いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


お休めない

今週のお題「海か? 山か?」

 

今年の夏はお休めないことになってしまった。昨年は6月末に退職して以来、平日空いている日を狙ってあちこちに出撃していたわけだが。

今年の夏にお休めない理由は明確で、来春卒&入社予定の学生を相手に8月・9月みっちり研修をやるから。自分でカリキュラム組んだのに、自分で8割以上毎日講師をやることで組んでしまった。ということで完全に自分が悪いw。

 

 ひとつだけ残念なのは毎年8月1日に開催される神奈川新聞花火大会を観れないこと。今年はと調べてみたら、今年は8月5日のようだ。なんで例年通りの8月1日じゃなくなったのかはきちんと調べていないのでわからないが、8月5日(火)もお休めないので観れないという事実には変わりない。≪神奈川新聞花火大会 | 神奈川新聞

 

カナロコを見るとまだチケットも残っているようだが、当日急に行けることになってもいいポジションを取る方法を伝授。ちなみに昨年は失敗≪きのうのはんせい≫だった。

きのうのはんせいにも書いたが、ポジションは大黒ふ頭のスカイウォーク下のバス停・駐車場の隣で普段は閉鎖されているコンテナヤードっぽいところ。打ち上げ場所からは約3km離れているが海上なので遮るものは無い。


より大きな地図で スカイウォーク下 を表示 

交通機関は自家用車OK、横浜市営バスもOK 。普段閉鎖しているコンテナヤードっぽいところを開放するので、18時くらいまでは車で入れそう。人はもっと遅くても入れる。昔は無料だったが、数年前から車は入場料を取られる。その代わりに当日の神奈川新聞、花火大会の号外って呼んでいいんだろうかカラーのガイド紙、その他が貰える。バス等で来る人がどういう扱いかは見ていないので分からない。

 

写真を撮る目的なら17時台前半までに行かないと、そこそこのポジションは取れないと思う。オレは15時台後半くらいに行くので結構いいポジションを確保できてた。

みんなでわいわいだったら、花火始まる時刻くらいでも大丈夫だろう。少し奥(ベイブリッジ寄り、陸寄り)になるが場所を確保できるはず。

 

あと、仮設トイレはあるが近隣に店舗が無い上に自販機も少ない。飲食するもの、装備(敷物とか)は全部持参する必要がある。オレみたいにバカ早く行くなら、すごく暑いのでその対策も必要。

 

で、どういう感じか。下は2012年の一枚である。このように花火全景が見えるので、神奈川新聞花火大会 | 神奈川新聞で前売りされている花火鑑賞席よりも写真向き。3kmくらい沖合いなので迫力は薄れるが音も聞こえる。迫力重視なら前売りされている花火鑑賞席だと思う。こっちは写真撮影やまったり飲酒しながらの鑑賞に向いている。

f:id:shigeo-t:20140723083844j:plain

 

で、終わった後。バス組も含めて渋滞である。まず花火前後は横浜ベイブリッジ閉鎖状態なので、帰る車もバスも鶴見方面しか行けない。そのため出庫から大渋滞である。

そこでお勧めなのが、普段閉鎖されているところなので夜景を撮っておくこと。閉鎖状態のベイブリッジを撮るチャンスもめったにないし。ただ、花火の終了とともに撤収のアナウンスはされているので、撤収準備をしながら迷惑にならないように撮影完了すること。そういう意味では長時間露光は無理。

まずみなとみらい方面。一番いいのを探す余裕がなかった。なんかブレてる気がするけどこの絵が撮れるというサンプル。

f:id:shigeo-t:20140723083846j:plain

続いてはベイブリッジ。月が明るい。この角度は年1回。

f:id:shigeo-t:20140723083847j:plain

2012年はFishEyeでも撮っている。橋がまっすぐになるように調整した。

f:id:shigeo-t:20140723083845j:plain

 

 ということで、是非8月5日(火)は夜ヒマなら大黒ふ頭へ。 

SLIK 三脚 F740 4段 ファミリー向け三脚 214732

SLIK 三脚 F740 4段 ファミリー向け三脚 214732

 
JJC カメラレインカバー RI-5 JJC-RI-5

JJC カメラレインカバー RI-5 JJC-RI-5