いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Project Server 2013を使ってみることにした その2

前回までのあらすじ

プロジェクト管理としてRedmineを立ち上げようと、インストールを試してみたのだが、準備作業までは順調なのに肝心のRedmineでつまづく。

ならばBizSparkを活用してProject Server 2013を使おうということにした。特にドキュメントも読まず、元々持っていたWindows Server 2012 R2に適当にインストールを始めた。そこで分かったのはProject Server 2013を動かすためには、同じWindows Server上にSharePoint Server 2013 Enterprise Editionが必要ということが分かった。 

今回も泥縄

SharePoint Server 2013 Enterprise Editionをインストールしてみる。ダウンロードしておいたISOファイルをマウントし、インストーラを起動する。

SharePoint Server 2013 Enterprise Editionのインストール

起動すると、スプラッシュ画面にメニュー表示されている。

f:id:shigeo-t:20150721025259p:plain

f:id:shigeo-t:20150721025342p:plain

準備の項は飛ばして「ソフトウェア必須コンポーネントのインストール(P)」をクリックする。製品準備ツールウィザードが表示される。[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721025431p:plain

ほんの数秒で完了し再起動待ちになる。[ 完了 ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721025619p:plain

Windows Server再起動後、製品準備ツール自動起動される。

f:id:shigeo-t:20150721025708p:plain

これも1分ほどでインストール完了に。[ 完了 ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721025822p:plain

いよいよSharePoint Server 2013 Enterprise Editionのインストール。スプラッシュ画面でメニューから「SharePoint Server のインストール(I)」をクリック。Project Serverのときはここで”SharePoint Server 2013 Enterprise Editionが必要"という画面が出てリジェクトされたのだが、ここではウィザードはプロダクトキーの入力である。確保しておいたものを入力して[ 続行(C) ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721030310p:plain

ひとまず「完全(C)」のほうを選んでみる。

f:id:shigeo-t:20150721030432p:plain

インストールが進む。

f:id:shigeo-t:20150721030450p:plain

インストールはひとまず完了したようだ。[ 閉じる(C) ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721030645p:plain

そのまま製品構成ウィザードが起動される。[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721030754p:plain

IISなどを開始またはリセットするというダイアログが表示される。[ はい(Y) ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721030902p:plain

今回は新規なので「新しいサーバー ファームの作成(R)」を選択し、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150721031011p:plain

構成データベースの設定などを入力する。

f:id:shigeo-t:20150721031112p:plain

どうしてもドメインに参加しなければならないようだ。適当に動いているWindows Serverを使ったのでドメイン参加していなかった。冷静に読めば戻ってスタンドアロンを選択するという手もある(ここまでは”完全”を選択)のだが、ひとまず使っているWindows Serverをドメイン参加させることにした。

f:id:shigeo-t:20150721031335p:plain

もとのウィザードで[キャンセル(C)]をクリックすると、終了確認と製品構成ウィザードの起動方法のダイアログが表示される。[ はい(Y) ]をクリックして終了する。

f:id:shigeo-t:20150721031852p:plain

次に備えてスタート画面を確認しておく。確かにShare Point 2013 製品構成…がある。

f:id:shigeo-t:20150721032011p:plain

次回

なんとかSharePointのインストールを終わらせたい。次回も適当に進めるけど。

Crucial 内蔵 SSD 2.5インチ MX100 512GB SATAIII CT512MX100SSD1

Crucial 内蔵 SSD 2.5インチ MX100 512GB SATAIII CT512MX100SSD1

 
Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S

Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S