いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


理系だ文系だっていうけど

働き始めて3年目のことをふと思い出した。

 

時期的には以前書いた下記エントリの翌年である。もちろん前世紀の話。 

職場を変えてもらって下らないいじめからは解放された。今度は純粋に顧客先常駐である。しかしながらやはり、移った先の先輩たちも朝は遅いし、よく休んでいた。

 

ある2年上の先輩が担当するはずだった作業計画があったのだが、作業計画書一式を作成する期間まるまる出社してこない。顧客とのミーティングのデッドエンドぎりぎりになって上司に指示され、作業計画書を代わりに作成した。前のエントリの時と同じようにドキュメントは手書きである。

 

自分の作業を後回しにして急遽作成した。上司のレビューを受け、微修正をし、顧客とのミーティングにより内容を承認され、自社側・顧客側ともに担当がアサインされた。本作業は顧客営業日にはできないものであるため休日に設定され、その作業日に向けた準備作業に取り掛かっていた。

 

そこまで終わって、本来担当するはずの先輩が出社してきた。オレは設計ドキュメントを見せながら、作業内容や自社側・顧客側担当や準備作業の進捗など、引き継ぎのつもりで淡々と説明した。前のエントリの経験もあり、担当分野を奪ってしまうのはヤバいと思っていたので、大政奉還のつもり(大げさ)だった。

 

説明中ある部分の質疑の際、最初から不機嫌だった先輩が爆発した。もちろんリアルにドッカーンではない。怒り狂ったという比喩表現である。爆発の理由は、当該作業へのアプローチがオレと先輩では全く異なるものだったからである。

 

ようやくタイトルの話に近づくが、オレは2~3流私大工学部出身、その先輩は旧帝大の理学部出身だった。Wikipediaにちょうどよい説明があるので引用する。

 

工学 - Wikipedia 

工学は大半の分野で、理学の分野である数学・物理学・化学等々を基礎としているが、工学と理学の相違点は、ある現象を目の前にしたとき、理学は「自然界(の現象)は(現状)どうなっているのか」や「なぜそのようになるのか」という、既に存在している状態の理解を追求するのに対して、工学は「どうしたら、(望ましくて)未だ存在しない状態やモノを実現できるか」を追及する点である。或いは「どうしたら目指す成果に結び付けられるか」という、人間・社会で利用されること、という合目的性を追求する点である、とも言える。

 

爆発の理由だが、先輩の質問に対するオレの答えが気に入らなかったようだ。どうやら、理学部出身の先輩はある作業項目について適切な実現方法が思いつかず、その手前で「どうなっているのか」「なぜそのようになるのか」フェーズに入ってしまっていたらしい。で、休んだと。

一方のオレはというと、マニュアルを見ながら実現方法を見つけ出して理解し、ちょっとした実験により確認し、設計ドキュメントを起こしていた。ドキュメント作成時は、あらかじめ決められていた顧客とのミーティングまで時間も逼迫していたし。そして説明時は「どうなっているのか」「なぜそのようになるのか」について、後回し状態だった。そこを衝かれても後回しにしているとしか答えられない。一方、「どうしたら目指す成果に結び付けられるか」は達成していた。自分としては時間の使い方は間違っていない。理屈・理論はともあれ、合目的的な手順を確立して作業計画の承認は得ているので、ロールバックする気は無い。

 

こちらとしては顧客側の承認まで済んだことについて文句を言うのであれば、先輩自ら再調整すべきであると考えた。そしてストレートに確認した。

   「では、この設計書は不要ですね。」

なんかまだ「どうなっているのか」「なぜそのようになるのか」について話し始める先輩。オレは設計ドキュメントの原紙(先述の通り手書き)をニコニコしながら破き始めたw。縦横1度ずつ、4分割されたところで止められた。

http://www.flickr.com/photos/42931449@N07/5263539723

photo by photosteve101

 

写真は丸めただけなのでまだ優しい。オレは破いちゃったもんね。それまで爆発モードだったのに急にオロオロする先輩。ま、コピーは何人も持っていたから原紙が破られても作業そのものには影響ないんだけどね。原本管理上は困るけど。

 

この時、理系とか言っても理学部出身とは話が合わねえと思った。みんながみんな、そうじゃないことは言うまでもないが。でも、明確に理学と工学はアプローチが違うと思った。

 

割と近い理学部と工学部でもこうなんだから、大雑把に理系だ文系だなどという二元論はあまり意味が無いと思っている。理系は理学・工学だけじゃない、医学・薬学・……様々な分野がある。やはり、それぞれ寄って立つ行動原理が異なる。

 

この件があって以来、また災厄を呼んでしまったww。この先輩との間には角質も確執も残らなかったんだが、色々とまあ小物暗躍みたいな。

暗躍 -あんやく-

暗躍 -あんやく-