いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


法務局に行って交付を受けてきたよ。今回も歩いて。

法人登記は提出→(何か不備があれば呼び出し,訂正・再提出)→登記完了ということだった。

f:id:shigeo-t:20141218042111j:plain

ということで12月17日に行けば登記が完了していて、 色々交付を受けられる。せっかくチョイモビに乗れるようになったので、チョイモビで行こうかと思ったのだが、近隣のステーションに空車が無い。またまた歩いていくことにした。

11時頃に出発。この時点(朝の散歩)で8,854歩。

 向かい風で寒かったが黙々と歩いて到着。

 入館して印紙を購入。

 印鑑カードの交付を受け、履歴事項証明書、印鑑証明書の交付を受けた。

履歴事項証明書だが、昔の言い方だと「登記簿謄本」になるのかな。システム化された時に呼称が変わったらしい。色んな申請まわりで「登記簿謄本」って書いてあるけど、変わってからしばらく経つので、修正しておいて欲しいよね。

 

続いて古物営業許可申請に必要な「登記されていないことの証明書」も交付を受けていくことに。近い(徒歩30分ww)とはいえ、何度も法務局に来るのは時間も掛かるし。法人登記廻りは横浜地方法務局の場合横浜第2合同庁舎6階、「登記されていないことの証明書」は同じ庁舎の7階。階段を上がる。

上のツイートは証明申請書を書く前に撮った写真を使ったのだが、7階に上がって申請書を書いたら、印紙販売所は6階にしかないとのこと。下調べ不足である。6階に戻って印紙を購入して申請書に貼付けをし提出。

補足するとこの「登記されていないことの証明書」 という謎の証明書名、なんの登記かが無いのでわかりにくいのだが、自分に成年後見人などが選任されていない=一般的な判断能力を持つよということの証明である。

こちらも交付を受けたので帰宅の途に。

帰りも向かい風。何故だ。何故行き帰り両方向かい風なんだ。

今回の法務局往復は9,020歩。前回は周回コースで9,476歩。456歩差だった。

続いて法人口座開設のため、某金融機関の窓口へ。家からは徒歩30秒。当然歩いていく。 

そう言えば、ATMはたまに使うけど窓口は使ったこと無かった。3つの窓口なのだが、まともに稼働しているのは1つ。後方事務、上席はほぼ全員いるのに、なぜ窓口は1つしか稼働していないんだろう。

このあと大分待たされてようやく法人口座を開設したい旨を告げる。ここで少しムカっとする。金融機関の選定理由が「近いから」というのはダメなのか?話が噛みあわない。よそに行ってほしいのか?メインバンクをお宅にしますというのはいけないのか?オレだからかw?

去年法人口座の事を調べた時にも思ったんだけど、こことは別の某信金でもなんかムカっと来たんだよね。 きちんと説明してくれないし、なんか迷惑そう。メガバンクではきちんと説明してくれたのに。 

記入して欲しいという申請書類に書き込むが、なんか全部少しノイズがあるコピー。全部書いて持って行くと、氏名欄をさして「ここには社名と代表取締役を頭に付けてください」ですと。氏名欄なんだから特に説明が無ければ氏名しか書かないだろう、普通。先に言えよ。またムカつく。隙間ないところにそんな文字数書けないので苦労した。

ちょっと待たされて「本日はここまでです。開設については(開設できるということなら)連絡します」で終了。連絡、いつなんだよ。どうせ本店に廻すので、窓口の人では「〇日くらいです」みたいなあやふやな回答しかできないんだろうけど。

 

このあと、プールに行ったりスーパー寄って買い物したりで、家の中(もちろんプールの中も)では歩数計をつけていないのにこの歩数。

まああんまり疲れてないですけど。 

歩くとなぜいいか? (PHP文庫)

歩くとなぜいいか? (PHP文庫)

 
歩けば歩くほど人は若返る

歩けば歩くほど人は若返る

 

 ニャー

f:id:shigeo-t:20141218052823j:plain