いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Chrome Remote DesktopでUbuntuに接続

Ubuntu相手に接続してみたところ、色々厄介な感じになったのでメモ。

 

 

Ubuntuマシンに初接続すると、このようなダイアログが出る。

f:id:shigeo-t:20191119144029p:plain

 

デフォルトを選ぶとこのようにXが動いているだけの画面が表示される。

f:id:shigeo-t:20191119144131p:plain

 

[アクティビティ]をクリックするとメニューなどが表示される。

f:id:shigeo-t:20191119144233p:plain

 

通常使用する分には問題ないが、認証要求ダイアログがリモート元画面に表示される。

しかも、Chrome Remote Desktopにはこれしか設定がない。

f:id:shigeo-t:20191119144952p:plain

 

一度消して再度リモート設定をすると選択画面が再び表示されるので、Ubuntuのほうを選択する。リモート元をリブートしても出るかもしれない。

f:id:shigeo-t:20191119145327p:plain

 

今度はログインしたての画面が表示される。リモート元のログインはそのままである。

f:id:shigeo-t:20191119145416p:plain

 

そしてやっぱりリモート元の画面の方に認証要求ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20191119145858p:plain

 

リモート元を再起動し、そちらではログインせずにChrome リモートデスクトップでログインをしたところ、今度はChrome Remote Desktop側に認証要求ダイアログが表示された。

f:id:shigeo-t:20191119150411p:plain

 

というわけで、Chrome Remote DesktopでUbuntuを操作するなら、リモート元マシンへのログインに最初にログインするのはChrome Remote Desktopからにしたほうがよさそう。

お試し Ubuntu

お試し Ubuntu