いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


OS X Mavericksのインストールメディア作成

早朝快晴だと思ったら、なんだか曇っているし気温が上がらないし(挨拶)。

 

Mac miniのほうは最新バージョンにアップデートしたが(別途報告)、色々この後の都合があるのでOS X Mavericksのインストールメディアの作成を行う。OS X Mavericksのインストールメディア売ってないんだもん。あとMavericksの綴り、なかなか覚えられない\(^o^)/。

 

Appleの公式は「起動可能な OS X インストーラを OS X Mavericks で作成する」。あっさりしていてこれじゃわかんないだろw。ということでスクリーンショット満載で。

 

ダウンロード

まずはOS X Mavericksのダウンロードを行う。App StoreOS Xを検索し、ダウンロードを選ぶ。サイズ5.30GBもある。

f:id:shigeo-t:20140319092956p:plain

 ダウンロードが始まった後、Launchpadを見るとOS  X Maveicksインストールのアイコンがダウンロード中になっている。

f:id:shigeo-t:20140319094158p:plain

自宅のネットワーク環境(下り約10Mbps)で約40分弱、インストーラが起動する。インストールを続けないので「続ける」は押さず、終了させておく。

f:id:shigeo-t:20140319094415p:plain

Launchpadで確認するとOS  X Maveicksインストールのアイコンがピカピカ光る効果処理されている。

f:id:shigeo-t:20140319094629p:plain

メディアの準備

DVD-Rにでも焼けばいいやと思っていたが、5.30GB。入らないじゃんということで、急遽ヨドバシUSBメモリを買いに行った。いい加減にしろApple、DVD一枚に入るように調整しろよ。

ポイントが溜まっていたので、キャッシュアウト無しでUSB3.0のメモリを入手。USB2.0だと遅いんだろうな。USB2.0の転送速度理論値は480Mbps、USB3.0の転送速度理論値5Gbps。約10倍の差。Mac miniの背面にあるUSBポート×4は全部USB3.0なので効き目あるはず。

f:id:shigeo-t:20140318184301j:plain

f:id:shigeo-t:20140318184653j:plain

アプリケーション内にOS X Mavericks インストール.appがあることを確認

f:id:shigeo-t:20140319100957p:plain

インストールメディアの作成

色々やってみたが、どうもUSBメモリを買ってきたままではうまくいかないようなので、下記の手順でやってみてうまくいった。

ディスクユーティリティ起動

ユーティリティの中にディスクユーティリティがあるので、起動する。

f:id:shigeo-t:20140319100444p:plain

USBメモリの初期化

フォーマットを「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」にし、名前を何か適当に付ける。適当に付けたので綴りを間違っている(「r」が多かった)ので、綴り間違いはマネしないように。これがマウント名となる。入れたら[消去…]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140319100700p:plain

元々あったパーティションを消すので確認のダイアログが表示される。[消去]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140319100822p:plain

ターミナルで作成コマンドを実施

ターミナル起動

launchpad内のその他からターミナルを起動。 

f:id:shigeo-t:20140319101923p:plain

コマンド入力

下記のコマンドを入力する。まだEnterキーは押さない。最後の"volume”後ろはスペースを入れておく。

sudo sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app --volume 
ボリューム名の入力

下記のようにデバイスを開いて、さっき作ったマウント名をターミナルにドロップすると、ボリューム名の入力が行われる。

f:id:shigeo-t:20140319102606p:plain

作成コマンドの開始

「If you wish to continue type (Y) then press return :」が出ているので”Y”を入れてEnterを押す。

f:id:shigeo-t:20140319102822p:plain

作成完了

今回の作成では、USB3.0のメモリを使って約22分。途中何もフィードバックは無いが、ターミナルが上の状態は実施中。完了すると下のよう「Done.」が出る。

f:id:shigeo-t:20140319103028p:plain

 

ということで、インストールメディアは出来上がる。使ってみての報告は別途。というかまだ使っていない。