを入れる。

f:id:shigeo-t:20150119054235p:plain

メールが届く。

f:id:shigeo-t:20150119054254p:plain

セキュリティコードを入力する。

f:id:shigeo-t:20150119054342p:plain

どのPCに設定するかを聞かれるので洗濯して[ Next ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150119054444p:plain

設定が進み画面が切り替わっていく。

f:id:shigeo-t:20150119054454p:plain

f:id:shigeo-t:20150119054523p:plain

設定が終わると見慣れた画面に。

f:id:shigeo-t:20150119054552p:plain

ちょっと見ただけでは最初の版と見た目変わらない。

f:id:shigeo-t:20150119054751p:plain

ということで続きは次回以降に。 

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP

 

 関連エントリ