いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


iPadOS 13.1+トラックポイントキーボードでどこまでPCライクな操作ができるか

iPadOS 13.1にアップデートされたiPad 第5世代。 マウス等が動くということなので、Bluetoothワイヤレス・トラックポイント・キーボードをつないでみることにした。

 

思い起こせばiPad Airの時にキーボードを購入し、iPad Airが死んでiPad Air2に、さらにバッテリー瀕死のiPad Air2に代わって現在使っているiPadは第5世代。なお、Air2は専務の自宅で動作確認用マシンとして生きている。持って歩かない用途ならまだ使える。

使ってるのはこんなキーボード。左右のボタンだけでなく中ボタンがある。キーボードの中にある赤いポッチでカーソルを動かす。

 

設定

設定は下記の手順。簡単である。「設定」の中で設定する。

 

Bluetooth接続

PCとマウスを接続する人はそれぞれ接続するんだろう。でもThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード(以下、トラックポイントキーボード)の接続のみでOK。接続方法の詳細は割愛。

f:id:shigeo-t:20190926103208p:plain

 

iPadOS ポインター表示

アクセシビリティ」を選択し、中ほどにある「タッチ」をタップ。

f:id:shigeo-t:20190926103401p:plain

AssitiveTouchをオンにする。

f:id:shigeo-t:20190926103448p:plain

f:id:shigeo-t:20190926103523p:plain

これでポインターが表示されるはず。

iPad側のスクリーンショットポインターを表示させるのはちょっとタイミングが難しいので、TeamViewer QuickSupportでiPadを接続した。

f:id:shigeo-t:20190926104129p:plain

 

ちょっと操作系の確認

右クリックでAssitiveTouchのメニューが出る。

f:id:shigeo-t:20190926110611p:plain

中ボタンクリックではホームに行く。中ボタンダブルクリックはタスクメニュー表示になる。

f:id:shigeo-t:20190926110920p:plain

入力切替は以前のエントリでは[Windows]+[Space]と書いているが、[Ctrl]+[Space]で切替表示が出る。

f:id:shigeo-t:20190926111421p:plain

[Windows]+[Space]だと検索画面に切り替わる。

f:id:shigeo-t:20190926111511p:plain

 

PowerPointを使ってみる

PowerPointを起動。

f:id:shigeo-t:20190926105551p:plain

新規で開始。

f:id:shigeo-t:20190926105617p:plain

カーソルを持っていってクリックすると、きちんとその場所が選択できる。文字の入力も可能。

f:id:shigeo-t:20190926105726p:plain

 

f:id:shigeo-t:20190926105815p:plain

以前のエントリでは[Windows]+[Space]でかな/英数切替と書いているが、PowerPoint上では[英数]キーで切り替わる。iPadOSの素の画面では上に書いた通り。

f:id:shigeo-t:20190926105926p:plain

f:id:shigeo-t:20190926110013p:plain

図形のメニューはそもそもWindows版と異なる。このスクロールに中ボタンを使ってしまうとiPadOSのホームに戻ってしまうので、ドラッグでスクロールする。不便。

f:id:shigeo-t:20190926110113p:plain

中ボタン使えないのでスクロール時にめんどくさい。

f:id:shigeo-t:20190926110201p:plain

選んだ図形は真ん中に出た。

f:id:shigeo-t:20190926110236p:plain

大きさの変更は容易。

f:id:shigeo-t:20190926110309p:plain

場所の移動もドラッグで容易。

f:id:shigeo-t:20190926110338p:plain

大きさを整え、中にテキストを入れるのも容易。

f:id:shigeo-t:20190926110506p:plain

色の変更もできる。

f:id:shigeo-t:20190926112034p:plain

ということで、Windows版ほどの細かい仕事は無理だがまあまあ使える。そもそもPowerPointの操作体系がWindows版とは異なるので、どちらかというとMicrosoftがiPadOSに合わせたバージョンを出すかどうかだろう。

 

Excelを使ってみる

Excelを起動したらたまたま血圧のファイルだった。そのまま中ボタンでスクロールするとスクロールは始まるが勝手にホームに戻ってしまう。


カーソルはトラックポイントでも[↑][↓][←][→]キーでも普通に動く。普通の表は中ボタンさえ使わなければ問題はない。

f:id:shigeo-t:20190926113020p:plain

範囲指定しようとすると表ごとドラッグされるので、範囲指定は大変そう。範囲指定できず、A列がかなり右に来てる。そうなると関数の設定は面倒。

f:id:shigeo-t:20190926113150p:plain

範囲指定するなら、起点のセルにカーソルを合わせ、そこからドラッグするしかない。

f:id:shigeo-t:20190926113331p:plain

グラフでは吹き出しの付け方が分からない。吹き出しもクリックできない。ここもiPadOSの操作系にどれだけMicrosoftが合わせてくれるかということだろう。もちろん右クリックはAssitiveTouchのメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20190926113454p:plain

円グラフでも細かい操作は無理そう。

f:id:shigeo-t:20190926113710p:plain

 

ということでExcelWindows版ほどの細かい仕事は無理だがまあまあ使える。そもそもExcelの操作体系がWindows版とは異なるので、どちらかというとMicrosoftがiPadOSに合わせたバージョンを出すかどうかだろう。

 

今回言いたいことは以上です、編集長!