いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Windows Admin CenterでServer Coreマシンのセットアップ その2

リモートデスクトップサービス(Remote Desktop Service:RDS)をインストールしようとして失敗した前回。

 

 

今回はGUI無しでも問題なく動くであろうHyper-Vを入れてみようと思う。このServer CoreはVMware Workstation Playerで動いているんだけどw

 

目次

 

Hyper-Vのインストール

Windows Server Coreの役割や機能をWindows Admin Centerで参照する。使用可能である。

f:id:shigeo-t:20201221102513p:plain

早速選択して☑を入れる。

f:id:shigeo-t:20201221102641p:plain

「役割と機能のインストール」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201221102734p:plain

「必要に応じてサーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れ、[はい]をクリックする。メッセージが表示される。

f:id:shigeo-t:20201221102835p:plain

しばらく92%から動かなかったが、もう一度インストール操作をすると完了メッセージが出た。92%のメッセージが残っている。

f:id:shigeo-t:20201221103909p:plain

もちろんインストール済になっている。

f:id:shigeo-t:20201221104012p:plain

 

Hyper-Vを使ってみる

PowerShell ISEが必要らしい

コマンドが分からないのでMicrosoftのリファレンスを参照。

docs.microsoft.com

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックし、「PowerShell」と入力します。
  2. 次のコマンドを実行すると、Hyper-V PowerShell モジュールで利用できる PowerShell コマンドの検索可能な一覧が表示されます


Get-Command -Module hyper-v | Out-GridView

ところがWindows Admin CenterのPowerShellを使うと「リモートセッションでは使用できません。」と怒られてしまう。

f:id:shigeo-t:20201221110112p:plain

 

そこでマシン側でPowerShellを起動しコマンド入力。今度はPowerShell ISEが必要らしい。

f:id:shigeo-t:20201221110817p:plain

 

説明を見てみる。

Windows PowerShell ISE を開始するには
[スタート] をクリックし、 [Windows PowerShell] を選択して、 [Windows PowerShell ISE] をクリックします。 代わりに、任意のコマンド シェルまたは [実行] ボックスに powershell_ise.exe を入力することも可能です。

コマンドを入れてみた。

f:id:shigeo-t:20201221111518p:plain

無いらしい。しかも、

owerShell ISE は、アクティブな機能開発の対象ではなくなりました。 Windows に付属するコンポーネントとして、セキュリティや優先順位の高いサービスに関する修正プログラムが引き続き公式でサポートされます。 現在、Windows から ISE が削除される予定はありません。
PowerShell v6 以降では、ISE はサポートされていません。 ISE の代替をお探しのユーザーは、PowerShell 拡張機能と共に Visual Studio Code を使用することをお勧めします。

だそうだ。Server CoreのPowerShellはバージョンアップしていないので5.1であるが見つからないのなら仕方ない。

f:id:shigeo-t:20201221111810p:plain

 

Windows Admin Centerで接続し直したら「仮想スイッチ」「仮想マシン」が現れた

役割と機能のインストールでは再起動が掛からなかった。そのままでは「仮想スイッチ」「仮想マシン」は追加されなかったが、接続し直すと追加されてた。

f:id:shigeo-t:20201221112152p:plainf:id:shigeo-t:20201221112212p:plain

 

Windows Admin CenterでOSをインストールする

「仮想スイッチ」「仮想マシン」が追加されないからPowerShellでいいやと思ったのが間違いだった。元々の検証目的に沿ってWindows Admin Centerを使ってOSインストールを行う。今回は軽量LinuxであるArch Linuxをインストールしてみる。すでにPC側でダウンロードし、NAS経由でコピー済のところからスタート。そういえば、Windows Admin Centerでファイルコピーできるんだった。

 

仮想スイッチの追加

仮想スイッチが無いので作成する。今回は適当。

f:id:shigeo-t:20201221112849p:plain

問題無さそう。

f:id:shigeo-t:20201221112913p:plain

 

