いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


『法人口座作れた』と『定額小為替って』

ようやく一山超えた感じ。

前日法務局で履歴事項証明書を交付してもらったので、口座開設のために信金に行ったのだった。「後日連絡」っていうのは翌日だった。 

法人のほうの銀行印など、持つ物持ってすぐに信金へ。店頭は空いてて、待ち時間23秒で窓口へ。

窓口で受け取った口座開設の書類(なんと個人と一緒だった(;・∀・))と、預け入れの申請書を記入し提出。

家で色々別の事をしながら待ってた。

 さらに待つ。

 行くと窓口混んでた。30分でできないわけね。申請書類の不備を色々訂正してキャッシュカードの暗証番号を設定し、通帳を受け取った。カード到着は10日ほど掛かるとのこと。

インターネットバンキングの申込もしたい旨を告げると、なぞの回答が。

用紙だけでも貰いたいとお願いすると、

という結末。郵送してもらうことにした。何を根拠に取引1ヶ月後ということにしているのか分からないけど、金融庁の指導ではないだろう。だって同じことがネットバンクで言われたら、口座できても中身見れないw。カード到着もギリ年内。資本金を移動したら通帳持って信金へということか。めんどくさい。

この時期ならカレンダー貰えると思ったのに(´・ω・`)

バンカーズストーリー ―信用金庫はおもしろい!

バンカーズストーリー ―信用金庫はおもしろい!

 

 

その足で郵便局へ。切手と定額小為替(ていがくこがわせ)の購入のため。窓口違うのね。窓口で「定額小為替、〇〇円のを△枚」では買えない。購入の申請書(住所、氏名等の記入)要。

f:id:shigeo-t:20141219032907j:plain

右の小片、定額小為替金受領証書にあるように300円の定額小為替を書くと料金は100円。ということで300円の定額小為替を買うと400円。ちなみにこの料金は定額小為替の全金種で同じ。50円の定額小為替でも料金は100円。ヤバイww

てなわけで、タイトルの『定額小為替って』は、

だった。  

郵便局へ行こう!

郵便局へ行こう!