いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Ubuntu 19.10をVMとしてインストールして日本語化してみる

Ubuntu 19.10がリリースされた。

10月17日(現地時間⁠)⁠,Ubuntu 19.10 がリリースされました。コードネーム“⁠Eoan Ermine⁠”(黎明のオコジョ⁠)⁠,「⁠eoan」と通称されるこのバージョンは,20.04 LTSの準備バージョンとしての性質を持つ,サポート期間9ヶ月の「通常の」リリースです。サポート期間は2020年7月までです。

 

さっそくVMware Workstation PlayerでVMを作ってみようと思った。オレ自身は初の19系。仕事で動かすのはこの頃18.04ばっかり。

 

ダウンロード

このページからダウンロード。

今回はDesktop imageを選択。2.4GBくらいなのでDVD-Rなどの媒体にも入るサイズ。

f:id:shigeo-t:20191019083248p:plain

 

インストール(VM作成から)

新規仮想マシンの作成(N)を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20191019083529p:plain

 

ダウンロードしたUbuntu 19.10のISOファイルを選択するとVMwareは認識した。簡易インストールでやってみる。

f:id:shigeo-t:20191019083705p:plain

ウィザードを先に進めて行く。

f:id:shigeo-t:20191019083807p:plain

f:id:shigeo-t:20191019083905p:plain

f:id:shigeo-t:20191019083925p:plain

ここでプロセッサとメモリとネットワークなどを変更。[ハードウェアをカスタマイズ(C)…]をクリック。

f:id:shigeo-t:20191019083949p:plain

メモリを2GB→8GB、プロセッサを1→4と4倍。ネットワークは色々実験したいのでブリッジにする。

f:id:shigeo-t:20191019084302p:plain

ここで[完了]をクリック。

f:id:shigeo-t:20191019084331p:plain

VMware Toolsの最新版ダウンロード来てる。

f:id:shigeo-t:20191019084418p:plain

ちょっと待つ。

f:id:shigeo-t:20191019084451p:plain

ちょっと目を離している間にブートが進み、起動した。

f:id:shigeo-t:20191019085055p:plain

 

ちょっと使ってみる

サインインした。

f:id:shigeo-t:20191019085202p:plain

VMwareのウィンドウを最大化するとこうなる。ってことはVMware Toolsは自動インストール済ということである。

f:id:shigeo-t:20191019085300p:plain

VMware Workstation Playerはこないだ強制的にバージョン15になった。そのおかげでVMware Toolsは自動インストールになったんだろう。

バージョン14までは毎度毎度このエントリを参照してた。

 

Online Accountsの設定は適当に済ます。101キーボードになってた。101なので@は[Shift]+[2]。

VS Codeとか最初っから入ってるの?って思ったけど、

f:id:shigeo-t:20191019085535p:plain

アイコンをクリックしたらインストール画面に。それぞれインストールするよりラクでいいや。

f:id:shigeo-t:20191019085644p:plain

あっさりインストール完了して起動できた。

f:id:shigeo-t:20191019085827p:plain

最初から入っているアプリ等はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20191019090046p:plain

f:id:shigeo-t:20191019090025p:plain

 

洗濯物干してたらロックされてた。なんかカッコイイ。

f:id:shigeo-t:20191019091129p:plain

 

設定

タイムゾーンも言語も違うので設定していく。Region & Languageにあった。

f:id:shigeo-t:20191019091516p:plain

Englishしか入っていないので[Manage Installed Languages]をクリック。ダイアログの[Install]をクリック。

f:id:shigeo-t:20191019091848p:plain

Englishのバリエーションが増えただけだった。

f:id:shigeo-t:20191019092220p:plain

Languagesタブに戻り[Install/Remove Languages…]をクリック。スクロールするとJapaneseがあったので

f:id:shigeo-t:20191019092325p:plain

☑にして[Apply]をクリック。

f:id:shigeo-t:20191019092531p:plain

インストールが終わったのでRegional Formatsタブを選ぶと日本語があった。

f:id:shigeo-t:20191019092717p:plain

日本語を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20191019092801p:plain

Languageタブに戻る。こちらにも日本語はあった。選べない。ひとまず[Close]をクリック。

f:id:shigeo-t:20191019092935p:plain

切替できなくて悩んだけどリブートしたら選択できるようになってた。

f:id:shigeo-t:20191019093634p:plain

今度はログアウトしろってなったのでログアウトしてログイン。フォルダー名を日本語にするかって聞いてきている。もちろん[古い名前のままにする(K)]を選択。その前に「□次回から表示しない」も「☑次回から表示しない」にする。

f:id:shigeo-t:20191019093754p:plain

設定も日本語になった。

f:id:shigeo-t:20191019093948p:plain

次は入力ソース。+をクリック。[日本語]を選択。

f:id:shigeo-t:20191019094045p:plain

キーボード選択になるので、今回はさらに[日本語]を選択。

f:id:shigeo-t:20191019094149p:plain

[追加(A)]をクリックすると、このように。

f:id:shigeo-t:20191019094256p:plain

USいらんのでゴミ箱アイコンをクリック。

f:id:shigeo-t:20191019094336p:plain

確認のために👁アイコンをクリック。@はPキーの隣に来ている。

f:id:shigeo-t:20191019094414p:plain

でも日本語入力できない。そこで日本語(Mozc)も追加。

f:id:shigeo-t:20191019095442p:plain

すると上のバーに切り替えが出現。

f:id:shigeo-t:20191019095527p:plain

これで日本語入力できるようになるはずなのだが、あれこれいじっても再起動しても日本語入力できず半角英数しか入らない。日本語で表示できるだけマシってことで。

 

Ubuntuで遊んでいるわけにもいかないのでここでギブアップ。うまくいかないのでググってみたけど、オレの手順でいいはずなんだがなあ。

 

まあいいか。日本語入力できないと困るような用途じゃないし。

VMware Fusion 5

VMware Fusion 5