いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Chrome Remote DesktopのiOS版が出たので動作チェック

オレの環境だと、接続先と接続元のネットワークが違うと接続できていないので、あまり期待していないChrome Remote Desktop。当初のアナウンスではiOS版2014年中ということだったが、ようやく出たらしいので動作チェック。 

ね、過去記事の冒頭でも「iOS版も年内に」って書いてあるのが見えるでしょ。

 

前回は【接続先】Mac mini─【接続元】Android Tablet(ThinkPad Tablet)、Windows(ThinkPad W520)で接続確認した。今回は【接続先】ThinkPad X220(Windows 8.1)─【接続元】iPad Airで接続確認する。

iOS側のインストール→Windows側設定→iOSからの接続の順で記述する。接続先の設定が終わっている場合はWindows側設定を飛ばして読んでも問題ない。

iOSChrome Remote Desktopアプリインストール

App StoreChrome Remote Desktopを検索し、[入手]をタップする。

f:id:shigeo-t:20150114051920p:plain

f:id:shigeo-t:20150114052002p:plain

インストールが終わったら、[開く]をタップする。

f:id:shigeo-t:20150114052015p:plain

白地の中央に[ログイン]という殺風景な画面に変わる。ここでGoogleアカウントのログインである。すでに当該iOSGoogleアカウントを使用している場合は選択するだけでログインできる。

f:id:shigeo-t:20150114052229p:plain

WindowsChrome Remote Desktop設定

インストール

前回はOS Xだったので今回はWindowsでおさらい。Chrome Web Storeを開く。Chrome Remote Desktopを検索し、[ + 無料 ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150114050209p:plain

確認のダイアログが表示されるので[追加]をクリック。

f:id:shigeo-t:20150114050354p:plain

ChomeアプリにChrome リモートデスクトップが追加される。

f:id:shigeo-t:20150114050433p:plain

「マイパソコン」の設定

 Chrome Remote Desktopを起動する。[続行]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150114050604p:plain

[承認する]をクリックする。今回の設定ではこの繰り返しが3回だった。

f:id:shigeo-t:20150114050643p:plain

「リモート サポート」と「マイ パソコン」があるが、今回は「マイ パソコン」を設定する。[利用を開始]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150114050859p:plain

[リモート接続を有効にする]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150114050947p:plain

インストーラがダウンロードされる。

f:id:shigeo-t:20150114051030p:plain

msiファイルをクリックするとインストーラが起動される。UACが動くので[はい]をクリックして先に進める。

f:id:shigeo-t:20150114051125p:plain

インストールが終わったら、[OK]をクリックする。f:id:shigeo-t:20150114051030p:plain

4月に使った時も桁数が表示されていなかったが、今回も必要な桁数が表示されない。6桁以上のPIN(数字)を決め、入力する。このあとUACが動く。

f:id:shigeo-t:20150114051340p:plain

リモートデスクトップが有効化される。

f:id:shigeo-t:20150114051418p:plain

先ほどと同じPINを入力する。

f:id:shigeo-t:20150114051450p:plain

有効になったので[OK]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150114051522p:plain

これで準備完了。リモートデスクトップの受付をやめたいときは[リモート接続を無効にする]をクリックすればよい。

f:id:shigeo-t:20150114051635p:plain

iOSChrome Remote Desktopアプリからの接続

上のiOSでのGoogleアカウントのログイン、WindowsChromeで設定に使ったGoogleアカウントが同一であれば、下のように接続できるPCが候補として表示される。

f:id:shigeo-t:20150114052448p:plain

タップすると、PIN入力画面に切り替わる。

f:id:shigeo-t:20150114052525p:plain

「マイ パソコン」として設定したWindowsに接続される。表示だがThinkPad X220が1366x768だが横方向は収まっておらず、スクロールして表示する形になっている。

f:id:shigeo-t:20150114052728p:plain

上に表示されているマウスアイコンをタップしてみた。マウスカーソルが中央に表示された。

f:id:shigeo-t:20150114052853p:plain

こんどはキーボードアイコンをタップしてみた。

f:id:shigeo-t:20150114053018p:plain

今度はキーボードアイコン右の□アイコンをタップしてみた。上のメニューが消える。この状態で黒地右のアイコンをタップするとメニューが再表示される。

f:id:shigeo-t:20150114053130p:plain

さらに右の:アイコンをタップするとこのようにメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20150114053330p:plain

ということで横1366でさえ、きちんと表示できないことが分かる。基本的な操作には問題ないだろう。この出来栄えでAndroid版から半年以上の時間が掛かったのは、iOSマウスカーソルが無いせいかもしれない。

 

ここまではThinkPad X220とiPad Airを同じネットワークに接続していた。iPad Airをモバイルルータ(auLTE回線)に変えてみた。こんなメッセージや、

f:id:shigeo-t:20150114053733p:plain

こんなメッセージで、

f:id:shigeo-t:20150114053757p:plain

接続できない。Windows側もiOS側も特に設定できる項目は無いし、これ以上の詳細な情報は存在しない。そういうわけで相変わらずオレの使える環境では、異なるネットワークだと接続できていない。

というわけなので、自宅内(同一LAN)とかならいいのだが、出先から接続する用途には使えない。 

まとめ

今のところ、ネットワークを問わずiOSなどからWindowsMacに接続したいのであれば、TeamViewerがお勧め。個人利用なら無償。AnyDeskはまだWindows同士のみ。 画面も全画面表示してくれるのでスクロール無しで使え、イライラしないし。