仮想マシン作成

第1世代で作ってみる。入れ子に☑。

f:id:shigeo-t:20201221113034p:plain

f:id:shigeo-t:20201221113105p:plain

記憶域を追加し、OSのインストール用にISOを指定。ISOは画像ファイルじゃねーよ。Image Fileの直訳なんだろうけど。

f:id:shigeo-t:20201221113329p:plain

[作成]を押してみる。メッセージが出た。

f:id:shigeo-t:20201221113407p:plain

そして正常に作成されましたになった。

f:id:shigeo-t:20201221113439p:plain

まだ作成されただけのようだ。

f:id:shigeo-t:20201221113528p:plain

 

Arch Linuxのインストールは失敗

人生初のArch Linuxのインストール(Dockerでは使ったことあるはず)、Hyper-Vとは思わなかった。電源を入れる。

f:id:shigeo-t:20201221113658p:plain

f:id:shigeo-t:20201221113713p:plain

失敗w

f:id:shigeo-t:20201221113745p:plain

 

イベントを見る

色々確認していく。Windows Admin Centerでイベントを探す。これ?

f:id:shigeo-t:20201221114557p:plain

詳細を見ても分からない。

f:id:shigeo-t:20201221115119p:plain

20144で調べてみる。2度起動してみて同じイベントIDなので20144で間違いないだろう。

social.technet.microsoft.com

The problem was with the virtual switch and has since been resolved.

仮想スイッチが悪いって書いてある。

 

仮想スイッチをもう1つ追加

仮想スイッチをもう1つ作って入れ替える。今度は外部にする。

f:id:shigeo-t:20201221115430p:plain

内部を作った時にはすぐにできたのに、時間がかかって失敗した。

f:id:shigeo-t:20201221115736p:plain

仕方ないのでプライベートを作成する。

f:id:shigeo-t:20201221115842p:plain

今度は作成できた。

f:id:shigeo-t:20201221115917p:plain

 

仮想スイッチを変更

 仮想マシンを設定で開く。

f:id:shigeo-t:20201221120047p:plain

ネットワークを開く。

f:id:shigeo-t:20201221120114p:plain

Privateに変更。

f:id:shigeo-t:20201221120730p:plain

変わらず。

f:id:shigeo-t:20201221120918p:plain

 

ネットワーク無しにしてみた

NICを削った。

f:id:shigeo-t:20201221124638p:plain

起動してみるも、やはりダメ。

f:id:shigeo-t:20201221124748p:plain

 

入れ子だからか?

VMware Workstation Playerの上にServer Coreがある。そこでHyper-Vを使うので入れ子である。

www.it-swarm-ja.tech

うーん。

f:id:shigeo-t:20201221125320p:plain

手詰まり。BIOS設定でONにしているはずなのに未対応判定。

f:id:shigeo-t:20201223114130p:plain

 

あきらめる

うーんわかんない。インストールは一度諦める。vhdxファイルが作成されていることは確認した。

f:id:shigeo-t:20201221122143p:plain

Powershell でも確認。

f:id:shigeo-t:20201221122544p:plain


Hyper-Vの操作はでき、vhdxファイルもできている。役割と機能としてはインストールできているのは間違いないし、Windows Admin CenterからHyper-Vの作成操作ができることも確認できた。


ひとまずHyper-V マネージャーで操作しようとしたが

なんでこううまくいかんのか。Hyper-V マネージャーでServer Coreに接続しようとするとこんなダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201221123452p:plain

そこで調べてEnable-WSManCredSSP -Role Serverを実行。

f:id:shigeo-t:20201221123851p:plain

しかし変わらず。

f:id:shigeo-t:20201221124412p:plain

 

結論

ということでHyper-Vで使うにはちょっと不便という結論。VMじゃなきゃエラーにならないんだろうけど。

 

PCは余っているので実機でServer Coreマシンを作るという手はある。