いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


リモート操作・ミラーリング機能をまとめてみた

このブログで近頃アクセス数が多いのはリモート操作、ミラーリング系機能に書いたエントリである。そこで、2018/7現在の状況をまとめておく。

 

まとめ

まとめの一覧表はこちら。これ以外にもChrome Remote Desktopやxrdpなどもあるが、アクセスが少ないので表には入れなかった。 また、Windowsリモートデスクトップにもアクセスが来ているが、これはガチで環境構築の話なので別扱いとする。

 

f:id:shigeo-t:20180731164557p:plain

 

機能としてはWindows 10の接続/このPCへのプロジェクション、TeamViewer、AnyDesk、LonelyScreen(AirPlay)の4つ、接続元・接続先ごとに整理してマトリクス化した。操作性のよしあしは表現していない。

 

早い話がWindows/macOS/Linuxはリモート操作可能、iOS/Androidミラーリング(画面が共有できているだけ)という状況。あと、TeamViewerのiOSはちょっとおまじないが多過ぎるというのが問題だが、AnyDeskはまだiOSミラーリングを実装できていないというところ。iOSだけは簡単に使えるのはLonelyScreenである。

 

接続/このPCへのプロジェクション

Windows 10のアクションセンター内の[接続]および[設定]の[このPCへのプロジェクション]にはWindows同士、Androidからのミラーリングが行える。Windows同士はエントリが無かった。今度書いておく。

今回の表にまとめていないが、Miracastの機能でWindows 10をFire TV Stickにミラーリングもできる。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

TeamViewer

企業ユースだと有償になるが、個人ユースだと無料で使えるTeamViewer。iOSやAndoroidの画面はミラーリングまで、WindowsmacOSLinuxの画面はリモート操作が可能である。


AnyDesk

商用だと有償になるが個人だと無償で使えるAnyDesk。まだiOS版のミラーリングはできていない。Andoroidの画面はミラーリングまで、WindowsmacOSLinuxの画面はリモート操作が可能である。


 LonelyScreen

有償ということになっているLonelyScreen。

Apple AirMac Express ベースステーション MC414J/A

Apple AirMac Express ベースステーション MC414J/A

 

 

TeamViewerとAnyDeskの比較

 Windows/macOS/LinuxではマルチモニターはAnyDeskはSDI、TeamViewerはMDIになっている。AnyDeskはタブで切替、TeamViewerは複数のウィンドウになる。この項目はサポートOSが増えたこともあり、もう一度整理が必要ということがこれを書きながら分かった。


 おまけ Chrome Remote Desktop

一応、Chrome Remote Desktopも試していたのだった。 

 

おまけ xrdp

 xrdpもやってみていた。

 

今回はこんなところで。