いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


ASUS VivoPC VC60買ったったのだが、使われているNICが安物なのでとりあえずESXi5.1.0 Update2に

ティファール電気ケトルがリコールされるようですが、取っ手が取れる~♪からではありません(挨拶)。METIからのお知らせ⇒株式会社グループセブジャパンが輸入した電気ケトル(ティファール)のリコールが行われます(製品交換)(METI/経済産業省)。店頭で悩んだ末にデロンギ買ったオレは勝ったのか?負けたのか?少し使い古したくらいのところで新品になるのも悪くないが、この手のリコールって自分で名乗り出ないといけないし、送り返さないといけないんだよ。手間が掛かる。

 

題名も前置きも長いのは仕様。ようやく本題へ。

ASUS VC60に最新のVMware ESXiを入れたところ、下記のメッセージ。

f:id:shigeo-t:20140420083549j:plain調べてみるとVC60のオンボードNICRealtek PCIe GBE Family Controllerなのだが、VMware ESXi 5.5.0からドライバーサポート外になっている。Realtekは安物なのでサポート外ということらしい。

調べていく中でESXiのインストーラに不足するドライバを追加する方法やRealtek PCIe GBE Family Controllerのドライバを見つけたが、ESXiで遊ぶ方の優先順位が高いので、Realtek PCIe GBE Family ControllerがサポートされているVMware ESXi 5.1.0 Update2をインストールすることにした。5.5.0かそれ以降のバージョンは気が向いたら入れる。

 

ということでインストール。ESXiは上記のようなドライバサポート外がなければ、ほとんど引っ掛かりなく簡単に入る。

実機だとスクリーンショット撮れないので、例によってVMware Playerに入れた時の物を示す。手順は同じ。ISOのダウンロードはVMware vSphere Hypervisorから。要VMwareのアカウント。実機でインストールするときはDVD-Rにブータブルディスクとして作成しておく。

f:id:shigeo-t:20140420084425p:plain

インストール

ISOを入れたDVD-Rからブートするとインストーラが起動する。

f:id:shigeo-t:20140420084507p:plain

すぐに下記の画面に。このあとどんどん進んでいく。

f:id:shigeo-t:20140420084649p:plain

f:id:shigeo-t:20140420084709p:plain

勧めるかどうか聞かれるので[Enter]を押す。

f:id:shigeo-t:20140420084749p:plain

EULAの同意を聞かれるので、同意なら[F11]を押す。

f:id:shigeo-t:20140420084825p:plain

ディスクの選択を聞かれるので[Enter]を押す。

f:id:shigeo-t:20140420084945p:plain

キーボードの選択を聞いてくるデフォルトはUS。

f:id:shigeo-t:20140420085017p:plain

上下キーでキーボードを選択する。スクロールしていくとJapaneseがあるのでそこで止めて[Enter]キーを押す。

f:id:shigeo-t:20140420085221p:plain

rootユーザのパスワードを聞かれるので何か入れ、Confirmのほうも入れたら[Enter]を

押す。

f:id:shigeo-t:20140420085317p:plain

しばらくこの画面。

f:id:shigeo-t:20140420085342p:plain

インストールの確認画面になるので[F11]を押す。

f:id:shigeo-t:20140420085443p:plain

f:id:shigeo-t:20140420085457p:plain

待っているとこの画面になる。何かエラー(例えば最初のほうに掲出したNo Network Adapterなど)があればこのタイミングで出る。[Enter]を押すとリブートしてインストールされたESXiが立ち上がる。

f:id:shigeo-t:20140420085708p:plain

f:id:shigeo-t:20140420085731p:plain

起動されたESXi

起動されるとこの画面。通常はこのまま放っておく。ログインしてもできることはほとんどない。DHCPで取得したIPアドレスが書かれているが、これをVMware vSphere Clientで接続するときに使用する。DHCPではなく固定にするのであれば[F2]を押してログインし変更できる。今回は省略。

f:id:shigeo-t:20140420085811p:plain

ESXiのシャットダウン

上記の画面で右下に書いてあるように[F12]を押す。ユーザIDとパスワードを聞かれるので、パスワードを入れる。パスワードはインストール時に入力したrootユーザのもの。入れたら[Enter]を押す。

f:id:shigeo-t:20140420090303p:plain

シャットダウンなら[F2]、再起動なら[F11]を押す。

f:id:shigeo-t:20140420090601p:plain

f:id:shigeo-t:20140420090611p:plain

シャットダウンすると電源OFFまで進む(はず)。

 

ということでインストールは簡単。ESXiはこういうCUIしかないので、あまり難しい設定画面もない。何か操作するときはダウンロード  VMware vSphereからVMware vSphere Clientをダウンロードしてそちらから操作する。またはsshで接続して操作する。それについては別エントリで。

 

実際、手元にESXiがあると、VMware Playerではできないこともできるので面白い。

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

 
VMware ポケットリファレンス 〔VMware vSphere 5.1対応〕

VMware ポケットリファレンス 〔VMware vSphere 5.1対応〕

 
VMware設計・構築・運用プロフェッショナルガイド

VMware設計・構築・運用プロフェッショナルガイド