いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


老眼鏡買ったった

空調が効いた部屋の中はすごしやすいですよ(挨拶)。今日も順調に30℃を超えているじゃないですか。通勤が無いというのは素晴らしい。

 

もともと遠視気味で両眼1.2を下ったことが無く、高校卒業位までは視力2.0、会社入ってからも両眼1.5が続いていた。まともに働いていないことがよくわかる。

ところがここ2年くらい、かすみ眼で全く字が読めない日があったので、多分老眼が始まったんだろうと思いながら幾星霜。ということでそろそろ老眼鏡を作らないとマズいなということで、先日帰省した際に母がリコメンドする眼鏡店(担当者さんご指名)で作ってきた。

とにかく生まれて初めての眼鏡。なんにもわかってない。サングラスなら5本くらい持ってるけど。しかも今は廃版になったレイバンのスポーツ用だけで3本。なんでやめちゃったんだろう。

 

受け取りに行くことができないので送ってもらった。当該眼鏡店の指定宅配業者は飛脚。無事に届きました。

飛脚制度 

 

 眼鏡ケースとカードが入っていた。レンズはHOYAなんですね。カードにはメガネデータが記載されている。このカードを持っていくと同じ度数で作ってくれるというわけか。オレVIPだったのか。

ちなみに老眼鏡って言ってるけど、ほとんど乱視矯正とのこと。あとブルーライトカットは入れてもらった。

カード メガネデータ 

 

三角柱型の眼鏡ケースを開けると眼鏡が入っている。つるの先端には滑り止め。

メガネケース  メガネ つる

 

今回作った眼鏡のフレームはTumi。鞄は持っているけど眼鏡も作っているとは思わなかった。今年かららしい。ケースそのものもTumiの鞄と同じような繊維。ケース自体の剛性もそこそこある。

Tumi Tumiフレーム 

 

 早速ちょっと宛名書きに使った。よく見えるが、まだ慣れないのでちょっと気持ち悪い。作るときに

「多少掛けっぱなしでOKにするので、レンズのココはこういう見え方、こっちはこういう見え方」

という説明をしてもらった。それに合わせて見ないとかすんだりゆがんだりする。しばらく慣れが必要だな。

 

流石のAmazonもTumiの眼鏡は扱い無し