いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


VMware ESXiにゲストOSをV2Vでクローニングする

散歩の時だけ雨に降られた(´Д⊂ヽ(挨拶)。普段の行いが悪いってやつなんだろうな。

 

前回までのあらすじ

ASUS VivoPC VC60にVMware ESXiを入れ、操作するThinkPad W520にはVMware vSphere ClientとVMware vCenter Converter Standaloneを用意、さらにはESXiのデータストアにISOファイルをコピーした。ISOファイルをコピーしておいたにも関わらず、なぜか物理光学ドライブからOS Xをインストール。

■関連エントリ(新しい順)

V2Vの準備

ESXiにVMを作成させるためには(1)新規VM(仮想マシン)を作成してインストール、(2)P2Vでコンバート、(3)V2V(Virtual to Virtual)でクローニングの3つのパターンがある。今回は(3)の手順。

ちなみに(1)はVMware ESXiにゲストOSをクリーンインストールする手順 の通り。(2)は【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その2のようにP2Vを掛けるが、作成先をローカルマシンにせずESXiをターゲットとする。そのうち手順を書く。

(3)のV2Vするためには作成済のVMが必要。今回はVMware Playerで作成済のWindows ThinPCをV2Vの対象とする。起動してないVMだからI2V(Image to Virtual)のような気もしないでもないんだがVMwareがV2Vだって言うんでV2Vということで。

f:id:shigeo-t:20140506090420p:plain

V2Vの実施

VMのフォルダがあるPCでVMware vCenter Converter Standaloneを起動する。今回はThinkPad W520。[Convert machine]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140506090608p:plain

今回はV2Vなので「Select source type:」では<VMware Workstation or other VMware virtual machine>を選択する。

f:id:shigeo-t:20140506090944p:plain

「Virtual machine file:」ではまず[Browse…]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506091114p:plain

V2V対象のVMXファイルをクリックして[開く]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506091244p:plain

これでV2V対象の設定が決まったので[Next >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506091338p:plain

今度はターゲットの設定。ESXi上の作るので「Select destination type:」で<VMware Infrastructure virtual machine>を選ぶ。「VMware Infrastructure server details」でVC60のESXiのログイン情報を入力し、[Next >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506091728p:plain

VM名の設定画面。被らなければなんでもいいが、デフォルトはVMXファイル名から引かれている。[Next >]をクリックで次に進む。

f:id:shigeo-t:20140506091901p:plain

格納先の設定。VC60のESXiはデータストアの選択肢がないのでこのまま[Next >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506092142p:plain

ここでV2V内容の確認。エラーやワーニングが出ることもあるので、そのときはEditを押して修正する。また、クローニング先でリソースを多く割り当てたい(あるいはその逆)ときにもここで修正する。今回は特にエラーが無いし、特に変更したい物も無いのでそのまま[Next >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506092518p:plain

V2V前の確認画面。良ければ[Finish]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140506092559p:plain

ウィジェットは終わりVMware vCenter Converter Standaloneの本画面に戻る。End timeの欄に残時間1時間3分と表示されている。

f:id:shigeo-t:20140506092814p:plain

このときターゲットのESXiの状態を見ることができるVMware vSphere Clientのほうにも、V2V中のVMが現れている。

f:id:shigeo-t:20140506092934p:plain

そして放っておくと完成。たったの7分でコンバート完了。最初の1時間3分はなんだったのか。

f:id:shigeo-t:20140506093352p:plain

VMware vSphere ClientでV2V完了したVMを起動する。問題ない。あ、このVMWindows Thin PCに色々インストール(【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCインストールできたもの)したやつだ。Operaとか入ってる。

f:id:shigeo-t:20140506093634p:plain

VMware vCenter Clientのほうを見るとVMware toolsが「実行中 (旧バージョン)」。ゲストOSのVMware toolsはバージョンアップする必要がある。

f:id:shigeo-t:20140506095932p:plain

 

てなわけで、簡単にV2Vできるので是非お試しを。というか家にESXiを立てるイカレポンチはそんなにいないなw。