いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


OS X Server搭載Mac mini セットアップ

資源ごみ出そうと思ったら、出すほど無かった。ゴミ捨て用の袋が勿体ないので来週に持ち越し(挨拶)。

 

OS X Server搭載Mac miniのセットアップを行った。モニターはいつもThinkPad W520に第3モニターとして付けているiiyama B2280HSをMini DisplayPort-VGAアダプタ経由で接続。キーボードはThinkPadトラックポイント・キーボード0B47208、トラックポイント・キーボードのトラックポイントが効かないと困るので、廃棄したAcer Power 2000のおまけマウス、1GbpsのL2SWに繋がっているRJ-45をあらかじめ接続。電源を繋ぐ前にここまで接続。

f:id:shigeo-t:20140315100738j:plain

 電源コードを挿し、電源ON。林檎マークが出る。iiyama B2280HSはフルHD(1920×1080)だからか林檎小さい。

f:id:shigeo-t:20140315100911j:plain

林檎マークが消えると言語の選択。ここでトラックポイントが動くことが分かったので、マウスを外した。日本語を選択する。

f:id:shigeo-t:20140315101102j:plain

「ようこそ」に切り替わる。”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315101110j:plain

「キーボード入力環境を選択」になる。ことえりを選び、”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315101134j:plain

 「このMacに情報を転送」に変わる。”今は情報を選択しない”を選択し”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315101207j:plain

Apple IDでサインイン」が表示される。今回はこのMac専用のApple IDが欲しいので、”Apple IDを新規作成…”をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140315101319j:plain

Apple IDの作成」に変わる。生年月日を入れて”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315101348j:plain

名前とメールアドレスの入力フォームになる。まず名前を入力する。今回はアドレスを専用で欲しいので”無料のiCloudメールアドレスを入手…”をクリックする。

ここでちょい戸惑ったのは、名前の入力は日本語でそのまま入力できた。メールアドレスは半角英数の入力となるわけだが、トラックポイント・キーボードの色んなキーを押しても英数入力に切り替わらない。ふとダイアログの右上を見ると” ひらがな▼”と出ている。「おおっ」と思ったので、クリックしてみると”A 英字▼”に切り替えできる。これで入力はうまくいく。なお、本当の設置場所には純正キーボードがあるので困らないとは思うけど、Windows用キーボードでも問題ない、と思ったけど日本語キーボード認識ではないようなので、記号は英語キーボード用で打つ必要があった。メールアドレスの入力でキートップと違う記号は@くらいだけど。

f:id:shigeo-t:20140315101432j:plain

メールアドレスのフィールドに今作られたアドレスが埋め込まれる。”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315101952j:plain

セキュリティ質問が3つ聞かれるので設定し、”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315102247j:plain

利用規約」に変わる。細かく読むと承服しかねる部分が無いわけではないが、同意しないと使えないので、いやいや”同意する”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315102305j:plain

ダイアログがポップアップするので[同意する]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140315102325j:plain

 「Apple IDの作成」に変わり、アラートが表示される。”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315102352j:plain

「コンピュータアカウントを作成」に変わる。入力を行い”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315102445j:plain

Macを登録」に変わる。さっき作ったiCloud.comのメールアドレスをセットして”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315102517j:plain

Macを設定中…」に変わる。

f:id:shigeo-t:20140315102554j:plain

ほどなくOS Xが起動される。

f:id:shigeo-t:20140315102609j:plain

少しするとOS X Serverの設定ダイアログと使用許諾ダイアログが自動で立ち上がる。[同意する]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140315102622j:plain

f:id:shigeo-t:20140315102636j:plain

管理者アクセスをするため、パスワードを入力する。ユーザ名は自動で埋め込まれており、編集可能になっているがそのまま使う。パスワード入力したら”続ける”をクリック。

f:id:shigeo-t:20140315102656j:plain

設定の進行をダイアログで表示。

f:id:shigeo-t:20140315102712j:plain

設定が完了するとServerチュートリアルが表示される。

f:id:shigeo-t:20140315102840j:plain

 

ということで、このエントリはここまで。OS X Serverの設定はとりあえず無設定状態としてはコンプリートしている模様。

チュートリアルやServerの設定内容も撮ったが長くなるので別エントリで。