いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


PCデスクの照明の証明

すでに外気温が30℃を超えているので外に出たくないです(挨拶)。7月でこんなに暑かったら12月には50℃超えるんじゃないのかと危惧しております。

 

目が衰えてきている(参照:老眼鏡買ったった)ので、照明には気を使うことにした。なんと言ってもデスクに向かっている間はずーっと点灯しているわけで、m&m'sのようにお口で溶けて手に溶けないという相反する条件をクリアする必要がある。

条件としては以下とした。

  1. LED(できるだけ省電力&眼にやさしいもの) 
  2. クランプで固定できる
  3. 調光可能
  4. 下アームが400mm以上

下アームを400mm以上としたのは、ディスプレイのZR2240wを横表示で使ったときに高さ367(低)~ 457(高)mmというスペックなので、ディスプレイの後ろ側にライトを固定して使えるようにと考えたためである。ところがこれを探すのは非常に難しい。例えば価格.comだと条件で絞り込みができない(実際にスタンドライト・クランプまで絞った)。coneco.netもこんな感じ。アームの長さを調べるためには各メーカーのサイトで仕様を調べる必要がある。

などと相当苦労したので、いくつかメーカーを絞ってメーカーサイトの中で条件に合いそうなものをピックアップしていくことにした。

 

まずはZ-LIGHTだろということで山田照明。ところがそのサイトが(以下91文字消去)。ええくじけました。インデックスのページでは全体の形状さえ判らない商品がある。全部クリックして開けってことか?

次にLEDといえばNECか?ということでNECライティングサイトへ。担当者は明りのない暗闇で死ねばいいのに。なんのためにおまえら複数モデル作り分けしてるんだよ。なんか理由があって複数モデルをラインナップしてるんだろ、購入希望者に違いがわかるようにしとけよ。しまった消さずに書いてしまった。一応全体の形状が判る写真を使っているだけマシか。

 

情報デザインを知らないやつに商品サイトまかすなよとか思いながら、次はPanasonicようやくまともなサイトにヒット。複数モデル出しているんだから、こういう風にバリュープロポジションがないと買うべきものがわからない。

でもクランプのやつがSQ-LC520しかない(´・ω・`)。下アーム360mmだとZR2240wを背面から超えてくれない(´・ω・`)。他の条件は合致してるし、6か所も可動部分があって細かく調整できる(SQ-LC520特長)。モノとしてはコレでいいかという気もする。ここでもう一度山田照明に戻るか他を探すか設置条件を再検討するか。

 

設置条件を見直すことにした。元々PCデスクの中央からライトを出すつもりだったので400mm以上で考えていたが、PCデスクの左隣にあるカウンターテーブルに設置すれば条件が緩和される。PCデスクとカウンターテーブルの高低差は190mm。これなら下アーム360mmでも余裕でZR2240wを超える。てなわけでSQ-LC520(商品情報)にした。色はCoolなシルバー。

 

 

 設置してみると6か所の可動部分をフル活用でき、実に使いやすい。電源スイッチと調光スイッチがディスプレイの裏側に少し隠れる感じで押しにくいが、オレしか使わないので問題なし。ライト部分を水平にしたまま高低を変えたり、前後に回転させたりすることができる。PCを利用している時は5段階の一番暗い状態(20%)でOK。書き物をするときは周りの明るさに合わせて100%か80%で使っている。

水平 スイッチ ライト 利用状態 

 

 スタンドライトだけでこんなに書くのもどうかしている気がするwでも、実にいいですよSQ-LC520-S