読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


『問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツール』ではInsider Previewを検出できない

Tech Tool Windows 10

メインマシンのThinkPad W530は、現在Insider Previewを適用していて14959である。そして14971が出てから、Insider PreviewのWindows UpdateBSoDでコケ、ロールバックして14959に戻ってしまう。

 一回あたり約3GB、毎度ダウンロードしてくれる。新しいビルドのUpdateは時間が掛かるのでマシンを使えない時間が長く、しかも失敗。とってもウザい。

 

そこで、名前が長いツールを使ってみることにした。

使用方法のスクリーンショットは、上記ページにきちんと準備されているので割愛。『問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツール』をダウンロードすると、エクスプローラー上ではこのような表記になる。cabファイルだがこのまま実行できる。

f:id:shigeo-t:20161124031614p:plain

 

現状、この『問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツール』ではInsider Previewを引っ掛けてくれない。

f:id:shigeo-t:20161124030752p:plain

とりあえず14971の間はアップデートしてもBSoDになるだけなので、Insider Preview ビルドの受け取りを停止して回避中。

f:id:shigeo-t:20161124031138p:plain

Insider Previewやめようかな。間違ってInsider Previewにしちゃっただけだし。