いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


OS X版Microsoft謹製RD Clientの設定

スクリーンショットを撮ったのに書き忘れてたw(挨拶)。

 

OS Xが手元にあるのにRD Clientを動かしてみるのを忘れてた。正式名Microsoft Remote DesktopをApp Storeで検索してインストールする。App Storeからインストールする手順は通常通りなので省略。もちろん無償。

f:id:shigeo-t:20140606175521p:plain

起動すると現在のバージョンと新機能が表示される。今回は8.0.7だった。8.0.7ってことはiOS版と同じようによその製品を買ったということだろう。iOSはiTapだった「【Windows XPサポート終了対策】iPad AirでRD Client試した(対応できてないぞ編) 」が、これも元ネタiTapかなあ。どうでもいいけど。

[Close]をクリックして先に進める。

f:id:shigeo-t:20140606175613p:plain

設定画面が表示される。Microsoft謹製なのでRD RemoteAppが使用できるわけだが、それ以外にMicrosoft RemoteAppも使用できるようだ。自前で立てるRD RemoteAppと同じテクノロジーだが接続先はAzure。詳しくはその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(5):Microsoft RemoteAppで何ができるの? - @ITを参照頂きたい。今回は設定しない。

まずはEdit Remote Desktopsの画面で設定をする。今回はESXi上に可用性構成のリモートデスクトップサービスを立ち上げる その1などで構築したRD Gateway、RD RemoteApp、RDSの一連のサーバ群に接続する。

f:id:shigeo-t:20140606180506p:plain

適当にConnection Nameを設定し、接続先を設定していく。RD Gatewayも設定可能。「Add gateway」を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20140606180911p:plain

RD Gatewayの設定画面。入れたら左上の(×)をクリックする。例ではIPアドレスで入れていたがオレオレ証明書FQDN名になっていたので後で修正した。このOS XはそのままだとFQDNが解決できなかったのでDNSを通すなど細々発生したが、設定方法としては変わらない。

f:id:shigeo-t:20140606181006p:plain

ここもRDSのサーバをIPアドレスで書いているが、後でFQDNに変更した。

f:id:shigeo-t:20140606181303p:plain

Sessionタブをクリックすると、デバイス(Sound)の選択が可能。これもWindowsのmstsc.exeなどと同じで接続元のデバイスを使うか接続先(サーバ)のデバイスを使うか選択できる。

左上の(×)をクリックして戻る。

f:id:shigeo-t:20140606181548p:plain

戻ると「My Desktops」に今設定した接続情報ができている。クリックすると接続開始する。

f:id:shigeo-t:20140606181710p:plain

「証明書を検証」ダイアログが出る。メッセージの中身は英語。[Continue]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140606181810p:plain

繋がると最大表示でWindowsの画面。上部にタスクバーを表示させるにはマウスカーソルを上部に持っていくと自動で降りてくる。なんかマウスのアサインがおかしい。左右ボタンが逆転しているようだ。調べて分かったら追記する。

f:id:shigeo-t:20140606182349p:plain

続いてRemoteApp。これは自前のを立てているのでMicrosoft RemoteAppではなく自前のやつにつなぐ。「Remote Resources」タブをクリックするとダイアログが出る。URL,User name,Passwordの設定を行い、[Refresh]をクリックすると下記のようにRemoteAppで公開設定されているアイコンが表示される。

今回はURLはhttps://サーバ名/RDWeb/までしか入れていない。~/Feed/webfeed.aspxは自動補完された。

f:id:shigeo-t:20140606182808p:plain

今回はLibreOfficeを起動してみた。RemoteAppなので、ウィンドウの枠はWindowsのもの。IMEも右下に起動されている。

f:id:shigeo-t:20140606183103p:plain

ということで、デスクトップ接続もRemoteApp接続もどちらも使える。今回はRemoteAppではLibreOfficeをサンプルにしたが、仕事上メインはOS Xなのに、やはり仕事上どうしてもOfficeだけはMicrosoft OfficeWindows版という人も、このRD ClientでWindowsマシンに接続する形態ならMacだけを触っていればいいことになる。誰か(または自分の)のWindows PCにリモートデスクトップ接続すればいい。

ということで簡単なので是非!