いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


ASUS VivoPC VC60買ったったけどESXiを入れたので、ESXiを操作するためにvSphere ClientとvCenter Converter Standaloneを準備したり、無償版ライセンスキーの登録を実施したり

そう言えばゴールデンウィークなんてものが明日からか(挨拶)。明日からは出歩かない。人ごみキライ。

 

タイトルが長いのは仕様です。

ASUS VC60にはVMware ESXi 5.1 Update2を入れたが、基本的な操作はほとんどESXi側ではできない。sshで接続してコマンドを入れるかVMware vSphere Clientから操作する。あとVMware Playerとかで作成した仮想マシン(VM)は、vCenter Converter Standaloneでコンバート(マイグレーション)する。何度も試したが、VMware Player 6とESXi 5.1,5.5間は、ファイルコピーではうまくマイグレーションできなかった。それにESXiが使用しているファイルシステムVMFSへのコピーは劇遅いので、VMのコピーはお勧めしない。vCenter Converter Standaloneのマイグレーションのほうが速い。コピーはVM作成時に使用するOS等のISOファイルだけにしておいたほうがよさそう。

 

そういうわけでVMware vSphere ClientとvCenter Converter Standaloneを準備する必要があるわけだが、vCenter Converter Standaloneについてはすでにインストール済なのでインストール手順は下記参照ということでおしまい。

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その2

【Windows XPサポート終了対策】Windows XPマシンの仮想化 その3

インストールできるとvCenter Converter StandaloneでESXiにVMのV2Vマイグレーションが可能になる。

f:id:shigeo-t:20140425093055p:plain

 

ではVMware vSphere Clientのインストール。最新版はhttp://vsphereclient.vmware.com/vsphereclient/1/2/8/1/6/5/0/VMware-viclient-all-5.5.0-1281650.exeからダウンロード。VMwareのダウンロードって結構探すのが面倒なので直リンを置いておく。

 

インストーラ起動すると、解凍が始まる。

f:id:shigeo-t:20140425091933p:plain

解凍が終わると言語設定。

f:id:shigeo-t:20140425092002p:plain

続いてインストーラの起動画面。

f:id:shigeo-t:20140425092105p:plain

ウィザード画面になるので、順次進めていく。[次へ (N) >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140425092145p:plain

EULAに同意する。

f:id:shigeo-t:20140425092254p:plain

[次へ (N) >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140425092321p:plain

[インストール ( I )]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140425092347p:plain

f:id:shigeo-t:20140425092404p:plain

[終了 (F)]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140425092445p:plain

 

さっくりインストールできるので、今日は繋ぐところまで。 なお、VMware vSphereを有償で購入するとvCenter Serverなどの有償のツールが使用でき、クローニングやテンプレート化などができるのだが、VMware vSphere ClientとESXi直接接続だと機能が足りない。注意書きに書いてあるvSphere Web Clientも有償の範囲で提供されるツール。

f:id:shigeo-t:20140425093222p:plain

ユーザ名(U):とパスワード(P):はESXiサーバの物を入れる。ASUS VivoPC VC60買ったったのだが、使われているNICが安物なのでとりあえずESXi5.1.0 Update2にのESXiインストール時に設定したものを入れる。IPアドレスもESXiサーバの物で、これはESXiサーバの起動画面の黄色いところに表示されている。

f:id:shigeo-t:20140420085811p:plain

f:id:shigeo-t:20140425093544p:plain

起動するとこんな感じ。すでにVMを複数作成したりマイグレーションしたりしているので複数VMが存在している。

f:id:shigeo-t:20140426044659p:plain

 

ESXiもvSphere Clientもインストールしたての状態では、ESXiのライセンスが期間限定の評価モード状態になっている。

f:id:shigeo-t:20140425094215p:plain

ここで無償版に切り替える。ESXiのダウンロード時にメモっていれば幸いだが、メモっていなくってもライセンスキーを知る方法がある。責任者出てこい級のわかりにくさなので、順番に。まずはMy VMwareへ。ログインしませう。

f:id:shigeo-t:20140425100501p:plain

ログインしたら下記画面になるので、ダウンロードタブをクリック。

f:id:shigeo-t:20140425100525p:plain

なんか拒否された感じのメッセージだが、ひるまずに「すべての製品」タブをクリック。

f:id:shigeo-t:20140425100748p:plain

見切れているのでスクロール。

f:id:shigeo-t:20140425100829p:plain

ESXiが出てくるので「ダウンロードコンポーネントの表示」をクリック。

f:id:shigeo-t:20140425100857p:plain

ライセンスキーが表示されているので、これをコピー。

f:id:shigeo-t:20140425101029p:plain

ここでvSphere Clientに戻り先ほどの画面の右上にある[編集…]を押す。

f:id:shigeo-t:20140425101242p:plain

すると「ライセンスの割り当て」というダイアログが出るので、先ほどのライセンスキーを入力する。

f:id:shigeo-t:20140425101434p:plain

[OK]を押して戻るとライセンスキーの登録が行われ、このように変わる。

f:id:shigeo-t:20140425101606p:plain

 

というわけで自宅でESXiを動かすようなイカレポンチは少ないとは思うものの、これでESXiが無償で期限なく使えるようになった。ではでは。

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

 
VMware設計・構築・運用プロフェッショナルガイド

VMware設計・構築・運用プロフェッショナルガイド

 
VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる

VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる