読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Anniversary Update後のWindows 10でISOファイルをDVD-Rに書き出せない

Tech Windows 10

環境設定するマシンが届いたので、Windows 10 1607のISOファイルをDVD-Rに書き出そうとした。Windowsの標準機能の「ディスク イメージの書き込み」である。ISOファイルを右クリックすると出てくるメニューの中にある。

f:id:shigeo-t:20160825023751p:plain

 

Anniversary Update前なら、すぐに「Windows ディスク イメージ書き込みツール」が起動できていたのだが、なかなか起動してこない。

f:id:shigeo-t:20160825024000p:plain

 

SmartScreenが動いているようだ。マシンにもよるがこのまま数分かかる。最初ThinkPad W530で実行したときで1分くらい。ThinkPad X220で3分くらい。W530ではCPUに余裕があるが、X220では90%を超える。

f:id:shigeo-t:20160825024336p:plain

 

待っているとコレである。MicrosoftからダウンロードしたISOファイルをDVD-Rに書き出すために、Microsoftの「Windows ディスク イメージ書き込みツール」を使おうとしてコレである。しかも英語のメッセージ。

f:id:shigeo-t:20160825024535p:plain

 

Anniversary Update前にはこんなことは無かったのだが。仕様が変わったようである。

 SmartScreen フィルターは Internet Explorer 8 で初めて搭載され、バージョンアップするごとに機能を強化してきました。Windows 10 では、アプリ評価の機能がオペレーティング システム自体に統合されました。これにより、ユーザーが使用している Web ブラウザーや、アプリがデバイスに到着するまでに使った経路 (メールの添付ファイル、USB フラッシュ ドライブからのコピーなど) に関係なく、SmartScreen フィルターがユーザーを保護できるようになりました。

 Technetブログでは、日本語で表示されているんだが。

https://msdnshared.blob.core.windows.net/media/TNBlogsFS/prod.evol.blogs.technet.com/CommunityServer.Blogs.Components.WeblogFiles/00/00/00/61/20/Execute2.png

 

まずはSmartScreenのプロセスをタスクマネージャで殺して実行してみた。途中で様々なWindowsのサービスが異常終了しまくって、DVD-Rへの書き込みは途中で失敗に終わった。

 

きちんとSmartScreenを無効にして実行することで、DVD-Rへの書き込みは成功した。SmartScreenの無効化はまずコントロールパネルを起動する。「セキュリティとメンテナンス」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160825025818p:plain

Windows SmartScreen 設定の変更」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160825030049p:plain

ポップアップするダイアログでSmartScreenを無効にすればOK。

f:id:shigeo-t:20160825030246p:plain

 

自社製品でさえきちんと評価できないSmartScreen、いらんだろ。弊社のマシンは全部FFRI プロアクティブ セキュリティを入れているので、SmartScreenはオフのままにすることにした。

FFRI プロアクティブ セキュリティ

FFRI プロアクティブ セキュリティ