いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


appear.inをペットカメラにする作戦その3

 appear.inをペットカメラにする作戦、もしかすると諦めるかも。

 

 

実際にはWebRTCで自前で作る予定なのだが、今デモできるのはappear.inということで、家の中をデモでつないだ。家の明かりを点けたらウケた。

 

FireのほうはSilkブラウザがよくないのかもと思い、Chromeをダウンロード。Chromeでappear.inに接続した。

 

 

デモの際はスクリーンショットは撮る余裕が無かったが、でも終了後も安定していた。

しかし、17:11何か音がしたような気がしたので見てみるとぐるぐる。

f:id:shigeo-t:20181019171317p:plain

17:41、30分経ったので確認してもぐるぐる。

f:id:shigeo-t:20181019174330p:plain

諦めて[F5]。Fireのほうは一瞬画面が出たがエラーメッセージ。

f:id:shigeo-t:20181019174547p:plain

2度目の[F5]。Fireのほうはエラーだが、Xperiaは復活?

f:id:shigeo-t:20181019174714p:plain

と思ったら黒い\(^o^)/

f:id:shigeo-t:20181019174754p:plain

 

Xperia TabletもFireのほうもこれまでと同じでなんかのはずみで切れてしまう。Zoomの時には仕様で終了することはあっても、仕様上問題なければなにがあってもつながってくれる。有人であれば問題ない程度の話だが、無人で動かすにはブラウザ頼みというのは少し不安定である。

 

そこでZoomの時にはTeamVIewer Hostを試したが、今度はAirDroid/AirMirrorを試してみることにした。

AirDroid プレミアム 3年版

AirDroid プレミアム 3年版

 

 

もちろん、追加のお金を発生させずという条件は一緒なので、フリー版で行ける範囲内である。

AirDroid: Remote access & File

AirDroid: Remote access & File

 
AirMirror-Remote control devices

AirMirror-Remote control devices

 

 

詳細は別途書くかもしれないが今回は割愛。結論から言うと、Fireはリモート接続できる。Xperia TabletはOSがAndroid 4.4.2と古いせいかリモート接続そのものがうまくいかない。

その上でappear.inの接続が切れたタイミングでリモート操作できるのかだが、2度目以降の接続はこのダイアログと

f:id:shigeo-t:20181022120815p:plain

このダイアログが出て先に進まなくなってしまった。

f:id:shigeo-t:20181022121035p:plain

もちろん、USBデバッグは有効にしている。他のリモートアプリも探してみたが、無償の範囲がUSB接続必須だったりするので、今回の用途には合致しない。

そんなわけで、最後に一つ今までやっていないパターンを試してみようと思う。