いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


【小ネタ】Windows Terminalの色を変更する

Windows Terminalを使用する以前はbash.exeとかの色が非常に見にくかった。黒地に暗い赤とか濃い青とかアタマオカシイ。

shigeo-t.hatenablog.com

 

Windows Terminalではだいぶ改善されているので、そのままでも問題はない。しかし、複数OS使ってると間違えやすい。アイコンは別々のものが表示できるようにしたけど。

shigeo-t.hatenablog.com

 

そこで色を変えたいと思ったのだが、Microsoftのドキュメントが見つかった。

docs.microsoft.com

 

今回はCentOS用のターミナルとPowerShellのターミナルの色を変えてみる。触るのはいつも通りsettings.jsonWindows Terminalの∨マークをクリックし、[設定]を選択する。

 

PowerShell7の変更前設定はこちら。

            {
                "guid""{574e775e-4f2a-5b96-ac1e-a2962a402336}",
                "hidden"false,
                "name""PowerShell",
                "source""Windows.Terminal.PowershellCore"
            }

変更後はこちら。

            {
                "guid""{574e775e-4f2a-5b96-ac1e-a2962a402336}",
                "hidden"false,
                "name""PowerShell",
                "colorScheme""Campbell Powershell",
                "source""Windows.Terminal.PowershellCore"
            }

sshAWSにつないでいたのでLinuxの結果がほとんどだが、PS C:と見えているのでPowerShellである。PowerShell7でこの色を見たのは初めてかも。

f:id:shigeo-t:20201015122116p:plain

 

CentOSは白地の色にしたかったので、

            {
                "guid""{a8202b0e-781a-5dab-98e2-e9d469a63619}",
                "hidden"false,
                "name""CentOS7",
                "icon""C:\\Users\\shigeo-t\\Pictures\\ICON\\centos-icon.png",
                "source""Windows.Terminal.Wsl"
            },

One Half Lightにしてみた。

            {
                "guid""{a8202b0e-781a-5dab-98e2-e9d469a63619}",
                "hidden"false,
                "name""CentOS7",
                "icon""C:\\Users\\shigeo-t\\Pictures\\ICON\\centos-icon.png",
                "colorScheme""One Half Light",
                "source""Windows.Terminal.Wsl"
            },

まあまあこんなものだろう。

f:id:shigeo-t:20201015123014p:plain

 

というように簡単に色が変えられるし、Windows 10のWSLが見にくいので色を変える - いろいろやってみるにっきの時と比べて色のセットがまとも。独自配色も作れるので、ヒマならチクチク作ってみるのもいいかも。

[デザイン技法図鑑]ひと目でわかる配色デザインの基本。

[デザイン技法図鑑]ひと目でわかる配色デザインの基本。

  • 発売日: 2020/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)