いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Ubuntu 19.10をVMとしてインストール 日本語Remixを使えばほとんどそのままで使える

前回から少し時間が経った。

 

 

調べてみると18.04などで愛用している日本語Remixが11月1日に出てた。早い話、少し待てばよかったということである。

 

ISOイメージをダウンロードしてVMを作成する。

f:id:shigeo-t:20200123091735p:plain

無事検出。

f:id:shigeo-t:20200123091803p:plain

どんどん進めて行く。

f:id:shigeo-t:20200123091854p:plain

f:id:shigeo-t:20200123091924p:plain

f:id:shigeo-t:20200123091957p:plain

一応、ハードウェアはカスタマイズする。

f:id:shigeo-t:20200123092031p:plain

メモリは8GB、プロセッサは4にした。お試しなのでNICはNATのまま。

f:id:shigeo-t:20200123092151p:plain

ここで[完了]をクリック。

f:id:shigeo-t:20200123092212p:plain

インストールが始まった。

f:id:shigeo-t:20200123092249p:plain

f:id:shigeo-t:20200123092309p:plain

待つことしばし。一度リブートが入る。Core i7-4710MQ、メモリ32GB、ドライブはSSDでCrucial MX500というThinkPad W540上にVMware Workstation Player 15.5で作成したが、約10分でVMは立ち上がった。

f:id:shigeo-t:20200123093433p:plain

メニューが出るけど、これはスキップでいいだろう。

f:id:shigeo-t:20200123093521p:plain

これはそのまま[次へ(N)]をクリック。

f:id:shigeo-t:20200123093611p:plain

これもそのまま[次へ(N)]をクリック。

f:id:shigeo-t:20200123093640p:plain

これで完了。

f:id:shigeo-t:20200123093706p:plain

時計がJSTになっていないので修正。設定の詳細を開く。PSTになってる。

f:id:shigeo-t:20200123093941p:plain

タイムゾーン(O)」をクリックすると地図が出るので日本をクリック。

f:id:shigeo-t:20200123094025p:plain

JSTになった。

f:id:shigeo-t:20200123094046p:plain

 

ついでに前回苦労した日本語の確認。入力はもうそのまま使える。フォーマットだけUnited Statesなので日本にしたい。

f:id:shigeo-t:20200123094314p:plain

USだと確かに使いにくい。日付書く時に西暦を最後に書かないじゃないですか、我々。

f:id:shigeo-t:20200123094414p:plain

日本を選んで[完了(D)]をクリック。

f:id:shigeo-t:20200123094518p:plain

[再起動]をクリック。

f:id:shigeo-t:20200123094558p:plain

再ログインするとタスクバーの時計も日本語表記。

f:id:shigeo-t:20200123094656p:plain

 

というわけで、Ubuntu19.10のデスクトップを使うのであれば、日本語Remixで良さそう。