いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


『総務省|平成26年度「独創的な人向け特別枠(仮称)」に係る業務実施機関の公募 』がすごい

自販機からBOSS ブラックの”あたたか~い”が消えた(挨拶)。暑さ寒さも彼岸まで(え

 

題名の通り。総務省|平成26年度「独創的な人向け特別枠(仮称)」に係る業務実施機関の公募 がキている。某経済産業省の外しっぷりと比較するまでも無く、ちょっとすごい。

 

ニュースリリースはまだ穏やか。冒頭を引用するとこんな感じ。

総務省においては、情報通信審議会情報通信政策部会イノベーション創出委員会中間答申(平成25年7月5日)を踏まえ、ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する人を支援するため、「独創的な人向け特別枠(仮称)」を平成26年度より開始することとしております。「独創的な人向け特別枠(仮称)」の事業概要は別添1をご参照ください。

 

 今般、本事業の平成26年度の実施に向け、「独創的な人向け特別枠(仮称)」に係る業務実施機関を下記のとおり公募します。

 

しかし、別添1(PDF注意)の 「独創的な人向け特別枠(仮称)」概要は結構イっている。2枚目を引用する。

f:id:shigeo-t:20140523094520p:plain

『「Disruptive Change」:世界的に予測のつかないICT分野において、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスなICT技術課題に挑戦する人を支援。』ですよ。「破壊的」と「地球規模」は順番逆のほうが誤読しないかなとか思うけど。

 

残念ながら変な人は「個人」が対象ながら今回の申請単位は「業務実施機関」企業。公募期間は昨日平成26年5月22日(木)~6月10日(火)17時必着 。会社設立をダラダラ引き伸ばしてたから所属会社が無い(´Д⊂ヽ。間に合いそうもないけど、面白そうだな。「失敗」についてきちんと共有していこうと謳っているところもいい。

金額的には研究費上限300万円なので、1年2か月の研究費としてはそんなに多くない。次回(あれば;繰返し応募可って書いてあるからあるんじゃないの)には応募してみたい。 ネタはいくつか無いでもない。

失敗学のすすめ (講談社文庫)

失敗学のすすめ (講談社文庫)

 
失敗学実践講義 文庫増補版 (講談社文庫)

失敗学実践講義 文庫増補版 (講談社文庫)

 

 写真はハグの練習をする猫。

f:id:shigeo-t:20140523095819j:plain