いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


CCCが面白いデータを公開していたので分析をしてみた(10大消費別消費者物価地域差指数など編) #CCC

今回も初回/2回目の年齢別データを上回る相関は無かった。「分析してみた」なんてタイトルを付けたのを後悔している。まだまだデータ探しは続きそう。 

今回のデータの出所は政府統計の総合窓口 GL01010101から。それぞれ検索してヒットしたものを使用した。今回は物価とTカード普及率で相関を見てみた。

下のExcelデータはCC BY NC SAということで、その範囲内でご自由にお使い頂いて結構。Excel Onlineからダウンロードできるはず。Excel Online表示部分の右下最も左のアイコンがダウンロードアイコン。

10大費目別消費者物価地域差指数 (全国平均=100)

 10大費目は「食料」「持ち家の帰属家賃を除く住居」「光熱・水道」「家具・家事用品」「被服及び履物」「保健医療」「交通・通信」「教育」「教養娯楽」「諸雑費」という分類。あと「持ち家の帰属家賃を除く総合」が一番左、「家賃を除いた総合」がその右隣にある。

今回も結果は冒頭に書いた通りで、弱い正の相関が「持ち家の帰属家賃を除く総合」「持ち家の帰属家賃を除く住居」「教養娯楽」である。弱い負の相関は「光熱・水道」である。あとは相関無し。

調査品目の地域差指数算出用年平均価格

これは算術平均と調和平均の2表ある。第2-1表が算術平均、第2-2表が調和平均。 消費者物価地域差指数の作成方法(PDF)のP4下部に算術平均の算出式、P5上部に調和平均の算出式がある。

算術平均

負の相関が3点あったのでその品目からピックアップすると、 「(1621)しょう油」「(1921)インスタントコーヒー」「(4413)トイレットペーパー」。負の相関ということなので、これらの物価が高いとTカードの普及率が低いということになる。

弱い負の相関は「(1261)ソーセージ」「(1721)ビスケット」「(1783)ポテトチップス」「(4401)ラップ」「(4441)洗濯用洗剤」「(9631)整髪料」「(9661)化粧水」の7品目。

 

弱い正の相関は「(1041)干しうどん」「(1152)ちくわ」「(1212)豚肉(もも)」「(1341)鶏卵」「(1461)のり」「(2011)焼ちゅう」の6品目。これらの物価が高いとTカードの普及率が高いということになる。

調和平均 

負の相関は 「(1621)しょう油」「(1921)インスタントコーヒー」「(4413)トイレットペーパー」の3品目。

弱い負の相関は算術平均より1品目減って「(1261)ソーセージ」「(1721)ビスケット」「(1783)ポテトチップス」「(4401)ラップ」「(4441)洗濯用洗剤」「(9661)化粧水」の6品目。「(9631)整髪料」が相関無しになった。

 

弱い正の相関は「(1041)干しうどん」「(1152)ちくわ」「(1212)豚肉(もも)」「(1341)鶏卵」「(1461)のり」「(2011)焼ちゅう」の6品目。

調査品目とTカード普及率の関係 

 負の相関がある3品目はいずれもスーパーの安売りの目玉になりそうな商品。一方で弱い正の相関がある「(1341)鶏卵」も同じく安売りの目玉になりそうな商品。こうやって見ると、あまり法則性が見い出せそうもない。

 

結局今回もはずれだった。次回は住宅関係の予定。

 

消費者物価指数マニュアル―理論と実践

消費者物価指数マニュアル―理論と実践

 
物価指数理論の展開

物価指数理論の展開