読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


ISOイメージがDVD-Rに収まらないサイズの時、USBメモリにブートイメージを作成する手順

Tech Windows 10 Tool ThinkPad

ThinkPad X200Vista x64だったのだが、SSDに換装したのにもうどうにも遅くなってきて、ここ1か月Ubuntuを動作させていた。しかし都合があってWindows Server 2012 R2のほうが良いということになり、ISOイメージをダウンロードしインストールDVDを作成しようとした。


ところが、最新のWindows Server 2012 R2のアップデート版は5GB超だった。せっかくブランクのDVD-RとDVDドライブを用意したのに、これでは焼けない。いつの間にこんなに肥大化したんだろう。ちなみにWindows Server 2016も5GB超だった。

  MSDN サブスクライバー ダウンロード

ウチの社の場合、BizSparkでライセンスを付与されているので、正規ライセンスでインストール可能。

 

 幸い、こないだmacOS Sierraのインストール用に作成した、8GBのUSB3.0メモリが使用済で手元にあった。ThinkPad W520で作成した。

 

手順は下記の通り。

  1. ISOイメージをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたISOをマウントする。右クリックでメニューに出るはず。ダブルクリックでもマウントできるかも。
  3. コマンドプロンプトを管理者モードで起動する。Windows 8以降の場合は簡単で、Windowsキー+[X]でメニューが出るので、そこから起動する。

    f:id:shigeo-t:20161102040221p:plain

  4. USBメモリを挿す
  5. diskpartコマンドを実行

    f:id:shigeo-t:20161102040455p:plain

  6. list diskコマンドで一覧を出す

    f:id:shigeo-t:20161102040616p:plain

  7. この例ではディスク 4がUSBメモリなので、ディスク 4を選択する。

    f:id:shigeo-t:20161102040724p:plain

  8. 選択されていることをlist diskで確認する。先頭に*が付いている。

    f:id:shigeo-t:20161102040826p:plain

  9. cleanで初期化する

    f:id:shigeo-t:20161102041118p:plain

  10. プライマリパーティションを作成する

    f:id:shigeo-t:20161102041954p:plain

  11. パーティションを選択する

    f:id:shigeo-t:20161102042226p:plain

  12. パーティションの選択を確認する

    f:id:shigeo-t:20161102042303p:plain

  13. アクティブ化する

    f:id:shigeo-t:20161102042337p:plain

  14. exFATで(クイック)フォーマットする

    f:id:shigeo-t:20161102042436p:plain

  15. list volumeで確認する

    f:id:shigeo-t:20161102043140p:plain

  16. diskpartコマンドを終了する
  17. robocopy {マウントしたISOのドライブ} {USBメモリ} /s /e /r:1 /w:1コマンドでISOイメージをコピー

    f:id:shigeo-t:20161102045037p:plain
    (中略)

    f:id:shigeo-t:20161102045124p:plain

  18. bootsect /nt60 {USBメモリ} コマンドでブートセクタを更新

    f:id:shigeo-t:20161102045211p:plain

 

以上である。install.wimが4GB超なのでフォーマットはFAT32ではダメ。NTFSだとUEFIマシンで使用できないことがある。そこでexFATである。

 

これをX200に挿してブートしたところ、きちんとOSインストールできた。ただ、5GB超のISOイメージなのにWindows Updateを掛けたら全部で214個もアップデート項目があった\(^o^)/。ダウンロード速度が200Mbps以上の環境なのに、HDDだったためか2時間以上も掛かった\(^o^)/。余っているSSDにしておくんだった。

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

 
MICROSOFT WINDOWSコマンドライン活用ガイド (マイクロソフト公式解説書)

MICROSOFT WINDOWSコマンドライン活用ガイド (マイクロソフト公式解説書)