いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Kindle for PC日本語版が公開されたので早速簡易利用マニュアルを作った

このニュースは午前中だったのね。必死に会計処理してたので気付かなかった。ようやくKindle for PCに日本語版が出た。これでもうWindows PC上でAndroid版を無理矢理使わなくてもよい。


インストールだが下記URLに飛び、exeファイルをダウンロードする。

f:id:shigeo-t:20150121142721p:plain

exeファイルを起動するとインストールが行われるが、プログレスバーがピューっと動いてすぐにKindle for PCが起動される。

f:id:shigeo-t:20150121145735p:plain

Amazonにサインインしていなければ、多分このようにサインインを求められる。

f:id:shigeo-t:20150121142837p:plain

サインインするとKindle版を購入した書籍が一覧表示される。

f:id:shigeo-t:20150121143004p:plain

ダウンロードしていない書籍をクリックすると、このようにダウンロード中のプログレスバーが表示される。

f:id:shigeo-t:20150121143101p:plain

書籍を開くと左下に「マウスのホイールでページめくりできるよ」とかという表示が出るのだが、スクリーンショット撮る前に消してしまった。

f:id:shigeo-t:20150121143242p:plain

左上にボタンが並んでいる。[ライブラリ]はライブラリに戻る。

f:id:shigeo-t:20150121143315p:plain

右隣りの「読み進めた最後のページに同期」アイコンでは、

f:id:shigeo-t:20150121143414p:plain

f:id:shigeo-t:20150121143429p:plain

というように移動ダイアログが表示される。

しおりアイコンをクリックすると、

f:id:shigeo-t:20150121143611p:plain

f:id:shigeo-t:20150121143619p:plain

右上にしおりが表示される。

「本の中の位置No.に移動」アイコンをクリックすると、

f:id:shigeo-t:20150121143906p:plain

f:id:shigeo-t:20150121143919p:plain

移動先候補のメニューが表示される。

「フォントサイズ、色、ページ表示幅を変更する」アイコンをクリックすると、

f:id:shigeo-t:20150121144054p:plain

フォントサイズなどを変更できるメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20150121144106p:plain

「見開き」アイコンは動作する書籍と動作しない書籍が存在する。動作する書籍の場合は活性化表示されており、動作しない書籍の場合は非活性表示である。

f:id:shigeo-t:20150121144232p:plain

クリックすると、見開き表示に変わる。というか、横2段組に変わる。

f:id:shigeo-t:20150121144322p:plain

左にも縦にアイコンが並んでいる。一番上は、表紙を表示する。

f:id:shigeo-t:20150121144538p:plain

検索アイコンをクリックすると検索窓が表示される。

f:id:shigeo-t:20150121144612p:plain

一番下は「メモとブックマーク」アイコンである。

  1. すべてのメモとブックマーク
  2. メモのみ
  3. ハイライトのみ
  4. ブックマークのみ
  5. ポピュラー・ハイライト

が選択できる。

f:id:shigeo-t:20150121144912p:plain

f:id:shigeo-t:20150121144918p:plain

ライブラリでは左側にはアイテム数の表示がある。

f:id:shigeo-t:20150121145024p:plain

ちなみにKindle for PCのヘルプを押しても、下記の画面をブラウザに表示するだけなので、オレが書いたこの簡易マニュアルの方が親切w。

f:id:shigeo-t:20150121145315p:plain

これでKindle版の書籍をお勧めしやすくなったぞ。下の本は電車内でKindleとかで読んでいると不審者になってしまうので、Kindle for PCの利用をお勧めする。

刺身が生なんだが

刺身が生なんだが

 

 ご参考