読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


2017年の機種変更作戦 調査編

今年はAndroidスマホと家庭用の回線の更改時期を迎える。iPhone 6sはバッテリーの減りが早くなったが、まだ1年1か月目。来年更新なので今回の検討では対象外。というか、iPhoneの場合はその時の最新機種にするだけだし、費用面ではMNP先をどこにするかだけ。

Androidスマホの端末購入分の原資は作った。


Androidスマホ

何度か書いているが、そろそろヤバいTORQUE G01。

 

端末費用は払い終わり、auからMNPしてmineo契約である。mineoの場合、MNP転出手数料は13か月以上の契約ならいつでも同じ。

13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)となります。

mineoユーザーサポート|よくあるご質問|サービス検討中のお客さま 基本サービスに関するよくあるご質問|最低利用期間はありますか?

 そして、TORQUE G01用の契約はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20170116005744p:plain

つまり来月からはいつでも2,160円で転出可能。機種選定に当たっては、mineoにそのままいてもいいしMNPしてもいいということである。mineoはAプランだけでなくdocomo回線のDプランもあり、コース変更すればdocomo系の端末やau回線がNGあるいはちょい不安のあるSIMフリースマホも利用できる。同様のサービスはIIJmioにもある。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

 

そしてauの場合VoLTE専用SIMが別になっている。ちょっと面倒なことになっているので、au端末を選ぶのであればauに再MNPしようかと思っている。

SIMフリースマホを選択するのであれば、 mineoにステイ一択。docomo端末の場合は、白ロム端末の入手状況に応じてdocomoMNPかmineoにステイか選択する。一括で端末代払っておいて、割引・特典の時期や契約解除料などを総合的に計算してMNPdocomoにステイかを決めればいい。これを書いていて思いついたんだけど、iPhoneも計算してみようっと。

 

機種としての条件は下記。

FZ-N1はおサイフケータイが使えないことが判明したので、残念ながら候補からは消えた。

 

そうなると一番条件に合うのはTORQUE G02 ブルーである。

TORQUE G02自体は2015夏モデルだが、ブルーだけは2016夏にAndroid 6.0.1で出た。他の色は販売時点ではAndroid5.1、Android 6にアップデートはできる。ベースとしてはちょっと古い。そこが懸念点。

http://3.bp.blogspot.com/-rKE9s75M6qA/VixCN9kzHBI/AAAAAAAA0J8/FMLakbsk6RY/s800/smartphone_juuden_wireless.png

 

Qiは便利なんだよな。置くだけでいいんだもん。

パナソニック 無接点充電パッド ChargePadチャージパッド ブラック QE-TM101-K

パナソニック 無接点充電パッド ChargePadチャージパッド ブラック QE-TM101-K

 

 

いい比較ページを見つけた。過去機種を含めて1ページで比較できる。

 

今のところdocomo端末だと、Qiは無いけどXperia X Compactかなあ。 この頃の端末で4.xインチって少ない。

Sony Xperia X Compact ブラック F5321 [並行輸入品]
 

 

SIMフリースマホの場合は、一番のネックはおサイフケータイ。そこでおサイフケータイを最優先で調べてみた。比較ページはこちら。

Android 6.0で4.7インチだとAQUOS mini SH-M03。Qiも無いし耐衝撃でもないし

AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

 

 

今のところはこんな感じ。ちょっと古いけどTORQUE G02ってところか。もう少しTORQUE G01頑張ってくれると助かる。

 

家庭用回線

現在使用しているのは@nifty WiMAXである。

そして更新月は7月。

f:id:shigeo-t:20170116025948p:plain

@niftyはダイアルアップの頃から使ってきたが、ちょっとやめようかなと思っている。

当初KDDIっていう話だったので売却先を気にしていなかったが、キャリアや他のISPならともかく家電量販店ではいやだ。ノジマじゃなく他でも。日経だけなら「また日経か」の可能性もあるが、日経じゃなく時事や他紙も出ているので少し信憑性が上がった。


もし本当に売却先がノジマなら、WiMAXの更新期間になったら@niftyのメアドで登録しているサービスを調べ上げ、全部切り替えたら@niftyとはおさらば。

 

そして次。家庭用の回線なのだが、有線にする気は今のところない。借家だからいつでも引っ越しできるようにしておきたいし、工事だなんだはめんどくさい。そんなわけで、次はこれなんかいいんじゃないかなと思っている。

なかなかのスペックである。そして利用料は現状の@nifty契約のWiMAX2+ ギガ放題とそんなに変わらない。今は4,701円/月。

スペックはこんな感じ。

屋内専用の設計としてWi-Fiの通信性能を強化し、3LDK(70~80平米)の住宅を1台でカバーする。2.4GHz帯と5GHz帯同時に利用可能で、それぞれ20台ずつ、最大40台まで同時に接続できる。有線LANポートも2つ搭載する。

通信速度はWiMAX 2+で下り最大440Mbps、上り最大30Mbps(理論値、対応エリア内の場合)。4G LTEは800MHz帯と2GHz帯をサポートし、下り最大225Mbpsにて利用可能。

料金はこんな感じ。

料金プラン(2年契約の場合)
プラン名 WiMAX 2+ フラット for DATA EX WiMAX 2+ フラット for DATA
月額基本料 4880円
25カ月目まで4380円
4196円
25カ月目まで3696円
容量制限 WiMAXのみ利用時(ハイスピードモード):無制限
LTE利用時(ハイスピードプラスエリアモード):月間7GB
月間7GB

 

なおWiMAX2+は、速度制限の仕様が2月2日から変わる。

f:id:shigeo-t:20170116033317p:plain

今は暫定で速度制限時に5Mbpsくらいで使えている。というか、月間100GB超えていて、どうもこの頃2GB/日くらい使っているようなので、速度制限が外れている日はないw。それが2月2日以降は制限されると1Mbpsくらいまで絞られるが、18時から翌2時。オレの活動時間帯からすると、ほぼ制限なしで使えることになる。だって、だいたいネットをガンガン使う可能性がある活動時間帯は3時~18時だもん。まあ、多い日でも5~6GB/日くらい(OSのインストールイメージをダウンロード)なんだけど。

 

Speed Wi-Fi HOME L01もWiMAX2+のサービスが主なので、同じ制限なんだろうと思う。あとは、このHOME L01を扱う他のWiMAXサービスが出てきたら価格比較するくらい。多分コレを上回るスペックの家庭用WiMAXルータは出ないと思うし。