いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


OS X Server搭載Mac miniでのぐだぐだ(アップデートとか)

景品表示法違反の可能性ですってよ、奥様(挨拶)。あそこ使わないから関係ないんだけどね。

 

エントリの順番と実施の順番が逆だが、OS X Mavericksのインストールメディア作成 に先立ちMac miniのアップデートを実施。App Storeで見ているとなんかいっぱいある。

f:id:shigeo-t:20140320094122p:plain

[すべてアップデート]をクリックすると、こんなメッセージ。[続ける]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140320094407p:plain

まず1つめのぐだぐだ。このMac miniは研究室の共用なので、新規にApple IDを取得。共用なので特定の個人ではなく専用のメールアドレスを取得し、Apple IDとして登録。手順的にはOS X Server搭載Mac mini セットアップの通り。しかし、そこで作成したiCloud.comのApple IDで認証が通らない。入れているパスワードは間違ってないはずなのに。そしてiCloud.comのメールの取得方法というか読み方が分からないw

2つめのぐだぐだ。そこでiCloud.comのApple IDは放擲してgmailApple IDを取得、この認証画面に入れてみた。ここからの画面遷移は都合により省略するが、全部無料のアプリなのにカード情報の入力を求められる。これは困った。自分のカード情報を入れようかと一瞬思ったけど、共用のマシンなので誰かが有料のアプリを買っちゃうとオレ払いになってしまう。それはそれで問題なので、今回のアップデートはオレのApple IDで切り抜けることに。前職でも部署共用のiPadで色んな人間のApple IDでアプリをインストールして、アップデートの都度そのApple IDのパスワードを聞かれて困った。他部署開発のアプリを入れてて、セットアップをその部署に依頼したことがあって、その場にいない人間のApple IDのパスワード聞かれちゃうんだもん。多分今回もそんなようなトラブルが起きないとも言い切れない。単なる先送り。Apple IDって実在する個人じゃなきゃいけないんだっけ?仕様的になんだかなって感じ。

f:id:shigeo-t:20140320100636p:plain

まずはOS X Maveicksのアップデート。待っている間は暇なのでアップデート内容を展開表示してみた。

f:id:shigeo-t:20140320100959p:plain

リブートされるので[すべてアップデート]をクリックし、続きを実施。

f:id:shigeo-t:20140320101112p:plain

なぜかOS X Serverが残った。OS X Serverの[アップデート]をクリックすると、ダイアログがポップアップする。[続ける]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140320101341p:plain

「すいません、ちょっと何言ってるかわかんないです」(声:富澤たけし)が浮かんだ。[OK]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140320101753p:plain

[OK]を押して2分くらいでこの画面。もう一度「すいません、ちょっと何言ってるかわかんないです」(声:富澤たけし)がwおいおい、それなら最初から3.1を入れてくれればいいじゃないか。これって、絶妙のタイミングでOS X Server 3.1のリリースってことだろう、早朝だけど。[アップデート]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140320102149p:plain

だから~「すいません、ちょっと何言ってるかわかんないです」(声:富澤たけし)。日本語の文章としては成立していると思うけど、何を伝えたいんだろう。検出ってなんだよ。

f:id:shigeo-t:20140320102458p:plain

一応入っているアプリやOSのアップデート済んだので確認してみる。驚愕の事実。

f:id:shigeo-t:20140320104115p:plain

メモリが8GBしか認識されてない\(^o^)/。確認してみる。BANK 1が認識されていない(´Д⊂ヽ先日話題になったハイニクス製なので、外れを引いた可能性も否めない。すこしいやーなふいんき(なぜか変換できない)。

f:id:shigeo-t:20140320104214p:plain

挿し直す。一度2枚とも外して、一応1枚目、2枚目を逆にしてみる。

f:id:shigeo-t:20140318051842j:plain

確認する。まず一度目。Mac miniがぴーぴー鳴いて起動しない。さらにいやなふいんき(ry

もう一度蓋を開け、差し込み直す。今度は起動。確認してみる。

いやな予感は外れた。よかった。 

f:id:shigeo-t:20140320105136p:plain

ぐだぐだはまだ続く。OS X Serverアイコンをクリックしてみる。OS X ServerのアップデートはApp Storeだけで済んでいない模様。さっきの「すいません、ちょっと何言ってるかわかんないです」(声:富澤たけし)なダイアログは何だったんだ?[続ける]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140320105404p:plain

[同意する]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140320105522p:plain

管理者アクセス権が必要ということで、パスワードを入れ[許可]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140320105638p:plain

f:id:shigeo-t:20140320105849p:plain

完了するとServerの画面が表示される。ようやくぐだぐだ完了。

f:id:shigeo-t:20140320111036p:plain

 

なんかぐだぐだだったが、メモリはスロットが壊れるんじゃないかとか、メモリ破損するんじゃないかと心配するより、グっと差し込んだ方がいいですよ。