いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


オールアースwwwwwww

ちょっと簡単に書けるネタを。また久しぶりにネタの宝庫オールアース。また草増えたw

 

FAQの電化製品を選んでみたら、最初の項目から鼻水出たw

1) 電子レンジからのマイクロ波を防ぐ方法はありますか

電子レンジからマイクロ波が漏洩することはありません。
電子レンジの問題点は、前面の右下にあるトランスから強い磁場が発生するため、スイッチを入れたら30cmくらいまでの距離をおくことが必要です。
ですから、スイッチを入れたら30cm離れることが対策です。

 

え?漏洩しない?

 

No.32 マイクロ波技術と電子レンジ|電気と磁気の?(はてな)館|TDK Techno Magazine

物体の温度は構成する粒子(分子や原子など)の振動の度合によって決まります。加熱によって温度が高まるのは、粒子の振動がより激しくなるからです。電子レンジは英語でマイクロウェーブ・オーブン(microwave oven)というように、食品に含まれる水分子をマイクロ波(2.4GHz)で振動させることで加熱します。

http://www.tdk.co.jp/techmag/inductive/200811/img/ind081101.gif

電子レンジの内部がステンレスなどの金属で覆われているのは、電波をよく反射させるためと、電波漏れを防止するシールドが目的です。電波漏れを起こすと無線LANIEEE802.11b/g製品)の電波と干渉する場合もあります。電子レンジを使うたびに無線LANが切断したり、通信速度が遅くなるといった症状が出たら、電子レンジの不具合を疑ってみるべきでしょう。

(太字下線はオレ)

この(はてな)館は、あの「はてな」とは違うらしい。というより漏洩するよねって書いてある。オレならTDKのほうを信じる。

 

というか、自分で実験したんだったw

漏れてますがな。そしてやっすい電子レンジのせいでお昼休みに無線LANが切れまくるオフィスも存在しますって。

 

オールアース住宅の場合、携帯電話とか無線LANとか電子レンジとか、家庭内に存在する機器から漏れていると都合悪いもんな。

5) オールアース住宅は壁内の配線からの電磁波を抑えることに主眼が置かれているようですが、家庭内で使用する電化製品については、効果は無いのでしょうか。

オールアースの目的は建物自体から発生する電磁波(電場)を抑制することです。電磁波は、発生している機器にダイレクトに対策を講じなければ抑制はできませんので、それぞれの家電製品にも対策が必要です。ただ、床(壁、天井)へオールアースの施工がされていることで、家電製品から発生している電場が床(壁、天井)に伝播しにくくなるということはあります。なお家電製品については、全ての機器に対策が必要ということではなく、距離をとることが難しい機器に対してのみ必要ということをご留意ください。

伝搬ww。なにを言っているのかよくわからないけどw、アースに実効上効果があるとしても家の中に強烈なものがあるとオールアースの意味がないわけだし。

 

いや、ほかの項目もなかなかである。

2) ホットカーペットは電磁波が強いと聞いたので、先に暖めて、座る前にスイッチを切っています。

電磁波は、コンセントに電源プラグを差し込んだときに電場、スイッチオンで磁場が発生します。
せっかくスイッチを切ってもコンセントを抜かなければ電場は常に伝播していますので、ホットカーペットの上にいるときは、出来るだけコンセントを抜いてください。
また、弊社では電場・磁場とも抑制したホットカーペットを取り扱っております。

抑制www。ホットカーペット、こたつ、電気毛布とかなら電磁波は無視できる数値だろ。電磁界は電流の大きさに比例するけど。コンセントを抜くと暖かくならないけど省エネだねっ! 

パナソニック ホットカーペット 本体 ~2畳相当 DC-2NK
 

 

オレはOAエプロンも実験したぞ。

4) オフィスで電磁波シールドエプロンを使っているのですが・・・

エプロンのように布だけで電磁波をカットするのは不可能ですが、電磁波を吸収する素材で、アースをとれるものであれば有効です。オフィスでお使いのパソコンからの影響を軽減するなら、まずパソコンをアースをすることと、ブラウン管ではなく液晶のモニターを使うことです。

3点リーダ「…」使え。それはともかくOAエプロンは効くぞ。

 

というわけで、なんだかわからないけどアースすげえ。