いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その2

ネタを思いついたのに忘れた(挨拶)。散歩中だったのでメモって無かった。「○○○○○○(40代/自営業)」で○○○○○○の部分は何かの感想だったはず。

 

■関連エントリ

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その3  Windowsのライセンス認証の件はその3へ

ところで、なぜかThinkPad X200用のXPが入ったSSDを持っているんだった。ということで、前回はWindows 8P2Vして機能確認したが、今回は本物のXPでやってみる。

DSC07272DSC07273

 

今回は前回の反省を踏まえ、仮想化後に使用しないプログラムのアンインストールを先に実施。VMware ServerやVMware Playerが入っていたので、まず最初に削除。これによりVMNICが無くなった。不要なファイルもバシバシ消したりNASにアーカイブしたり。トータルで半分以上の容量を確保。元々240GBしか無いSSDなので、ちょっと無理矢理消したところもある。

 

今回もコンバータとしてVMware vCenter Converterをインストール。

201312010120131201022013120103201312010420131201052013120106201312010720131201082013120109201312011020131201112013120112

 

VMware vCenter Converterが無事インストールされ、起動したので早速P2V

2013120113201312011420131201152013120116201312011720131201182013120119

 

ローカルマシンを選択してP2Vを行ったが、SSD上で実施しただけのことはあり、非常に速かった。46分18秒で完了。このXPマシンではVM起動しないのでイメージをNASに移動。 今回はThinkPad W520でVM起動するが、起動できるかどうか一回試したいだけなので、USB接続のSATA HDDにコピー。

2013120120

 

VMware Playerで起動してみる。

VM1VM2VM3VM4VM5VM6VM7

 

ログイン画面まで来たのでログインしてみる。Windowsのライセンス認証ダイアログが出てくる。Windows 8の時も出たが、一応ログインができ、通常操作も可能(多分一定期間は猶予有、何かの隙があると何度でもライセンス認証画面になる)。Windows XPではログインが終了していない。

認証の件は「【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その3」で解決(同じPCならという条件有)

VM8

 

[はい(Y)] を押さないとログオフされてしまうので[はい(Y)] を押す。青い認証画面になる。まずインターネット経由を選んでみる。

VM9VMbVMc

 

失敗した。SSDが刺さっていたマシンはすでに破棄されている。COAラベルわかんない。Windows XP Proのリテールパッケージのキーを入れてみたがリジェクトされた。電話のほうも選んでみたが、何桁かわかんないけどすごい桁数を電話オペレータに伝えなければならない。もうすぐ使えなくなるXPに金を払うのはちょっとナニなので、どうしようかと思った。

 

このWindows XPでは、ログインスクリプトが仕込まれていて、Internet Explorerのアドレス欄無しが起動される。表示対象が無いので開こうとしているページはnot foundでエラーとなるのだが、右クリックすると「Excelにエクスポート」が出てくる。そんな設定をしたような記憶が無くも無い。都合によりスクリーンショットは割愛。

そこで、Excelを起動して下のようにVisual Stadio Editorを起動。

VMh

 

起動したVisual Stadio Editorに、下図のようにcmd.exeを起動するスクリプトを入力。実行(R)を押すとコマンドプロンプトが起動された。ということで、コマンドプロンプトからエクスプローラを起動してVMware Toolsをインストールしてみた。

VMgVMe

 

ということで、ログイン完了していないので普通に使えるわけではないが、Windows XPとしてはなんとか使えるレベル。このまま使うとライセンス違反だと思うので、今回はここで終了。なるほど、P2V前にアレをナニしておくと(以下29文字自粛

 

ライセンスを正しく入手したとすると、P2Vは成功するので、とりあえずVM上でWindows XPを使えるはず。大学のMicrosoft DreamSparkWindows XPライセンス入手可能だろうか?調べて貰おうっと。企業・自治体の場合はMSDNかなあ。

認証の件は「【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その3」で解決(同じPCならという条件有)

■関連エントリ

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その3