いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


回線契約見直し作戦(ADSLをWiMAXに変えたらどうなる─とりあえず使ってみた編)

前回までのあらすじ

たまたまバナーを見掛けてWiMAX2+への切り替えを思いつく。色々比較してみると、@niftyのBroad WiMAXではなく価格.com経由の@niftyでもなく、@nifty直契約でWiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題が自分には最適なプランということが判明。

5/末に申し込むと初月無料を有効に活用できない。@niftyではキャッシュバック額は20,000円のものと15,000円のものがある。キャッシュバックキャンペーンの履歴では、15,000円のものしか残っていない。どうせなら20,000円で申し込みたいということで、翌月に再度キャンペーンが実施されるほうに賭け、月初を待つことに。

6月に入ってみると、20,100円と15,000円のキャッシュバックプランの2つがある。もちろん20,100円で申込み。 

 

機器到着から電源ONまで

6/3に申込みを行い、 機器一式は6/5に発送、6/6の午後到着。

早速開梱、セットアップ(というほどのこともない)。結構深さがある箱だったのだが、緩衝材がほとんどの容積を占めていた。

f:id:shigeo-t:20150609042356j:plainf:id:shigeo-t:20150609042539j:plain

WX01本体の箱と貼付けされているSIMカード(au Micro IC Card (LTE) U)、クレードルの箱、@niftyからの説明の紙1枚。説明の紙は配送の箱を潰す時に気付いたので、この写真には無い。

f:id:shigeo-t:20150609042820j:plainf:id:shigeo-t:20150609042919j:plain

WX01本体の箱を開き、中身を出す。本体、裏蓋、取説やSSIDなどを書いたシールなどが入った袋、バッテリー、ACアダプタ、USBケーブルの6式に分かれて入っていた。

f:id:shigeo-t:20150609043333j:plainf:id:shigeo-t:20150609043355j:plain

SIMを入れバッテリーを装着、裏蓋を閉めて充電開始。到着時点でバッテリーは50%。

f:id:shigeo-t:20150609043830j:plainf:id:shigeo-t:20150609043851j:plain

f:id:shigeo-t:20150609043905j:plainf:id:shigeo-t:20150609044042j:plain

クレードルの方は紙が2枚とクレードルが入っている。ちょっと渋くて、きっちり押し込まないと充電状態にならない。

f:id:shigeo-t:20150609044246j:plainf:id:shigeo-t:20150609044417j:plain

電源を入れてみる。PCデスクでもアンテナ3本立つ。

f:id:shigeo-t:20150609044642j:plainf:id:shigeo-t:20150609044702j:plain

設置場所を仮決め 

設置場所候補は4つ。

  1. 寝室のPCデスク(ThinkPad X200無線LANルータ、無線LANルータをNASとして使っているので接続しているHDD2基などを設置)
  2. LDKの窓際
  3. PCデスクの前に置いているラック
  4. ADSLモデムの設置場所 

有線LANの接続や電源の取得を考えると、#1,3,4のいずれかである。一方で電波の受信に向いているのは、直接ガラス面に近い#2である。#1は窓際だが少し窓から離れる。#4は玄関側で道路から遠い。

まずはルータの場所を移しながら計測。使用するツールは下記に限定。Speed Testは同条件でテストしても、それぞれ使うアプリやサイトによって計測値に差がある。基準がバラけると何の計測をしているのか分からなくなるので、統一しておくに限る。

Speedtest.net Mobile Speed Test

Speedtest.net Mobile Speed Test

  • Ookla
  • ユーティリティ
  • 無料

なお、WX01のアンテナは最大4本まで立つ。0本から4本の5段階ということらしい。時間は14時台前半。

(#1) アンテナ3本 下り17.67Mbps 上り2.62Mbps ping 81ms

(#2) アンテナ3~4本 下り21.03Mbps 上り3.48Mbps ping 51ms

(#3) アンテナ3本 下り20.02Mps 上り2.86Mbps ping 52ms

(#4) アンテナ0本 下り1.55Mbps 上り0.30Mbps ping 465ms

室内を歩きながらアンテナの立ち具合を見てみた。LDK側だとたまに4本までいく。LDK中央のPCデスクから、玄関方面に向かうと一気にアンテナが減っていく。LDKと玄関の間にあるドア前でアンテナは0~2本である。さすが古い鉄筋コンクリートの建屋である。シールド効果抜群。

窓は大通り沿い、玄関は大通りから遠ざかるという位置関係である。WiMAX2+のアンテナは大通り沿いの電信柱か何かに設置されているものと考えられる。

#2が設置しにくい場所ということもあり、まずは#1に仮置きして数日使ってみることにした。ADSLモデムからのLANケーブルをWiFiルータから外し、その代りWX01クレードルからのLANケーブルを接続。 

次回予告

長くなったので以降は次回へ。今のところ解約19,000円は払わずに済みそう。

ふと思ったんだが、WX01って@niftyで買うと22,750円が初回1円。解約したら差額は3,750円。19,000円でWX01を買った計算。Amazonでは12,000円くらいなので7,000円余分に払うっていう感じにも見える。WiMAX専用機(LTE無し)なので結局WiMAXサービスでしか使えないけど。

  • 普通に使ったら毎日どれくらいの通信量なんだろう
  • 3日3GBを超えたら、どの程度規制される?
  • 近場を歩いて速度測定
  • 雨降ったらどうなる?