いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Microsoft Swayってなんだろう

お誘いのメールが来てた。

f:id:shigeo-t:20150818030429p:plain

ストアアプリだった。

f:id:shigeo-t:20150818030718p:plain

インストールが済んだので起動してみた。

f:id:shigeo-t:20150818031017p:plain

最初なので、EXAMPLEを開いてみる。

f:id:shigeo-t:20150818031132p:plain

開き終わるまでに割と時間が掛かる。

f:id:shigeo-t:20150818031237p:plain

エディットできる状態で開いた。

f:id:shigeo-t:20150818031542p:plain

まずはプレビューしてみる。

f:id:shigeo-t:20150818031430p:plain

次ページを見てみる。どのページも画像が全画面の場合、少し画像がズームインしたりズームアウトしたりを繰り返す。

f:id:shigeo-t:20150818031848p:plain

文字と画像の両方が配置されているページでは、全画面画像ページみたいな動きは無いようだ。

f:id:shigeo-t:20150818032357p:plain

それぞれの画像をクリックすると、動画再生が始まる。

f:id:shigeo-t:20150818032627p:plain

有りものの画像や動画を使ってプレゼン資料を作るならSwayのほうが向いていそう。

f:id:shigeo-t:20150818032939p:plain

ちょっと作ってみたけど、動画ファイルが大きかったのか途中で失敗。

f:id:shigeo-t:20150818033109p:plain

Office OnlineのほうでもSway(Onlineは付かないけど)がある。Microsoftアカウントに紐づいているので、前に作ったものも候補に現れる。ローカル保存では無くOneDrive保存のようなので、ネットワーク接続が無い状態では動かなさそう。

f:id:shigeo-t:20150818033913p:plain

挿入できるカードとしては13種類。やはりSway上でゴリゴリ作る感じではなく、既存のものをどんどん貼っていく感じに見える。

f:id:shigeo-t:20150818034415p:plain

タイトルバーの[挿入]をクリックするとこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20150818034626p:plain

[カード]は初期画面と同じ。[デザイン]をクリックすると、PowerPointと同じようなデザイン選択画面になる。

f:id:shigeo-t:20150818034855p:plain

[ナビゲーション]をクリックすると、ページめくりの方法を選択できる。一番上は垂直方向にスクロール、二番目は水平方向にスクロール、3つ目は「プレゼンテーション用に最適化」である。

f:id:shigeo-t:20150818035244p:plain

画像はドラッグアンドドロップで簡単に貼れる。

f:id:shigeo-t:20150818035555p:plain

グラフはSway内でも作成できる。

f:id:shigeo-t:20150818035742p:plain

といったわけで、手さぐりで触ってみた。少しずつ色々使ってみれば、それほど使いこなしには苦労しなさそうな感触である。

触りながら考えたんだが、通常ブログに書いている何かの手順を、一通りSwayで作ってみたらどうだろう。ブログに書くと縦スクロールのみである。手順と画像が多いときはどうしても全体感が分かりにくくなる。Swayの場合は階層構造的に作れそうなので、メニューのページ、手順のページみたいな階層構造にすれば、手順書として見やすいかも。ページ内にスライドショーも入れられるし。一度余裕がある時に試してみたい。

f:id:shigeo-t:20150818042417p:plain

OneNoteとの違いはOneNoteは自分用のノート、Swayは人に見せるためのノートという感じ。OneNoteではどんどんメモを書いたりWebサイトをクリップしたりという感じだが、Swayは見た目重視。

Office 365を買わなくてもMicrosoftアカウントは無料で作れてOneDriveも無料で使えるので、Microsoftアカウントを持っていない人は作っておくと色々遊べる。

Swayには今のところ図形を描く機能は無さそうなので、PowerPointとの住み分けはそこかも。PowerPointは(通常は)A4横の紙のイメージだが、SwayはどちらかというとWebページのパブリッシングツールのように感じる。出来ているコンテンツをバシバシ貼っていく感じ。マルチデバイス対応なので、うまく作ると普通のWebページを作るよりマルチデバイス対応ページとしても使える。

PowerDirector 13 Ultra 通常版

PowerDirector 13 Ultra 通常版

 
Adobe Premiere Elements 13 Windows/Macintosh版
 
無料でできる Windows Live ムービーメーカー ビデオ編集テクニック

無料でできる Windows Live ムービーメーカー ビデオ編集テクニック