いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【小ネタ】Windows 8/8.1で拡張子の関連付けがおかしくなった上、使いたいプログラムが一覧で出ない時の対応

小ネタだけどタイトルは長い(挨拶)。

 

タイトル通りの話ではある。昨日PowerPointメインでExcelとWordを複数枚開いていた。ディスプレイ3枚だと仕事早い(自慢)。いや、自慢している場合では無かった。

NASに置いているPowerPointドキュメントを開きに行って、一回コケたらその後pptxとxlsx拡張子の関連付けがおかしくなった。最初は拡張子の関連付けがおかしいことに気付かなかった。なぜかというと、通常PowerPointExcelが開くところ、Microsoft Open XML Converterが動き、一応PowerPointExcelが開く。しかしファイル名が通番のファイル名に置き換えられ読み取り専用。一応書いてみたけど、やっぱり文章で説明してもわかりにくいと思うのでスクリーンショットで。

なお、この先に書く拡張子の関連付けを変える手順はMicrosoft Office以外のアプリケーションでも有効。

 

どういう状態か

Excelの例。Playerで設定する手順.xlsx というファイルなのだが開くとこんな感じになる。

f:id:shigeo-t:20140628073740p:plain

一応Excelが開くので最初拡張子の関連付けが狂っていることに気付かなかった。アイコンもこんな感じ。なんとなくExcelっぽいアイコン。これはPowerPointもこうなってた。こんなもん、よく見ないと気付かない。

【正】

f:id:shigeo-t:20140628073909p:plain

【誤】

f:id:shigeo-t:20140628073918p:plain

拡張子の関連付けの変え方(変えたいプログラムが選択肢にない場合編)

拡張子の関連付け変更そのものが、Windows 7までとWindows 8/8.1で大差無いレベルでユーザインタフェースが変わっている。

まず対象の拡張子を持つアイコンを右クリックし、プロパティを開く。今回は『なんかアイコンの見た目が違うぞ』と気付いたので開いてみた。Microsoft Open XML Converterなる謎プログラムになっていた。

f:id:shigeo-t:20140628074338p:plain

謎はあとでぐぐればいいので(Microsoft Open XML Converter - Google 検索)、正しくExcelが起動するように置き換えたい。そこで上のプロパティ画面で[ 変更(C)… ]をクリックするとこんな感じでメニューが出る。

f:id:shigeo-t:20140628074736p:plain

Chromeだと困るのでその他のオプションリンクをクリックする。

f:id:shigeo-t:20140628074853p:plain

候補が出る。スクロールバーも出ているのでどんどんスクロールする。

f:id:shigeo-t:20140628074938p:plain

f:id:shigeo-t:20140628074945p:plain

f:id:shigeo-t:20140628074953p:plain

なんとスクロールしきってもExcelが無い( ゚Д゚)。pptxの時もPopwerPointは候補に出なかった。ここで、このPCで別のアプリを探す をクリックするのだが、そもそもExcelPowerPointがどこにあるのか知らずにこのリンクをクリックしても、ダイアログ内で探すのは検索機能が無いに等しく結構面倒。

そこで、別口でアプリを探しておく。Windows 7までならスタートメニューでアイコンを見つけて右クリック、プロパティを出すとプログラムの場所が分かるという手順だったが、Windows 8/8.1ではMetro UIなのでその手が使えない。スタート画面→アプリ一覧へ。

f:id:shigeo-t:20140628080124p:plain

Excelを見つけたら右クリック。

f:id:shigeo-t:20140628080204p:plain

「ファイルの場所を開く(I)」をクリックする。エクスプローラでショートカット一覧が表示される。

f:id:shigeo-t:20140628080329p:plain

関連付けするアプリが分かったので、このPCで別のアプリを探す をクリックする。f:id:shigeo-t:20140628074953p:plain

「プログラムから開く…」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20140628084255p:plain

フォルダをクリックしながら開いていってもいいんだが、実際にアイコンデータがある場所は深い。そこで今回は一気に飛ぶ方法で。

まずさっきのアイコンデータフォルダで場所をクリック。反転状態になったら[Ctrl]+[C]。

f:id:shigeo-t:20140628081627p:plain

こんどは「プログラムから開く…」ダイアログでフォルダ欄に[Ctrl]+[V]でペースト。

f:id:shigeo-t:20140628084351p:plain

アイコンが表示されるので目的とするExcelのショートカットを選択し[ 開く(O) ]をクリック。元のプロパティに戻る。無事に拡張子の関連付けはExcelに戻る。f:id:shigeo-t:20140628084424p:plain

そして実際に起動すると、このように元々のファイル名で開き編集も可能。めでたしめでたし。

f:id:shigeo-t:20140628084448p:plain

 

 しかしまあなんでPowerPoint,Excel,Wordと開いていてPowerPoint,Excel拡張子Microsoft Open XML Converterになってて、Wordだけ拡張子保全されたのはどういうわけなんだろう。ちなみにWordだけは既存ドキュメントを開いていなかった。